PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Tohoku Road.-7

100314-34.jpg



100314-35.jpg「@way The Tohoku Road.」3日目の朝が来た。この日は4:30に起床。昨日のぼちゃんと喋っていたら寝るのが遅くなってしまいあまり寝ていないけど、ちゃんと疲れはとれたよう。さて、今日も元気に観光しましょう。顔を洗ったり歯を磨いたりし、荷物をまとめてフロントへ向かった。

朝早いのでフロントの人いるのかなーとちょっと不安になりながらフロントに行くと、自分達の来るタイミングを知っていたかのように大学の某教授に似ているフロントの人が登場。昨日宿泊代は支払ったので、今日は鍵を返すだけ。本当なら朝食付きの宿だったんだけど、出発時間が早すぎるため食べることはできなかった。別に宿泊代に朝食代が無駄に加算されているわけでもなかったのでいいけど。 その代わり、フロントの人に飲み物をサービスしてもらった。気遣っていただいてありがとうございます。自分は白神山地の水を貰い、のぼちゃんは青森りんごジュースの缶を貰っていた。

というわけでホテルを出て青森駅へと向かう。昨日居酒屋を出てホテルに向かった時、ホテルの写真を撮り忘れていたので撮った。大学の某教授に似ているフロントの人と記念撮影すればよかった…とのぼちゃんは呟いていた。

駅に向かう前に、朝食を買うため近くのローソンへ行くことに。青森の朝はホント寒い。そんな寒い中でも冷えたりんごジュースをグビグビと飲むのぼちゃんは凄いと思った。自分なら腹がピーピーになると思う。

100314-36.jpgローソン青森新町店。店内に入ると喋りの訛った店員さんが2人と、他にお客さんが何人かいた。コンビニってどこでもほとんど一緒で、やはり24時間営業ってのは便利だなーと旅行中は特に思う。普段コンビニでレシートを貰うなんてことはあんまりないけど、遠方のコンビニに行くとレシートを貰ってしまう。レシートに刻まれた地名が旅の思い出になるから。

というわけでここのローソンでビタミンウォーター、ジャム&マーガリンのパン、辛子明太子のおにぎり、ハムとチーズとタマゴのサンドイッチを買った。やっぱりサンドイッチはチーズが挟まれているものを選んでしまう。昨日も朝そんなのを買ったなぁ。あと、のぼちゃんに缶コーヒーを買ってもらった。ありがとう。昨日の飲みで自分がちょっと余分に出したからね。

コンビニを出たのは6:00ぐらい。再び青森駅に向かう。今日の予定は、青森から東能代まで下り、そこから五能線ツアー、津軽鉄道ストーブ列車乗車、弘南鉄道で行く黒石満喫ツアーという感じ。青森を満喫する一日になりそう。

100314-38.jpg

青森駅6:12発<普通>奥羽本線

100314-40.jpg青森駅に着き、昨日買った五能線パスで入場する。ホームへ向かうとすでに列車は到着していたが、ドアはまだ開いていなかった。しばらく待ち、ドアの開閉ボタンのランプが点灯、ボタンを押して車内へ入った。再びドアを閉める際は、後ろの乗客に気をつけて閉めましょう。

車内はガラガラで、発車まで数分あるので、とりあえず朝ご飯を食べることに。ちょっとは混むかな?と思っていたこの列車、結局混まずに発車した。

むちゃくちゃ眠い!とまではいかないけど、結構眠い。のぼちゃんに買ってもらった缶コーヒーで目を覚ます。うーむ、朝に飲む缶コーヒーは体に沁みわたるなぁ。

100314-37.jpg
青森プラザホテルで貰った「白神山地の水」。青森っぽくて素敵。


100314-39.jpg6:12、列車は弘前駅へと向かい走りだした。薄暗い雪景色の中を疾走する。

やがて明るくなってきたと思ったら、なんと太陽が顔を出しているではありませんか。雪景色と晴れの天気。日本海側では諦めていた晴れ間が見えてテンションが上がる。雪が太陽に照らされ、すげーキレイな奥羽本線の車窓でした。

弘前駅には6:53に到着。次の大館行きの列車に乗り換えるまでの時間は6分でちょっと不安だったけど、列車は定刻通り到着し、乗り換えも向かいのホームで楽勝だった。つづいて弘前駅から昨日も降り立った大館駅へと向かう。ちなみに乗り換えた弘前駅には再び戻ってくる。今日の宿泊予定地は弘前にあるからだ。

奥羽本線の雪景色をひたすら電車は疾走。車内はすでに自分達しかおらず、車窓を撮りまくった。やがて7:40に大館駅に到着。

100314-41.jpg

大館駅7:40着

完全に晴れ空!というわけではないけど、結構良い感じに晴れている。そんなこんなで大館駅まで南下してきた。昨日はホームで色々な思い出が生まれたけど、駅の外には出なかったので駅舎を撮影しに行った。

大館は「ハチ公」のふるさとらしく、駅前にはハチ公の像があった。それをのぼちゃんが撮影していると、見知らぬおじさんにのぼちゃんは話しかけられていた。

次は大館駅から東能代(ひがしのしろ)まで向かう。弘前から乗車してきたさっきと同じ電車の再び乗り、8:46大館を出発した。

100314-54.jpg
大館駅前にあったハチ公像。


100314-42.jpg

東能代駅8:46着

ちょっとまた雪が強くなってきた8:46、東能代に到着。ここからは「リゾートしらかみ」という名の快速列車に乗り、五能線という路線を満喫する。

100314-43.jpg「リゾートしらかみ」は指定席券(510円)の必要な快速列車で、その指定席券は1ヵ月前に地元駅で購入しておいた。そうでもしないとすぐに満席になるほどの人気列車だからだ。あと必要な切符は乗車券で、今回は「五能線パス」があるのでそれが乗車券となる。
また、「五能線パス」があれば「リゾートしらかみ」の指定席券を無料で取れるのだけど、自分達の地元駅はJR西日本でJR東日本の秋田、盛岡、仙台支社でしか買えない「五能線パス」は買えないので、「リゾートしらかみ」の指定席券を買った時は「五能線パス」が手元になく、普通にお金を支払って購入した。その後「五能線パス」を東北で買い、そこからでも支払った指定席券の料金を取り戻すことは可能。しかし、手数料を取られるわ、指定席券を一回払い戻すというカタチになるので同じ指定席券を取れるかどうかは分からないわで結局払い戻しはやめた。手数料を取られたら190円しか戻らないしね。

…なんてことを昨日の八郎潟駅のみどりの窓口で教えてもらった。自分の備忘録として書いておこう。

そんなわけで東能代駅で「リゾートしらかみ」の到着を待つ。駅舎を撮影したりホームで記念撮影をしたり。あーだこーだしていると、「リゾートしらかみ」到着時刻になった。


100314-44.jpg

東能代駅9:25発<快速「リゾートしらかみ」1号>五能線

「リゾートしらかみ」には3種類あって、「青池」、「橅(ぶな)」、「くまげら」の3編成存在する。今回乗車するのは「青池」編成だ。これら「リゾートしらかみ」という列車は車窓の素晴らしい五能線の観光列車で、とにかく日本海の美しい姿を満喫できるのが五能線の特徴。ということは車内で海側、山側とあるわけで、もちろん海側の方を狙いたいところ。「リゾートしらかみ」の座席にはA,B,C,Dとあり、その中で海側の座席はA,Bだ。指定席券を買う時、座席の指定も可能(だと思う)ので、是非是非A,B席を狙っていただけたらな…と思います。
これから乗られる方は是非! 当然自分達もA,B席で買いましたよん。(・w・)v

100314-45.jpg 100314-46.jpg
(左)「リゾートしらかみ」ロゴ。(右)指定席券と五能線パス。


というわけで「リゾートしらかみ」で満喫する五能線の旅が始まった。東能代を発車し、次はすぐに能代駅に到着する。ここの駅で車内に女性の観光スタッフみたいな人が乗ってきて、秋田県北部の観光パンフレットを配っていた。能代といえばバスケの強い能代工業高校がある。そのことで駅もバスケのリングが設置されていたりと、バスケで盛り上がっている駅だ。

「リゾートしらかみ」はさらに北上。やがて車内アナウンスが入り、日本海の素晴らしい景色が見えてきた…って、おお!

100314-47.jpg 100314-48.jpg
100314-49.jpg 100314-50.jpg
100314-51.jpg
日本海の素晴らしい景色達。冬独特の荒れた日本海と、奇岩の組み合わせがすごいです。
100314-52.jpg
「カブや!」と思って撮影した一枚。…ってちっちゃ。


100314-53.jpg「リゾートしらかみ」の車内で朝食べなかったサンドイッチを食べ、残りの五能線を満喫する。

海側も素晴らしいけど、山側の席も白神山地や岩木山を楽しむことができる。また「リゾートしらかみ」の」1号、4号では津軽三味線の生演奏を鰺ヶ沢~五所川原間で聞くことができる。1号車で地元の方々が三味線を演奏して、2号車3号車には車内放送で流れてくる。

自分達は3号車だったので車内放送を通して三味線を聞いた。鰺ヶ沢~五所川原間はもう津軽平野をひたすら走るので、車窓は雪景色。三味線の音と津軽の雪景色が合っていてこれはいいなぁと思いました。

五能線の旅もそんな三味線演奏の終わる五所川原で終わり。次は津軽鉄道に乗車します。

| @way The Tohoku Road.(10/02/09-15) | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/272-e454cd33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT