PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Tohoku Road.-9

100317-1.jpg



100317-2.jpg@way The Tohoku Road.4日目の朝がきた。7:30頃起床し、ホテルの部屋の窓から外を見ると、雪・雪・雪。今日は寒くなるだろうなーと思いながら朝の準備をする。顔を洗って歯を磨いて服に着替えて。

二人とも朝の準備を済ませると、ホテルのレストランへと向かう。今回2つめの宿泊地「ドーミーイン弘前」では朝食付きで予約したので、昨日とは違ってホテルでのんびりと朝食を食べることができる。2階のレストランに着くと、入口に朝食券を入れるカゴがあったのでそこに券を入れ、バイキング形式なので次々と食べたいものをとっていった。どうでもいいことなんだけど、レストランで働いていた人やフロントの人、ほとんどが女性だった。ゼミの先生がオススメしていた理由ってこれか!?笑

というわけで朝からこんなに食えるんか!?と思えるぐらいがっつりとってきた朝食。普段朝食はあんまり食べないけど、どうして遠出するとこんなに食べれるんだろう。。というわけでいただきます。青森の郷土料理「けの汁」や、青森のりんごジュースなんかもあって地域性が感じられるなーと感動した。

レストランでNHKの番組を見ながら朝食を食べ終え、再び部屋へ戻る。予定ではこの後弘前城を観光し、その後徒歩で弘南鉄道大鰐線中央弘前駅へと向かう。そこから大鰐駅へと移動しJRへ乗り換え。花輪線という名の路線を経由し、今日の宿泊地である盛岡へと下る。3日間楽しんだ青森も今日でお別れだ。

早めに起床したことと、思った以上に早いこと朝食を食べてしまったので、部屋での出発時間までの待ち時間が最強に眠かった。部屋のテレビでやってたテレビショッピング(セサミンの番組。)を無理やり関心込めて見ながら、頑張って目を覚ました。やがて出発時刻の9:00になったので、ホテルのフロントへと向かった。

ここでは宿泊料金は後払いだったので、鍵を返すのと同時に料金を支払いホテルを出た。外は雪が結構降っている。手袋、ニット帽等を装備し、防寒万全で弘前城へ行きましょう。

100317-3.jpg 100317-4.jpg

地図を確認しながら雪の中を歩く。15分ほど歩くと弘前城のある弘前公園が見えてきた。弘前城といえば「弘前さくらまつり」が有名だ。そのシーズンに観光するのが妥当だろうけど、雪とお城もいいんじゃない…と自分に言い聞かせながら、弘前城本丸を目指す。

園内は雪・雪・雪。どこをどう行ったら本丸に辿り着くのか全く分からず、適当にフラフラと歩いた。重たいバックパック、トゥルントゥルンの足場で体力が減っていく。途中でのぼちゃんがトゥルンと滑ってコケた。笑ったらちょっとキレられた笑。寒さは大丈夫だったけど、重たいバックパックを背負いながらってのはやっぱキツい。濠に架かる橋を渡り、ちょっとした階段を上り、雪の風情を感じながら、それと同時に雪ってこんなに辛いものなんかーと感じながら進む。途中雪掻きをしているおじさん達を見かけた。お疲れ様です!と心の中で叫びながらさらに進むと、本丸が見えてきた。

100317-5.jpg

雪と弘前城

この写真は橋の上から撮ったものなんだけど、弘前城を撮るアングルでは定番のアングル。桜の季節になると、画像中の木は花を咲かせる。中々渋い冬景色を撮れたし、時間も良い感じなので中央弘前駅まで向かうことに。本丸を見た後、ここへ入ってきた門へと向かう。そこへと向かう途中、先生に引率された小学生の団体を何グループか見かけた。なんだか先生に怒られているっぽい雰囲気のグループがいて、自分も何だかシュンとなった。全く関係ないけど。

弘前公園を出て、再びドーミーイン弘前の前を通過。弘前の街をまっすぐに進むと、弘南鉄道大鰐線中央弘前駅が見えてきた。

100317-6.jpg

弘南鉄道大鰐線中央弘前駅

ものすげー雪の中、何とか中央弘前駅に到着した。ここから11:30に出る大鰐行きの列車に乗るんだけど、まだ1時間以上も時間があった。まーのんびりと行きましょう。

100317-7.jpg 100317-8.jpg
(左)駅前の雪に埋もれたチャリ。(右)中央弘前駅を正面から。


100317-9.jpg中央弘前駅の外観素敵だわーと思いながら、激寒なので待合室に入った。ストーブのある待合室は独特の匂いがして、温かいし東北を旅してるって感じ。ここでのぼちゃんはデジカメの電池を買ってくるといって近くのコンビニまで向かった。

待合室には自動販売機がやたら並んでいた。その様子から「飲料買ってやー!」という声が伝わってきたので、缶コーヒーを買った。あと、鯛焼き屋さんがあったので、カスタードのものを2つ買った。1個100円で、1つはのぼちゃんの分で。やがてのぼちゃんが帰ってきたので、一緒に鯛焼きを食べた。めっちゃ美味しい!寒い中歩いていたので、ホットの缶コーヒーとの組み合わせは最強だった。


100317-10.jpg
中央弘前駅で買った鯛焼き。めっちゃ美味しかった!


100317-11.jpg

中央弘前駅11:30発<普通>弘南鉄道大鰐線

待合室で鯛焼きを食べたり、色々と写真を撮っていると、電車が到着し改札が開けられた。ここから大鰐までは420円。ホームへと入り、電車に乗り込んだ。

弘南鉄道は今日乗車する大鰐線(中央弘前-大鰐)と、昨日乗車した弘南線(弘前-黒石)が存在する。どちらも弘前を起点とする駅だけど、同じ弘前でも駅がちょっと離れているので、乗り換えの際は時間に余裕を持った方が安全。弘前駅から中央弘前駅までの道のりは案外難しいので。

というわけで大鰐行きの電車は雪の中発車。大鰐へ向かう乗客はあまりいない。一番後ろの車両に座り、大鰐までの弘南鉄道の旅を満喫する。車窓を眺めていると、りんご畑をちょくちょく見かけた。そういや昨日の夜、ドーミーイン弘前の部屋のテレビで大鰐線の旅番組をやっていたなぁ…そこでりんご畑のこともやっていたっけ…なんて思い出す。

100317-12.jpg 100317-13.jpg
(左)大鰐線車内。乗客少ない。(右)大鰐線の車窓にあった「りんご畑」。


100317-14.jpg

大鰐駅11:58着

というわけで大鰐駅に到着。大鰐駅ホームへ降り立つと、とにかくすごい雪。画像中のホームに落ちてる黒い物体はのぼちゃんのニット帽です。このように旅先でポロポロ落とすので、ニット帽は途中で紛失してしまったようです笑。

100317-15.jpg 100317-16.jpg
(左)大鰐駅待合室。イス多い。(右)大鰐駅駅舎。

弘南鉄道大鰐線の旅を終え、JRへと乗り換えるため駅の外へと向かう。ちなみに弘南鉄道の方が「大鰐駅」で、JRの方が「大鰐温泉駅」で、2つの駅は隣同士にある。「大鰐駅」の方はこじんまりとした駅舎で、待合室内のイスの多さにちょっとびっくりした。まーびっくりするほどの数でもないけど、イスの並び方が直線的だったので、それが何だか不思議な空間を演出していた。

100317-17.jpg

大鰐駅前の大きなワニのモニュメント。

案外有名なのが、大鰐駅と大鰐温泉駅前にある大きなワニ(鰐)のモニュメント。こういう地域性にあふれた物体好きだなぁ。

100317-18.jpg

大鰐温泉駅

そんなわけでJRへと乗り換える。乗り換えは超簡単で、弘南鉄道大鰐駅の隣にJRの駅があるのでそこへ向かうだけです。(・w・)

大鰐温泉駅の待合室に入り、ここから向かう湯瀬温泉という名の駅へと向かうためその乗車券を買う。1,450円だった。

100317-22.jpg 100317-23.jpg
(左)大鰐温泉駅ホーム。なんか広かった。(右)ホームから弘南鉄道の方を見ると、何やら厳つい車両が。


大鰐温泉駅から乗る列車は12:57発で、1時間近く時間がある。待合室でのんびりしたり、ホームで色々撮影したり。待合室には売店があり、店員のおばちゃんが待合室でのんびりしていた雰囲気がすごくよかった。ラフな感じで。何か買えばよかったなぁ。

やがて列車の到着時刻になり、列車に乗り込んだ。大鰐温泉駅から大館駅へと向かう。今回の旅で大館駅へ行くのは3回目だ。一昨日昨日 大館駅には13:28に着いた。ここまでの車内では爆睡。丁度昼時なので、何か買おうとホームから入れるコンビニへと入った。

100317-19.jpg 100317-20.jpg
(左)大館駅のホームから入れるコンビニ。便利です。(右)トイレ休憩。。。

大鰐温泉駅からの乗車券は途中下車することはできないが、大館駅には改札を抜けなくともホームから直接入店することができるコンビニ(NEW DAYS 大館)があることを昨日、一昨日で覚えたのでここで昼飯を買った。買ったものは大館で結構名物的な鶏飯弁当と、午後ティー、ワンカップとおつまみを買った。これらは次に降りる湯瀬温泉で嗜む予定。コンビニの隣にトイレがあったのでついでに寄った。バックパックを降ろし、自分が行ってる間はのぼちゃんが、のぼちゃんが行ってる間は自分が荷物を見張るという形で。

100317-21.jpg

大館駅13:49発<普通>花輪線

昼飯も買い込み、花輪線の列車に乗り込んだ。ここから湯瀬温泉という名の駅に向かう。はたして、どんな場所なんだろう。。

| @way The Tohoku Road.(10/02/09-15) | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 新しいこの朝が いつものように始まる
 こんな風に こんな風に
 ボクは生きたいんだ 生きていきたいんだぁ~♪

 良い感じで進んでますなぁ♪

| かぶじろう | 2010/03/19 20:23 | URL | ≫ EDIT

Re:かぶじろうさん

おおお、何かの歌でしょうか。音楽は良いですねー。聞くだけで色々な思い出が蘇ります。

旅はようやく折り返し地点です!カブのことも書かないと…と思いつつだらだら続けてすみませーん汗。

| ここはじ | 2010/03/20 16:48 | URL | ≫ EDIT

1/6

 1/6の夢旅人 樋口了一 さん です。

 水曜どうでしょうのエンディングで使われています♪
 幾つかアレンジバージョンがありますです。

http://www.youtube.com/watch?v=K-i4smlOWJk
 ↑ 標準?的なのはこれでしょうか?2002年バージョン

http://www.youtube.com/watch?v=M8BPaM2rbmI
 ↑ バイク仲間のDocroさんの北海道一周まとめ映像にはアレンジ版(2005年バージョン)と私の後ろ姿がwww

 ちなみに我が家のFR-4RF-4(ステップワゴン)では、これ以外の曲が流れることは希ですwww

| かぶじろう | 2010/03/20 19:01 | URL | ≫ EDIT

Re:かぶじろうさん

あー!どうでしょうの1/6の夢旅人でしたか!わ、分からなかった自分が恥ずかしい。。。。ドライブ中に聞くと盛り上がる曲ですね!

もし、もし北海道に上陸するようなことがあったら、是非そこで聞きたい曲であります。。

| ここはじ | 2010/03/20 22:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/275-ffedfbc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。