PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Hiroshima Road.-3

100519-1.jpg



100519-2.jpg

岩国駅18:26着

偶然訪問することができた名駅舎西岩国駅を出発し、黄色いディーゼルカーに約6分ほど揺られ、岩国駅に戻ってきた。このディーゼルカーの黄色っぷり、好きかも。西岩国駅を訪れてなかったら、乗車することはなかったんだなぁーと考えると、西岩国駅を訪問した価値が上がる。

岩国駅に到着すると、部活後の高校生達が一斉にホームに降り立ち、それに続いて自分達もホームへ降り立った。時刻は間もなく18:30。日も暮れてきた。

100519-3.jpg
岩国駅に停車する黄色いディーゼルカー。


今日の旅程は、この岩国駅から一気に広島駅へ向かい、広島駅周辺で飲み。飲み後は広島電鉄という名の路面電車でホテルのある中電前駅まで向かう。@way The Hiroshima Road.一日目も、まもなく終わろうとしていた。

100519-4.jpg

岩国駅18:50発<普通>山陽本線

黄色いディーゼルカーから降りたホームから、次の広島まで向かう電車に乗るため別のホームへ向かう。階段を上り下りし、隣のホームへ。何だかとても広いホームだなぁ…なんて考えていると、次に乗車する広島へ向かう電車がやってきた。

どうでもいい話なんだけど、岩国駅から広島へ向かうのに乗った上画像の電車、前からすげー憧れてて。電車自体がどうとか、そういうのではないのだけど、昔旅の本で山陽本線か呉線の海沿いの線路をこの電車が快走している写真を見て、あーいつかここに行ってこの電車乗りてーなーなんてずっと考えてて。そんな憧れが叶った本日のJRのラストランナー、かなり嬉しい。別に広島までの道のりで海沿いを走ることはないし、日も沈み車窓を楽しむことはできないとはいっても、とりあえずこの電車に乗れたことが嬉しい。

100519-5.jpg
車内と、のぼちゃん。


そんな、自分の中で思い入れのある電車は車内がガラガラの状態で岩国駅を出発した。広島までは約1時間。そこまでの道のりは音楽を聴きながら寝た。

再び目を覚ましたのは、広島駅に程近くなった頃。その頃には車内はぎゅんぎゅんで、その状態が広島という名の駅に近づいてきたのだと感じさせてくれた。イヤホンを外し、下車の準備を開始。19:44、広島駅に到着した。

100519-6.jpg

さて、広島駅を出て本日最後のメインイベント、広島での飲み。今回は事前に居酒屋を予約してないだけでなく、特に事前に調べたりしていなかったので、広島駅を出て居酒屋探しを開始する。目指すは、超こじんまりとした居酒屋さん。

路地裏っぽいところを歩いていると、何台かカブが停められていた。カブとは無縁の旅日記も、カブ絡みの写真を無理やりアップすることでカブブログにアップすることを自分で許している自分がいる。。

100519-7.jpg


そんなわけで、路地裏の風景を撮影しながらテクテク歩く。良い雰囲気の居酒屋さんはいくつかあるのだけど、どこも案外お客さんで賑わっている。どうしようかー?なんて話しながら、さらに路地裏を進むと、牡蠣のメニューありと書かれた居酒屋さんを発見。ぉお!


100519-8.jpg

お好み焼き・鉄板焼き「たぬきおやじ」

画像左の赤暖簾の入口が、その居酒屋さん。メニューを見て「牡蠣」があることを確認し、のぼちゃんと少し相談してからお店のドアを開けた。

100519-9.jpg店内には赤と青の法被を着たおじさん二人がいて自分達を迎え入れてくれた。心地よい狭さですげー落ち着く店内。あー、もう雰囲気が良すぎて脱力しまくり。さて、とりあえず生ビールと、料理をサクサクっと注文した。

最初に生ビールと子蜂が登場。今日はお疲れ!と乾杯し、最初の一口をゴクリゴクリと…ってやっぱ美味い!それと同時に、カウンター席前の鉄板上での調理が開始された。

牡蠣はバターで炒められている。その時の匂いが食欲を注ぎまくって、それだけでお酒が進む。ちょっと季節外れの牡蠣だけど、まぁいいでしょう。そんなわけで、注文した料理達が鉄板上で次々完成していった。

100519-10.jpg

100519-11.jpg 100519-12.jpg
登場したたぬきおやじの料理達。上から「カキのバター焼き」。
下左が「若鶏のタレ焼き」、下右が「ホタテのトマトソース何とか」。

今日は地元駅から広島までのロングラン、大渋滞の錦帯橋なんかで結構疲れていたので、余計にお酒と料理が美味しかった。牡蠣、やばいっすね。自分、あんまり牡蠣が好きではなかったのですが、めちゃくちゃ好きになりました。

ビールだけでなく、広島の銘柄である「賀茂泉」も注文。おじさんの今日カープが巨人に負けたのを嘆いている話を聞きながら飲む酒は最高だった。いいねぇいいねぇ、そういう雰囲気。

そんなわけで、そろそろホテルのチェックインに間に合わすための電車の時刻が迫ってきたのでお会計を済ませ、お店を出ることに。帰り際におじさんから名刺や広島のグルメガイドをもらい、お店を出発。いやー、大満足。旅と酒ってええなぁーなんて話ながら、広島電鉄の駅へ向かう。

100519-13.jpg
「たぬきおやじ」のおじさん達。ごちそうさまでした!


100519-14.jpg

かなり良い感じに酔いながら広島駅方面へ歩く。路面電車が走る夜の街が綺麗すぎて、酔っぱらいながら何枚も写真を撮った。

100519-15.jpg
夜の街並みに溶け込むメイトとカブ。いいねぇ。


100519-16.jpg

広島駅21:08発 広島電鉄1系統

再び広島駅に戻り、JRの駅前にある広島電鉄のホームから今日宿泊するホテルのある駅へと向かう路面電車に乗り込む。運賃は150円。財布に150円あることを確認し、乗車。路面電車は夜の広島を駆け抜ける。

100519-17.jpg20分ほど乗車し、降り立ったのは中電前という名の駅。到着したのは21:29だ。ここから歩いてすぐのところにある「ドーミーイン広島」というホテルに向かう。「ドーミーイン」といえば、@way The Tohoku Road.でも弘前でお世話になったホテルで、この時はゼミの先生がオススメしていたので宿泊したけど、今回も同じ理由でここを選択。

ホテルに入り、フロントで「予約していたここはじです」と告げると、宿泊者カードに記入して部屋の鍵を受け取った。今回は例によってツインの部屋。ちなみに朝食付きだ。

部屋に入り、とりあえず一息。この宿に辿り着いた安堵感がいつもたまらない。交代でシャワーを浴び、就寝準備へ。のぼちゃんと今日のことや、学校のこと、大学の●●から「巨人戦見に行こうや!」とメールでたった今誘われたこと、そいつに「ついでに●●(俺)も誘おうや!」と言ってきたことなんかを話しながら、今日は寝た。

明日も旅を楽しもう。そんなこんなで、春休み最後の旅の一日目は終わった。

100519-18.jpg
ドーミーイン広島」のツイン部屋。落ち着きます。




…眠れないから旅レポートを書きました。後1時間後、学校へ行ってきます泣。眠ー。

| @way The Hiroshima Road.(10/04/04-05) | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/334-45d386c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。