PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神戸の風を

110331-3.jpg


就活関係の用事で大学(神戸)近くに行く予定だったので、ついでにここはる号でポートタワーを見に行くことにしました。

久々の国道2号線です。


110331-4.jpg少し寝坊して、昼過ぎに自宅を出発。ひとまず大学まで向かいます。

大学までのルートはいつも通り。最近は大学に行く用事も少なくなり、たまに行く時でも車で行っていたので、ここはる号で大学に行くのは久しぶりです。

今日は春到来という感じの暖かい気候。薄めのグローブでもへっちゃらでした。自宅を出発し、近所の桜並木を駆け抜けます。もう少しで咲きそう…。@way Co.,Ltd.では一度もまともな桜の写真をアップしたことがないので、今年こそはお届けしたいと思います。

R176や有馬街道を抜け、いつものコースで大学へ。

110331-5.jpg
駐輪場はガラガラ。

今日は「大学の近く」に用があるわけで、「大学」に用があるわけではありません。ですがトイレとコーヒータイムを含めて休憩するため、立ち寄りました。春休みですので駐輪場及び駐車場はガラガラです。ポツポツ部活で出てきている学生がいるくらい。

クラブハウスでトイレを済ませ、自販機でコーヒーを購入。部室で休憩します。んー、やっぱりここは落ち着くなぁ。隣の奴らが若干うるさいけど。

コーヒーを飲みながら次の目的地を地図で確認。ここからだと30分ぐらいかな?迷わないといいけど。
コーヒーを飲み終え、さて出発です。

110331-6.jpg大学を出て次の目的地までは走ったことのない道。知らない道を走るってのもなんだか久しぶりだなぁ…。そんなわけで少し迷いながら目的地に到着。少し風が冷たいけど、春って感じ。

この日一番の目的を達成し、イズミヤさんのスーパーセンターを少し徘徊。トイレを済ませ…って、さっきもトイレに行きましたよね。コーヒーによる尿意の発生は、恐ろしいものがあります。

徘徊を終え、再びここはる号の元に行き地図を確認します。この後は少し神戸まで足を伸ばしてみようかと思います。久しぶりの2号線走行。以前2号線を走ったのはこの日以来。さて、行きましょう。

110331-7.jpg
明石駅付近

いつも電車から見える景色の中をカブで走るというのは、いつも不思議な気分になります。(なりませんか?ならないか…) 電車で来るとすごく遠く感じるけど、カブで来ると近く感じるから…。なんかそれって、とてもとても自分自身の「足」の行動範囲が広がったように思えませんでしょうか。

110331-8.jpg
海の近く。気持ちブレブレ。

110331-9.jpg
高速道路の高架下。

ハーバーランドの近くまで来ますと、見慣れた景色が広がってきます。
見慣れているはずですけど、カブ視点から見る「見慣れた景色」はいつもとちょっと違います。

110331-11.jpg

というわけでポートタワーまでやってきました。カブで来れたよ!これが何よりも嬉しい!
2号線を東に向かって進んだわけですから、ポートタワーへと進む道に入るには右折をしなければなりません。原付一種にとって右折は厄介な問題なのですが、今回のパターンは普通に1車線目をずっと走っていたら上手いことなっていたので無事でした。(すみません、上手いこと説明できません)

110331-12.jpg

ポートタワー。
大学が神戸ということもあって、何度も遊びにきた場所。
カブで遊びに来たのは初めて。

本日3回目のトイレへ。

110331-13.jpg

港に吹く風が、中々冷たい。

110331-14.jpg

ポートタワーと共に、神戸らしい風景である海洋博物館やらホテルやら。

110331-15.jpg

そろそろ帰ろう。

今回ひとつ思ったことが、もっともっとカブで神戸を知ろう…ということ。
大きい道路や複雑な道に臆することなく、もっともっと神戸の魅力を探っていければ。と思ってます。

110331-16.jpg
帰りの2号線。


ポートタワーを発ち、家路へ向かいます。
三宮駅前の交差点で二段階右折。ここからは以前走ったことのある2号線。さぁ帰ろう。

このまま2号線を進み171号線に突入…も考えましたが、混んでるかな?と思いましたので、さくら夙川駅前の交差点を左折し、北上して地元宝塚に突入しました。

110331-17.jpg


西日を背中に浴びて、無事帰宅。
お疲れ様、ここはる号。気付けば、兵庫県南西部をぐるりと一周した今回のお出かけでした。

| お出かけ | 22:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT