PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夜風と銭湯

110509-1.jpg


GWは結局バイトで、同じような境遇だったのぼちゃんに近所でもどこでもいいからどこか行こうという話をしていました。GWも明けてしまいましたが、本日少々旅の雰囲気を味わってきました。

(以下画像はありません)


今日は10時から某社の選考を受け、さくっと終わりとりあえず帰宅。ご飯を食べて、ゼミのため大学へ向かいました。最近はスーツを着て、日経を読みながら電車に揺られることが多かったですし、大学に行くのもここはる号か車だったので、余計なことを考えずに、私服で電車通学は久しぶり。十三から乗った電車は少し混んでいて立っていましたが、西宮北口で席が空いたので着席。そして三宮まで寝る寝る。

大学に到着すると、電車の中で企業から電話が掛かってきていたので掛け直し、それを終えゼミ室へ。皆就活で忙しいのか、今日は集まりが悪かったです。そんなこんなでゼミもさくっと終わらし、先生に就活の進捗状況を報告して終了。

のぼちゃんはゼミには来ていなかったけれど、大学には来ていたのでのぼちゃんの車で帰路へ。くだらない話をしながらブーンと走り、ふと思いついたように、「今日近所の銭湯行く?」と切り出してみました。すると「んじゃ行こうか」という返事。そんなわけで、お互いの家の近くにある雰囲気の良い銭湯(昔ながらの)に行くことにしました。

一旦家に帰ってさくっと銭湯の準備を。ラフスタイルに着替え、のぼちゃんとローソン前で集合。そんなわけで、近所の銭湯へ夜道を歩きだします。

ローソン前の横断歩道を渡り、少しラフな格好過ぎたかな…と信号待ちをしながら後悔し、工場の裏道を歩いて、剣道の声が響く市民体育館横を通り過ぎ、消防署前を通り、踏切を渡り、銭湯へ…が、銭湯がこれまであった場所に、全く新しい家が建っていました。どうやら無くなってしまったようです。

のぼちゃんに情報不足ですみませんと謝り、他の銭湯ないかなー?と話をしていると、のぼちゃんが「近くにあるかも」とさくさくと夜道を進み始めました。再び路地裏を歩いていくと、あったあった!一般道から生活道路に入ると「極楽湯」の文字が。

早速入りましょう。410円を支払い、いざ入浴。久しぶりに履いたサンダルで靴ズレしてしまい、ちょいと痛かったですが、今日の疲れを癒しましょう。いやー、良い湯。…良い湯なんだけど、熱い!のぼせた!のぼちゃん共々お湯に入り過ぎて、もうフラッフラ。お湯から出て着替えてる時はホント倒れそうで、自販機でサイダーを買って水分補給。疲れを癒しに来たはずが、逆に疲れた…と言っていたのぼちゃんが面白かったです。

とはいいつつも、帰り道の少し吹く夜風は心地よいもので。銭湯に入って思い出すのは、阪神淡路大震災の時、ガスが止まって入りに来たことや、東京を旅した時に入った下町の銭湯の雰囲気とか。近所とはいえ、少し旅の雰囲気を味わえたかなーなんて話しながら、夏はがっつり旅しような、なんて話をして、今日は解散。逆に疲れた節はありましたが…、いえいえ、十分楽しめました。また行きましょう。

| カブ以外 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/403-ac84ca4d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT