PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」

110715-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


2011年7月4日(月)

この日起床したのは8:50で、当初目標にしていた起床時刻を大幅に過ぎていた。とはいっても、飛行機の出航時刻は夕刻なので全く焦る必要は無いし、自宅を出発するまでに終わらせておくべきことも、余裕を持って終わらすことができるので全く問題はない。昨日のうちにデジカメのバッテリーや携帯等の充電すべきものは充電しておき荷造りも大方終わっているので、スーツケースの中身を最終チェックしてロックし、手荷物の貴重品、とりわけパスポートは入念にチェックして出発準備を整えていく。

先ほど余裕を持って…なんて書いたけれど、出発の一週間前は本当にバタバタしていた。その原因の最たるものは「パスポートの更新」。今回の旅先である台湾は、入国時にパスポートの残存期間が3ヵ月以上必要で、出発の9日前ほどにビールを飲んでほろ酔い気分になりながら何となくパスポートの有効期限を確認してみると…なんと8月で切れることが判明。つまり、このままでは旅に行けないことが分かった。酔いはすぐさま吹っ飛び、次の日に慌ててパスポートの切替申請へ…一週間後、無事に新しいパスポートを取得した。何事も余裕を持って準備することの重要性を幾度となく思い知ってきたけど、また思い知ることになった…猛省。

パスポートの必要残存期間はここ等で確認することができます。

自宅を出発するのは11:00で、のぼちゃんに駅まで送ってもらう予定。それまでの間に荷物をまとめ、バイト先にちょっくら向かう。旅行期間中にシフト希望提出日があるので、それを出しにと、あと今日でバイト先を辞める人がいるので挨拶に。全てを終えて11:30頃、のぼちゃんから自宅近くに到着したメールが。母親に行ってきますと告げ、スーツケース、貴重品等の入った手荷物を携え、自宅のドアを開けた。本日のファーストランナーはのぼちゃんのカムリ。途中左折する時が少し危なかったけど、何とか駅に到着。駅前のロータリーにカムリを停め、のぼちゃんに今日のゼミで提出しなければならない課題を渡し、少し写真を撮って別れた。のぼちゃん、駅まで送ってくれてありがとう。ゼミ、頑張ってな。

110715-2.jpg
のぼちゃんに駅まで送ってもらった。ありがとう。

駅に到着した時刻は11:50頃。予定の電車は12:21の普通列車。余裕を持って空港まで行くよう計画してあるけれど、ちょっと早すぎるので駅でトイレを済ませ、一本早い普通列車に乗った。12:08発普通高槻行き。これに乗り大阪駅へ行き、そこで関空快速に乗り換え関西空港へ向かう。特急列車の遅れの影響で少し遅れて、僕を乗せた普通列車は地元駅を出発した。この瞬間眠くて目を閉じていたけど、次の駅での保線作業の音で目を覚ました。ちらっと見えた保線作業用の簡易トロッコ。いいなぁ、そういう産業的なもの。ちなみに、この@way The Taiwan Road.でも思わぬトロッコとの出会いがあった。その話は、また別の記事にて。ほどなくして大阪駅に到着し、スーツケースをゴロゴロと転がし1番線ホームへ向かう。

一本早い電車でやってきたのに一本早い関空快速にあと一歩のところで乗り遅れ、結局当初の予定通りの関空快速を待つことに。関空快速は紀州時快速と連結している快速列車で、関空快速は神戸方面。人の少ないそっち側のホーム先端に行き、関空快速を待つ。定刻通り関空快速はホームに滑り込んできて、12:51、関西空港に向けて走り出した。

スーツケースを座席横に置いても邪魔にならないように…と設けられた一人掛けのシートに腰掛け、バイト先で買った缶コーヒーを飲みながら関西空港駅へと向かう。何度か向かいの席の乗客が入れ替わり、13:54、関西空港駅に到着した。ここにやってくるのは、相方が祖国に帰った2月15日以来だ。今回は見送るのではなく、会いに行く。

関西空港駅のホームからエスカレーターで改札階へ行き、ひとまずトイレ。用を足し、国際線の入口へと向かう。ここで南北でゲートが分かれており、自分の乗る便は南。それを確認して、関西空港へ入り込んだ。飛行機に乗り込むまでにすべきことは主に3つ。
・相方の親戚へのお土産の購入
・外貨への両替
・搭乗までの手続き
この3つで、まず着手したのがお土産の購入。関西空港2階のお土産屋さんで、えびせんべいを購入。ここで現在台北にて入社後に住む部屋探し中の相方に「お土産買ったでー」とどうでもいい連絡を。その後、同じ階にあるカレー屋さんでホウレンソウチーズカレー(¥690)を食べた。

110715-4.jpg 110715-5.jpg
(左)お土産に購入した「えびせんべい」。(右)ホウレンソウチーズカレー。チーズ系、好きです。

110715-6.jpg

カレーを食べ終え、航空会社の受付カウンターがある4階へ向かう。今回利用する便はCHINA AIRLINES CI159便だ。電子掲示板で受け付けカウンターの場所とチェックイン開始時刻を確認。まだ開始まで時間があったので、ひとまず外貨への両替へ。海外旅行に乏しい僕にとってこいつが旅前の不安要素の1つであって、果たして空港で外貨に両替している暇があるのだろうか…?と心配していたけど、全く心配ご無用だった。外貨両替カウンターはいくつもあるし、繁忙期でもない現時点で混み合っている様子は全くなかったので、さくさくっと日本円を台湾ドル(元)に両替することができた。以前ハワイに行く際にドルを初めて手にした時と同じような不思議な感覚。見慣れないお金って面白い。

両替後、少し早い時間ではあったけど航空会社のチェックインカウンターに行ってみた。「もうチェックインできますか?」と聞いてみるとOKとのことだったので、パスポートを見せ、スーツケースを預けた。予約していた搭乗券を発券してもらい、そこには事前に指定しておいた座席番号も記されていた。

110715-7.jpg 110715-8.jpg
(左)外貨両替の際に記入した計算書。(右)発券された搭乗券と真新しい旅券。

110715-9.jpg

さて、ここからは国際線出発へのステップを踏んでいくこととなる。今回は南の出発口から…。

パスポートを提示し出発口へ入ると早々手荷物検査。腕時計、財布、ベルトといった身につけているものも全てカゴに入れて、ベルトコンベア的に手荷物達を検査していく。同時に、本人のボディチェックも。それを通過してエスカレーターを下りると、免税店の並ぶ通路に出る。先ほどは4階だったから、ここは3階だ。楽しそうにブランド品を選ぶ人々を見ながら、僕はトイレへ。その後本屋で少し立ち読みをして、出国手続き。パスポートと搭乗券を提示する。

110715-10.jpg

搭乗口まで到着したものの時間はまだまだあって、椅子に腰かけ搭乗の時間を待つことに。しばらくすると搭乗予定の航空機が近づいてきた。搭乗開始時刻が近づくにつれ、ガラガラだった待合所も乗客で埋め尽くされていき、最終的には立って待つ人も随分増えてきていた。

搭乗開始時刻は16:55。それを20分ほどオーバーしてから、ようやく搭乗が始まった。混雑を避けるため、後部座席の乗客から搭乗が始まったのだけど、それを知らずに列に並んでいた自分が物凄く恥ずかしかった…(僕は前列の方)。恥ずかしすぎて一回待合所を出てトイレに行き、再び戻ってきてようやく搭乗。久しぶりの飛行機、ちょっと緊張、そしてワクワクする。あと、早く相方に会いたい。

110715-11.jpg 110715-12.jpg
(左)いざ、機内へ。(右)機内でもらった入国登記表。これが後々事件(?)を引き起こすことに。

機内に入り、自分の座席を探す。事前に窓側の座席(空が…空が見たいのだよ)を指定しておいたのでそこが取れているはずだけど…自分の番号を見つけると、隣の通路側にはおじさんが座っていた。どんな国籍の人がいてもおかしくない機内、とりあえずすみません、と言ってみると日本人な反応だった。まぁーこのおじさんがよく喋る人で、うざかった…色々とお話をすることができた。

座席に座り、しばらくすると乗務員さんに入国登記表を手渡された。何これ?という感じで受け取ったけど、とりあえず「後々提出しなければならない」気がしたので、大切にしまっておいた。ほどなくして飛行機は動き出し、滑走路へゴゴゴ…と向かっていく。日本を離れるという実感が湧いてきた。やがて飛行機はUターンし、まもなく離陸します、のアナウンス。そして加速、浮上。お、落ちへんやろうなー!?という不安も、どんどん上昇していく機体の様子に、すぐに吹き飛んだ。

110715-13.jpg
空。やがて日本は見えなくなり、空と海が1つになった。

110715-14.jpg離陸する直前に、隣に座っていたおじさんに話しかけれ、その後少しお話をした。やがて僕が空ばかりを見始めると、おじさんは通路を挟んで隣に座っていた台湾人の女の子に英語で話しかけていた。

そんな様子を耳だけで感じ取りながら空を見ていると、何やらご飯の匂いが。機内食だ。自分はたった2時間半のフライトで機内食が出るとは思っていなかったので少しびっくりしたけれど、昼食にカレーを食べた時から時間が経っていてお腹が空いていたので助かった。おじさんは鮭のメニュー、僕は酢豚のメニューを。おじさんは同時にビールと白ワインを頼んでいた。僕は少し遠慮をしてコーラを頼んだ。ちょっと後悔したので、帰りはビールを飲んでやる。

食事中おじさんに「ちなみに…その酢豚は日本テイストな味ですか?」と聞かれたので、「そうですね」と答え、僕も「鮭はどうですか?」と聞き返すと、「鮭は@×★¥※~」と言っていた。とりあえず何て言っていたのか忘れた。

110715-15.jpg
おじさんが女の子と英会話教室を始め出した頃、空は朱色に染まった。

110715-16.jpg
やがてポツポツと明かりが見え始めた。何の明かりだろう?街の明かりではなさそう…船かな?

110715-17.jpg
そのポツポツとした明かりを見つめていると、やがて街が、いや1つの国が見えてきた。
海を渡ったという不思議な感覚。相方にもうすぐ会える。

110715-18.jpgドン!という音は機体が陸地に降り立ったことを告げ、減速、停止。予定よりも1時間ほど遅れて、飛行機は台湾桃園国際空港に到着した。

一斉に乗客は立ち手荷物を取る。人が下り始めると、僕もその流れに乗って機内を後にした。ここからは未知の世界。微妙に分かる案内表示を頼りに、入国手続きの場所へ長い通路を歩いた。

やがて到着した入国手続きの場所。台湾人と外国人とで場所が違っていて、僕と同じように迷っている人が結構いた。しばらくして外国人の受付カウンターが分かったのでそこへ向かうと、皆が持つ一枚の紙が目に入った。「入国登記表」だ。自分も急いで記入。分からない欄は飛ばして、列に並んだ。

「警察」と書かれた腕章を付けた人にパスポートと入国登記表を示すと、飛ばして書いた署名欄と、今日宿泊するホテルを書いてと言われた。署名はともかく、ホテル? そういえば、相方から今日台北で宿泊する宿の名を聞いていない…一気に焦りだす僕、携帯を手にしようとするが使えないことに気付く。日本語も通じない…どうする、どうする?

と、ふと相方が超適当に作って僕が修正した旅程表をバックから引っ張り出してみた。頼む!ホテルの名前を書いていてくれ!4日の旅程…そこに記載されている台湾桃園国際空港の、次に向かう民宿の名…名が書かれていない!ま、まじでかー!と叫びそうになった瞬間、備考の欄を見てみると何やら住所っぽい文字が。一か八か、旅程表を見せてやれ!と、警察の方に見せると、ふむふむふむーふむ!な反応。微妙に納得しながら僕の入国登記表にその住所を記入してくれた。た、助かった~!

結局警察の方は旅程表を全て眺め、僕に「何日旅行する?」と聞いてきたので「Ten!」と答えると、苦笑いされながらパスポートを返してくれた。そこには、中華民國に入国を認められた証が押されていた。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 04:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/414-190f870e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。