PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」

110716-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110716-2.jpg入国審査も何とか通過し、次はスーツケースを受け取りに行く。どこでスーツケースを受け取るのか?というか、ちゃんと荷物は届いているのか?なんて心配しながら、同じ便でここまでやって来ただろう人の流れに付いて行き、荷物の受け取り場所へ向かった。出国審査を通過してすぐの場所に、台湾の有名な俳優であろう人の等身大のボードがあって、何人かの人がその前で記念撮影をしていた。僕も写真だけ撮ろうかと思ったけど、スーツケースを受け取って早く相方に会いたかったのであきらめた。

荷物を受け取る場所は、便名ごとに場所が決められていて、自分が乗ってきた便「CI159」と書かれた場所で荷物が運ばれてくるのを待つ。中々出てこない自分の荷物…もしかして、荷物を受け取る場所を間違えたのか?というか、ちゃんと荷物は届いているのか?なんて自分でも呆れるくらい心配になっていると、ようやく荷物が運ばれてきた。今回旅で使用したスーツケースは友人に借りたもの。貸してくれたシャォシャォ、本当にありがとう。スーツケースに巻きつけてあったオレンジのベルトが役に立ちました。それにしても、荷物が出てくるまで本当に時間が掛かった…。旅の出発前にのぼちゃんが、「台湾に行った時、荷物出てくるのめっちゃ遅かったわー」と言っていたのを思い出した(台湾だから荷物が出てくるのが遅い、というわけではなく、偶然遅くなっただけです)

さて、スーツケースを受け取りゴロゴロと転がして先に進む。あとは出口に向かうだけ。相方はどこにいる?と探しながら出口を抜けると、多くの人が飛行機でやって来た人々を出迎えていた。こんなに出迎えるものなのか??と驚きながら、僕も僕を出迎えてくれる人を探す。

目が合うのはわりと早かった。僕の名を書いて出迎えてくれる人が一人、いやホントはあまりその紙をちゃんと見ていなかったけれど、半年ぶりに僕の目の前にちゃんといる彼女。もう、なんて言ったらいいのか分からない。とりあえず、僕は眼に水が湧いてきそうだったので、トイレに行った。

何はともあれ、僕は無事に相方の祖国、台湾に上陸した。

110716-3.jpg 110716-4.jpg
(左)空港から台北へ向かうため、バスのチケットを買う。(右)購入したバスのチケット。

相方と再会して早速さっきの入国審査のことを話した。住所書いといて良かったねーなんて言いながら、相方はバスのチケットを買いに行く。僕はてっきりこの空港が台北にあるものかと思っていたけど違っていて、今日宿泊する民宿や観光予定の夜市がある台北はここからバスで向かうのだそうだ。台北行きのチケットを2枚購入し、バスを待つ。この間、僕は相方の携帯を使って自宅に「無事に着いたから」という電話を。やがて一台のバスがやってきた。乗り込むと、あぁ違和感。それもそのはず、左ハンドルだ。

110716-5.jpg
やってきたバス。スーツケースをトランクに積んでもらい、乗り込む。

110716-6.jpg 110716-7.jpg
(左)高速道路を走行中のバスの車内は暗かった。(右)バスの車内で時計を台湾時刻に合わせる。

乗り込んだバスの車内は暗く、それは高速道路を走行する間だけらしい。僕らが乗車した空港のターミナル2から次はターミナル1へと向かい、そこでしばらく停車。ここで車内が少し明るくなったので、僕は腕時計とデジカメの時刻を1時間戻した。日本と台湾の時差は1時間だ。やがてバスは高速道路を走りだした。左ハンドル、そして右側通行とはこういうものなのか、と感じた。外を眺めると、新たに建設される新交通システムの柱が見受けられた。どんな風に完成するのか楽しみだ。やがてバスは高速道路を抜け、街中に入った。ここで初めてバイクの多さや漢字の多さに圧倒されながら、バスは台北駅近くに到着した。

110716-8.jpg 110716-9.jpg
(左)スーツケースをトランクから引っ張り出す。めっちゃ手荒だった。(右)駅近くに停まっていた警察スクーター。

バスを下りて、スーツケースをトランクから引っ張り出す。ここでの引っ張り出し方がホントに手荒で面白かった。ちょっと中身が心配になった。スーツケースを受け取り、ゴロゴロと転がして次は路線バスに乗り換え。台北駅の駅舎を見ながら、バス停を目指す。その途中警察専用のスクーターを見つけた。やはり働く小型二輪は興味が湧く。

110716-10.jpg
路線バスのバス停。僕は今、台北の夜の中にいる。

110716-11.jpg
若者が多いのが印象的。日本だったら、疲れ切った働く男たちで臭いだろうな。

110716-12.jpg僕は言うまでもなく台北の路線バス事情なんて分からないが、相方も台中の人なので台北には詳しくない。何度も路線バスの案内板を確認し、「これに乗ろう」と相方が言ったバスに飛び乗った。路線バスがやってくる時間は曖昧、そして乗降する場所も曖昧、さらにちゃんと乗る意思を伝えないと運転士に無視されるのだとか。何だか面白くなってきた。

さらにびっくりしたことが、お金を払わずに後ろ側のドアから下りて行く人が多数いたこと。が、これは後々聞いてみると乗車時にお金を支払ったうえでの行為らしかった。そんなわけで路線バスの外を眺めながら、バスに揺られる。外に流れる台北の夜景色、走りまくる黄色のタクシー、どんだけ多いねんと感心するバイク達、そして夜の街に映える台北101…。

101…?と、相方の表情が変わった。次の瞬間相方は近くの人に何かを聞いていた。どうやら、このバスは僕らが目指す目的地へは行かないらしい。台北101が見えて、その位置から全く逆の方向やん!と相方は気付いたのだ。すぐさまバスを下りる。僕は小銭を持っていなかったので、相方に二人分の運賃を払ってもらい僕らは飛び降りた。満員のバスを下りるのに、スーツケースがマジで邪魔だ。

110716-13.jpg
バイク、多いです。話には聞いていたけど、圧倒された。

110716-14.jpg

バスを下りた先は夜の街。少し歩いて反対側の停留所へ向かう。ここらで信号機にカウントが設けられていることに気付いた。信号での待ち時間が分かるというのは意外と便利だ。停留所に到着してしばらくバスを待つ。待っている途中、ゴキブリがヒョコヒョコと歩いていた。やはりゴキブリは、日本でも台湾でも、気持ちの良いものではない。

110716-15.jpgやがて路線バスがやってきた。さっき乗ったバスは運賃を後から支払ったけれど、今回は先に払った。先ほどのバスとは違って乗客が少なく、座席は結構空いていた。それでもスーツケースを持ちながら座るのが何となく面倒だったので立つことに。その際掴んだ吊革が変わった形をしていた。

反対側の停留所から乗ったということは戻るとうこと。再び台北駅前を通り、ようやく僕らが目指す場所に到着した。停留所に着きドアが開く。運賃はもう払ったから後ろ側のドアから下り…ようとしたら、運転士が何やら叫んでいる。僕は何を言っているのかさっぱり分からないので、一旦下りて相方に「何か言ってるで」と告げると、どうやら先ほど払った運賃では、少し走行距離が延びたため不足していたらしい。ちょっと怒られたよ~…と萎える相方に、しゃーないしゃーないと宥める僕。バスを下りた僕らは、今日宿泊する民宿へと向かう。

バスの停留所から民宿までは、何となく裏通りな雰囲気で、外飲みの居酒屋みたいなお店もあった。道の番号を確認しながら、相方は民宿の場所を探す。やがて、民宿…というより、アパートの入口のような場所に辿り着いた。

古いスクーターが停めてある横の門扉の鍵を、相方は裏側から器用に開け、そのアパートのような民宿内部へと進む。内部へ入る前に再びドアがあり、電子キーをかざしてそれは開いた。中に入るとすぐ目の前にエレベーターと階段。階段にはマウンテンバイクが無造作に置かれている。部屋は3階とのことなので、エレベーターで向かうことに。若干開きの悪いエレベーターの扉に不安になりながらも3階へ向かう。エレベーターを下りると、そこは本当に普通のアパートな雰囲気の扉が3つほど存在していた。まず目に付いた扉は301号室の扉。301といえば、相方が日本に住んでいた頃の部屋番号と同じ。でも、今日宿泊する部屋は303号室だ。その部屋の扉もすぐ近くにあり、鍵を開けて中に入った。

110716-16.jpg
アパートのような民宿の扉。ここが、今日宿泊する部屋だ。

110716-17.jpg部屋に入って休む間も無く夜市へと向かう。荷物を軽くして再び部屋を出て、地下鉄の駅へ。予定よりも民宿へ到着するのが遅れて夜市で過ごす時間が限られてしまったため、少し急いで向かった。

忠孝敦化という名の駅から地下鉄に乗る。運賃は20元で、切符ではなく何やらコインのようなものが出てきた。これを改札機にかざして入り、出る際に改札機に入れて出るシステム。これは切符の無駄が無くて良いなーと感心した。

他国の交通事情は非常に関心がある。交通事情だけでなく、本当に色々なことが日本と違っていて、気付かされることが多い。もっと海外を見ておかないとと、この旅の途中何度も感じた。

110716-18.jpg 110716-19.jpg
(左)切符代わりのコイン。(右)忠孝敦化駅構内。

110716-20.jpg

ホームで電車を待つ。日本で地下鉄といえば、僕は大阪市営地下鉄を想像するけれど、働く男たちで埋め尽くされているイメージがある。が、ここはそんな風景は広がっておらず、若者や高齢の方が中心。ラッシュ時で混み合ってます!みたいな雰囲気も全く感じられず、地下鉄車内もキレイだった。途中、台北車站で乗り換えた。

110716-21.jpg

1つ乗り換え、やってきたのは台電大樓という駅。ここに、これから向かう師大夜市がある。さーて、相方オススメの夜市メニューを紹介してもらおう。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 04:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/417-9f3860eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT