PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」

110717-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110717-2.jpg

地下鉄の駅から階段を上り地上に出て少し歩くと、それはそれは活気に満ち溢れた夜市があり…と思っていたが、人は少なく多くの店は閉まっている様子。台北駅前から民宿までの間路線バスを間違えたため、夜市に到着するのが遅すぎたか…?と、もうコンビニでご飯買っちゃおうかぁーな気分になりながらさらに道を進むと、それはそれは活気に満ち溢れた台湾の夜市があった。先ほど閉まっていた店は夜市ではない普通の店のよう。もう11時を過ぎている。普通の店は閉まるはずだ。

ここは「師大夜市」という名の夜市。ちなみに師大とは、師範大學のことだ。

さて、とにかく腹ごしらえを。よくよく考えてみたら、飛行機の機内食以来食べ物を口にしておらず、かなりお腹が空いている。旅程表を見ると、師大夜市のオススメメニューとして「クレープ(台湾式)」が書かれている。相方の先輩が教えてくれた情報で、相方も絶対食べるべき!と今から買いに行こうとするが、とりあえず今は甘くない何かをお腹に収めたい気分。そんなわがままを相方に聞いてもらって、甘くない料理を探すことに。

110717-4.jpgやってきたのは「滷味(ルーウェィ)」という料理のお店。まずこのお店を見て驚いたことは、店頭にぎゅんぎゅんに敷き詰められて置かれている具材。野菜、肉団子、麺等など、様々な種類の具材が並んでいた。そしてスタッフの多さ。狭い敷地の店に5人以上はいた。5人が多いのかは微妙であるけれど…店の大きさを考えたら、かなり多く感じた。

一体どんな料理で、どのように買うのか自分は全然分からないので、相方が料理を買う様子を観察することに。観察している最中、煮えたぎる鍋から油が飛んでくるのでカメラを庇いながら…。

110717-5.jpg

まず、ありとあらゆる具材の中から、自分が食べたいものを選んでカゴに入れる。生の食材と一緒に、包装された麺をそのまま入れた相方は何だか勇ましかった。

110717-6.jpg

で、そのカゴを、上写真の男性の手前にあるリングにすっぽりと置く。置かれたカゴの中身を、この男性が調理できる状態に準備していく。先ほど相方がおもむろに入れた麺が入ったカゴが、男性の手前のリングに設置されている。

ちなみにこの男性、仕事中にスマホを弄ってた。日本だと業務中に堂々と弄る…というのはあまり考えられないだけに、ちょっとびっくり。それに加えて、調理をしながら、接客をしながら、スタッフ同士で和気藹藹とおしゃべり。他国でしか味わえないこういう空気…海外旅行っていいな、と思ってしまった。

110717-7.jpg

調理できる状態になった具材達を、今度は煮ていく。醤油やら漢方薬(?)やらと一緒に。そしてこの料理の味ができていく。

料理は出来上がり、お腹が空いているけれど民宿で食べることにしたので、ビニール袋に料理を入れてもらい持ち帰ることに。日本だったら普通トレイ等に入れるのだろうけど、ビニールに入れるというのがまた珍しい。アツアツのビニールを引っ提げて、もう1つ2つお店を回ろうか。

110717-8.jpg
夜市を歩く。お祭りの屋台のように並ぶ店達…夢のような空間。

110717-9.jpg

つづいてやって来たのは「鹽水雞(イェンシュエィチー)」という料理のお店。「鹽」は「塩」、「雞」は「鶏」で、塩水につけた鶏と、様々な具材をチョイスして作られる料理だ。先ほどの店同様具材を選び調理してもらう。相方はタケノコときゅうりをチョイスしていた。調理してもらっている間、隣にあったクレープのお店でクレープを買うことに。

110717-10.jpg先ほど、あまりクレープを食べたい気分ではない…みたいなことを書いたけれど、相方が旅程にまで「クレープ」と書きこんだほどオススメのクレープである。買わない手はないではないか。相方が、「無理に買わなくていいよー」と言っていたが、折角なので…。

クレープのお店に行くと、まずメニューを渡された。クレープに入れたい具材を選べということか。どうも、今日は具材チョイスシステムがやたらと発動する。

相方が適当にチョイスして注文した。

110717-11.jpg
そんなわけで出来上がったクレープ…か?

クレープが出来上がり、受け取った瞬間生地の硬さに驚いたけど、まぁクレープというのだからクレープなのだろう。よく考えてみれば、普段クレープなんて食べたことない…かも。それでも、生地は柔らかいイメージがあったから、僕的には、このクレープは「クレープの友達」ぐらいのものと思う。

そんなどうでもいいことを考えていると、先ほど注文していた鹽水雞が完成した。アツアツの滷味とは違い、鹽水雞はひんやりとしている。これもビニールに入れてもらい持って帰る。

滷味と鹽水雞は民宿でビールと一緒に食べるとして、クレープは今食べることに。帰りに地下鉄に乗るのだけど、車内では飲食が禁じられているので、駅に向かうまでのコンビニ前で食べることにした。クレープにはマンゴーアイスとイチゴアイス、それとマシュマロの親友みたいなのが入っていて美味しい。ただ、生地が硬い。まるでせんべいだ。

地下鉄の時間も迫っているので、少し焦りながら食べる。ようやくクレープを食べ終え(決して食べきれなかったからゴミ箱にポイしたなんてことはないよ)、地下鉄の駅へ。喉が渇いていたので、駅の水飲み場で水を飲み電車に乗り込んだ。

110717-12.jpg
帰りの地下鉄。車内はキレイ。何人か、欧米人っぽい人を見かけた。

一回乗り換えて民宿の最寄り駅へ。一応事前に、地下鉄の駅員さんに最終列車のだいたいの時間を聞いておいたが、僕らが乗ってきた列車が最終だったみたい。改札を抜けると、最終列車に乗り遅れた何人かが嘆いていた。タクシーで帰るのかな。

110717-13.jpg 110717-14.jpg
(左)静まり返った駅を歩いて民宿へ向かう。(右)地上に出ると、ウインナーを売る魅力的な二輪車が。

110717-15.jpgご飯も買ったし、さてあとはビールでも買って乾杯しようかってことで、民宿近くのセブンイレブンへ立ち寄った。入口ドアのOPENちゃんとLOCKちゃんに感激。またお土産に、OPENちゃんグッズでも買って行こう。

店内に入ると、まず「お茶卵」の匂いが充満していた。結構これが個人的に苦手で、お茶卵も結局最後まで食べられなかった。

酒類売り場でビールを3本買う。相方にチューハイいる?と聞いたが、いらへんと言われたのでビール3本。台湾に来たらやはり飲みたい「台湾啤酒(台湾ビール)」、それと、アサヒとキリンの、見たことのない中国産のビールを1本づつ購入。30代くらいの男性にレジを打ってもらい店を出た。さーてさて、民宿で乾杯といきましょうか!

110717-16.jpg
ビール3本を持って、民宿へ向かう僕。ビールを持っての帰り道は、ウキウキする。

110717-17.jpg

と、いうわけで一風呂浴びた後にようやく乾杯。左が鹽水雞、右が滷味だ。鹽水雞はびっくりするくらいビールと良く合う。これはやばい、美味しい!しゃきしゃきのタケノコときゅうりに、味を出す鶏肉。そして後から来る辛さ、それとビールと来たら、そらもう酒も進みますよ。滷味は漢方薬風味な感じが少し…って感じでしたが、相方のチョイスした麺が良い感じでした。こちらもビールと合う…ような気がする。

さて、初日から異国の雰囲気に圧倒され、興奮し、酒に酔っ払いましたが、疲れたので寝るとしましょう。旅はまだ始まったばかり。@way The Taiwan Road.、初日、無事完遂。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 02:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/419-ee8624b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT