PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-4 「台北101」

110721-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110721-2.jpg

2011年7月5日(火)

この日起床する時刻は9:00で、もはやアラームの役割でしかない携帯のアラームを9:00にセットしておいた。そんなアラームが鳴り朝を迎えたわけだが、あと1時間寝たい…ということでアラームを10:00にセットして二度寝。旅行では案外朝に強いものだと思っていたけど、どうしても眠い…そんなわけで10:00にもう一度アラームが鳴った。相方とともに目を覚まし、朝の準備をさくっと済ませる。相方が携帯をチェックすると、「あれ?」の一言。現在の時刻はまだ9:00。あ!携帯の時刻はまだ日本時刻のままだった!台湾とは1時間時差があるので、携帯の時刻は1時間早い。んー、結局予定通りの起床時刻に起きたのかぁ。1時間多く寝たと思って起きたら1時間早かったという、何だか得した気分。

というわけでひとまず民宿近くのセブンイレブンまで朝ご飯を買いに行く。民宿の外に出ると良い天気。昨日民宿に到着したのは夜だったので周囲の様子がはっきりと分からなかったけど、今ははっきりと周囲の様子が伺える。アパートにしろマンションにしろ、やはり日本と雰囲気が随分違う。

110721-3.jpg買ったのはコーヒーと野菜ジュース、サンドイッチと鉄道弁当風味のおにぎり。コンビニで朝ご飯を買う際、サンドイッチコーナーの前で何を買おうかなーと悩んでいたら、後ろからOL風の女性に「パイセー(ごめんなさい)」と言われた。僕が邪魔でサンドイッチが取れないという意味で言われたのだけど、朝から異国の言葉を聞きとれて少しテンションが上がる。

そんなわけで朝ご飯を民宿に戻って食べる。テレビで面白い映画をやっていたので、それを見ながら。少しグロくて、相方が「朝ご飯を食べながらこれはちょっと…」と言っていて、そりゃもっともだと思ったけれど、面白くてそのまま見た。そんな朝ご飯の最中、相方の携帯が鳴った。台北で働く相方の友人が、近くまで来ているので少し会わないかという連絡だった。その友人は相方と同じように日本で留学したことがあり、今は台北で働いている。

友人が近くのセブンイレブンに到着したとの連絡が入り、民宿を出る。この旅初めての旅先での出会いに少し緊張しながら(決してその友人が美人だよと聞いたからではなく…)、先ほど朝ご飯を買ったセブンイレブンへ向かう。すぐにその友人を確認できた。

相方は台北で住む部屋の相談なんかをしていた。相方の友人は日本語も話せるので少し喋って、記念写真を撮って別れた。再び民宿へ戻り、出発の準備。11:00頃に民宿を出発し、今日の旅程が流れ始めた。

110721-4.jpg
民宿を出発する。今日はスーツケースを引き連れて観光。

110721-5.jpg
スーツケースをごろごろと転がして台北の街を歩く。今日は暑い一日になりそうだ。


民宿を出て、ひとまず先ほど会った相方の友人の働くお店へ行き、少し覗くことに。台北の街を、スーツケースを転がしながら歩く僕は完全に「ここの人間ではない」だ。ここで相方が「道間違えたかも…」の一言。道行くおばちゃんに道を聞くと、どうやら全く逆の方向を歩いていたらしい。まぁ見知らぬ街を歩くというのは面白いもので、間違えなかったら歩かなかった道も歩けたということでプラスに考えよう。

110721-6.jpg 110721-7.jpg
(左)道路工事。台湾の道路工事には、大概旗を振るマネキンがいる。(右)交差点。多くのバイクが走りまくる。

110721-8.jpg
横断歩道を渡る。信号機のカウントが中々役に立つ。スーツケースをごろごろと転がし渡って行く。


横断歩道を渡って少し歩くと、相方の友人が働くお店へ着いた。が、店は開いておらず、相方が友人に電話をすると、どうやら大掃除の真っ最中で大忙しのこと。残念だけどお店を覗いて行くのは止めて、地下鉄の駅へ向かうことに。その時、一台の産業的な二輪車がちらっと見えた。あ、あれは!

110721-9.jpg

ついに出会った台湾版郵便バイク。日本は赤だけど、台湾は緑。はー、いいねぇいいねぇ。この二輪に会うことも旅の一つの目標だったので、かなりテンションが上がった。この二輪も含めてこの旅はで魅力的な二輪で多くであてたので、またまとめて紹介したいと思います。

110721-10.jpg
すぐさま、ブーンと走り去っていった。


110721-11.jpg
忠孝復興駅

そんなわけで忠孝復興という地下鉄の駅にやってきた。ここから今日巡る観光スポットその1「台北101」を見に行くため、市政府という駅まで向かう。駅構内の壁に可愛いキャラクターの絵が描かれていた。そういえば写真撮らなかったなぁ。

110721-12.jpg地下鉄に乗り、3駅ほど行くと市政府駅に到着。ここで下車し、まず目に飛び込んだのがホームの謎のモニュメント。なんだろう、これは。

改札を抜けると地下街があり、多くの人で賑わっている。UNIQLOや無印良品など、日本で見たことのあるお店をいくつか出店していたり、日本のお菓子専門店があったり…。

この地下街の案内表示に、台北101はこっちですよと書かれていたので、そちらへ向かって歩く。やがて地上に出ると、いかにも市政府の中心街という雰囲気の街並みに出た。

ところがあまりに人が少なく静かだったので、本当にこの近くに観光名所として名高い台北101があるのか??と少し不安になった。相方は大丈夫大丈夫と言うので大丈夫だろうと付いて行くと、あ、あれか、とすぐに分かった。

110721-14.jpg
台北101
おほー、これが台北101!元世界一の超高層建築物、高い!


110721-15.jpgここまで来るのに少し歩き、さらに暑さも中々のもので喉が渇いていたので、台北101に向かう途中にあった自動販売機でジュースを…と思ったが、自動販売機が故障してやがった。

ジュースはあとで台北101の地下街で買おうね、と相方に宥められ、台北101へ向かう。101では展望台まで上り、上からの眺めを楽しむ予定。

そういえば、友人ののぼちゃんもここに来たと言っていたなぁ。さて、それでは台北101に潜入してきます。

110721-16.jpg
台北101を近くで見てみると、すんごい迫力。

110721-17.jpg 110721-18.jpg
(左)賑わう101地下街。(右)マクドで飲料補給と軽くご飯。

早速101を上るのではなく、ひとまず地下街へ向かう。昼間とあって地下街は多くの人で賑わっている。空いていた壁際の席に腰掛け、相方はマクドへ飲み物を買いに行った。かなり混んでいて、相方がコーラとウーロン茶を持って戻ってくるまでかなり時間が掛かった。その後、少し腹減ったねということで、チキンとポテトを買いに再び相方は並びに行った。一回で買えばよかったねー。なんかごめん。

腹ごしらえも終え、101の展望台へ向かう。エスカレーターでチケット売り場まで上り、そこへ向かう。チケットは学割があるらしく、僕も学生証を見せ学割分の料金を払った。この後展望台まで向かうのだけど、スーツケースが邪魔なのでここで預けることに。警備員さんに預け、荷物を受け取る際に手渡すシールを受け取り、いざ世界最速のエレベーターへ。

110721-19.jpg 110721-20.jpg
(左)101の入場チケット。(右)展望台へと上るエレベーターへ。


110721-21.jpg世界最速のエレベーターで展望台まで向かうのだけど、ホントに速い。あっという間に展望台に到着した。到着すると、まず音声ガイドの機械を受け取る。その際日本語を話せる歳の近そうな女性がいて、僕が日本人と知ると、少し緊張しながら日本語で音声ガイドの説明をしてくれた。なぜか相方と少し仲良くなっていた。

展望台からの景色はただ眺めるだけでなく、この音声ガイドの説明を聞きながら眺めるとより一層楽しめる。展望台では多くの人が電話をしているような格好が見受けれるけど、それは音声ガイドを耳に当てて聞いているからです。

そんなわけでいざ展望。とりあえず、すげー高い。

110721-22.jpg

110721-23.jpg
台北101からの眺望。
音声ガイドで「台北は台湾の誇りです」と言っていたが、ここからの景色がそれを物語っていた。

110721-24.jpg
巨大なTMDの見学もできる。これを模したキャラクターを相方はたいそう気に入っていた。

110721-25.jpg

風や地震による振動を緩和するためのTMDと呼ばれる巨大な物体を見たり、展望台よりも上のスペースに行ったりして台北101の展望タイム終了。やたらと珊瑚な商品を売るお土産スペースを通り抜け、再び世界最速のエレベーターに乗った。

エレベーターを下り、先ほど預けていた荷物を受け取って101の外へ出た。改めて外からこの超高層建築物を眺めてみると、高い。すごい。最後に101を出てすぐにあったモニュメントの前で記念撮影をし、次なる観光スポットへ向かった。

「台北は台湾の誇り」。このフレーズがやっぱり忘れられない。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 04:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/420-557dec52

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT