PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」

110723-5.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110723-6.jpg 110723-7.jpg
(左)起床し、今日一日のスタート。(右)今日は相方宅スクーターで出発。

2011年7月6日(水)

朝になりました。9時頃、相方に起こされ起床。おはようございます。

僕が寝させてもらった部屋はクーラー無しの部屋で扇風機を貸してもらっているのだけど、扇風機で暑さを凌ぐのに十分どころかむしろ寝ている時に少し寒いくらいだった。一緒に借りていた毛布が役に立った。

朝の準備を済ませ、今日最初の目的地へ向かうため相方宅のスクーターに乗る。相方が運転し、僕が後ろ。日焼け止めの上着を着て出発したけれど、暑過ぎてすぐに脱いだ。目覚めた後すぐに風を切るのは気持ちがよい。

110723-9.jpg 110723-10.jpg
(左)信号待ちの光景。これが当たり前。(右)途中で見かけた何かの丸焼き。の店。

これまで何度か記述してきたように、とにかく二輪が多い。そんな国の道路は、車と二輪の車線がきっちりと分けられていて、走りやすい。

僕が今走っている道は、「初めて見る道」であるとともに、その言葉の前に「異国の」と付くから、目に入るものが一々珍しくて興味深い。途中で何かの丸焼きのお店を見かけた。相方が何の丸焼きかその時教えてくれたけど、何か忘れた。また聞いておこう。

ビューンと走り、やがて本日最初の目的地に到着。ここは相方のお母さんの職場。今日は「お手伝い」から旅が始まる。

110723-11.jpg
相方母の職場へ到着。適当な場所にスクーターを停め、お手伝い開始。

110723-12.jpg
そこには南国な木々が道路沿いにあったりした。周辺には農業関係施設の畑も広がっていた。

110723-13.jpgお手伝いするのは弁当屋の食堂。スクーターを停め、調理場に入るとおばさんが一人いて、忙しそうに働いていた。やがて僕らよりももっともっと早く到着していた相方のお母さんが現れ、まず挨拶。その後早速出刃包丁を持たされ、何かの食材を切ってと言われた。そんなわけでお手伝い開始。相方も何かの野菜を洗っている。

食材を切り、重い物を持つのを手伝い、運搬台車で出来上がった料理を運んで…。もちろん…というのはちょっと可笑しいけれど、もちろん僕は中国語・台湾語はできないに等しいし、相方母他おばちゃん達も日本語がほとんど分からないに等しい。けれども、そんな中でもお手伝いは進んでいく。まぁ「お手伝い」とはとても呼べることができないようなレベルの「お手伝い」だったのだけど…。

運搬台車でターンテーブルの置かれている部屋まで料理を運ぶ。カレーのような食べ物を見て、思わずお腹が空いていくる。部屋に料理を置いて、運搬台車を転がしながら元の調理場に戻る途中、すごく今の現実が不思議な気がした。ここに自分がいること、そして運搬台車を転がしている現実が不思議で仕方がない。ここで働くおばちゃん達も、普段は目にしない人間がいることを不思議がるだろう…と思っていたけど、そんな様子はあまりなく。

料理も次々に出来上がり、どんどんと並べられていく。並べられていく料理の姿を見て、あぁバイキング方式かとようやく気付いた。とういうわけで、ここでのお手伝いは終わり、次なる場所へ向かう。

110723-14.jpg
再びスクーターに跨り、次なる目的地へ。

次の目的地は、もう一つの「お手伝い」の場所。「いくでー」とスクーターを走らせはじめる相方。が、がんばるぞ。

110723-15.jpg 110723-16.jpg
(左)次の「お手伝い」の場所に到着。(右)食堂の受付でお手伝い。

2つめのお手伝いの場所に到着。スクーターを停め、2つめの調理場へ。ここではほぼ僕は無力で、出来上がった料理を運んだり、お皿や箸を持って行ったぐらい。料理を運ぶ際に少し汁をこぼし(最悪)、むしろ不必要なくらいだ。昼食の時刻になりお客さんがやってくる時間になると、お客さんの受付をする相方の様子を見守る無力な僕。

食堂には数台テレビが付いていた。そのうちの一台が他のテレビとチャンネルが違っていて、それを見つけた相方は他の数台と同様のチャンネルに合わしていた。合わせる前のチャンネルを、ご飯を食べながら視ていたおじさんが少し可哀そうだった。

110723-17.jpgお客さんも少なくなり、僕らもお昼をいただくことに。ここもバイキング形式で、名も知らぬ美味しそうな料理を次々とお皿に盛っていく。まぁ、左の写真を見ても分かるとおり、自分でも情けなくなるくらい盛り方が汚い。お茶碗にご飯も盛り、ターンテーブルの座席に座った。いただきます。
大したお手伝いはできなかったけれど、やはり働いた(邪魔した?)後のご飯は美味しいですね。野菜が美味いよ、野菜が。

お昼ご飯も食べ終え、片付け開始。汚れた皿達を運び、床を掃いて、テーブルを布巾でふきふき。残った料理も調理場に運びこみ、お手伝い終了。

110723-18.jpg
掃除をして…。本日のお手伝い、終了。

110723-19.jpg
二か所の調理場、食堂を巡り、本日の@way The Taiwan Road.-お手伝い編-が終了した。相方は持参した入れ物に食堂の水を入れ、トイレを済ませスクーターの置いてある場所へ向かう。食堂は冷房が効いていたためか、外は余計に暑く感じた。

今日はこれから一中街という場所に向かい、1年ぶりに友人と再会したり、買い物をしたりする予定。

セルボタンを押し、スクーターのエンジンを掛ける。敷地内の道路をブーンと走り、やがて普通の道路へ。

110723-20.jpg
木々のトンネルを抜けて…

110723-21.jpg
狭い道を駆け抜けて・・・

110723-22.jpg
鳥がいる田んぼを見つけたり…

110723-23.jpg
橋を渡ったり…

110723-24.jpg
交差点の信号待ちで3人乗りのスクーターを見かけたり…

110723-25.jpg
狭く車の多い道を通り抜けて…

110723-26.jpg
郵便屋さんを見かけて…

110723-27.jpg
やがて大きな交差点に出て…

110723-28.jpg
ようやく一中街に到着。

110723-29.jpg
待ち合わせの場所でスクーターを停め、友人を待つ。

待ち合わせの場所に到着し、友人の到着を待つ。1年ぶりの再会、少しドキドキしながら待っていると、やがて白いスクーターが近付いてきた。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/423-d04ba7c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT