PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」

110728-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


2011年7月7日(木)

朝4時30分頃携帯のアラームが鳴り、普段ならあまり起きることのない時間でも、旅行中ならではの目覚めの良さでむくむくっと起きた。昨日寝たのは1時半頃だったけれど、睡眠不足による体のだるさはない。@way The Taiwan Road.は台北から始まり南下して現在台中にいるが、今日はさらに南の高雄に向かう。

僕が寝させてもらっている相方宅の部屋は3階で、1階に降りると相方母にまず挨拶。相方母のお仕事は朝が早く、出勤するついでに僕らを台中駅まで送ってくれるとのこと。台中駅から高速バスに乗って高雄まで向かう予定だ。やがて相方も2階の部屋から降りてきた。眠そうな顔をしている。

5時過ぎに相方宅を出発。空が橙色に染まっている。丁度日が昇ろうとしているようだ。

110728-2.jpg
車で台中駅まで送ってもらう。

110728-3.jpg台中駅の近くまで来たところで車は停まった。麺の店に寄り、朝ご飯をまず食べようってことでお店の前で降ろしてもらった。相方と僕は車から降り、相方母は仕事場に向かった。送っていただきありがとうございます。

麺の店に到着したのは5時10分頃。そんな早朝でも店は開いていて、お客さんもすでにいた。とにかく台湾は朝ご飯のお店が多く、そして朝早くから営業している。後から写真を見て分かったことが、この麺の店の営業開始時刻は4時半だった。は、はやい。

店内の席に腰掛け、相方がオーダー表を持ってきて早速注文する麺とスープを選ぶ。やがてそれをお店のおばちゃんに渡し、5分ほどで注文した麺とスープが運ばれてきた。

110728-4.jpg
朝ご飯の麺と豆腐スープ

普段の朝ご飯は少量のわりに、旅先では朝からお腹が空いているから不思議だ。この時も既にお腹が空いていて、朝からこのセットは最高だった。辛い調味料を麺にのせ、いただきまーす!う、うまい。

110728-5.jpg

美味しく麺とスープをいただき今日のエネルギー充填完了。ここから台中駅まで歩いて10分ぐらい。高雄行きの高速バスは6時半頃出発なので、まだまだ時間はある。ついつい道端に魅力的な二輪車が停まっていると、見とれてしまう。朝は特に、荷台に何かを積載した産業的な二輪が走り回っている。

110728-6.jpg
日が昇って来た。今日は良い天気になりそうだ。同時に暑くなるだろう。

台中の朝の雰囲気を満喫しながら台中駅に向かって歩く。途中で狭い道に入りしばらく歩くと、線路が見えてきた。その下を潜る地下道を通り、線路の反対側にある台中駅に行くことができるのだが、何やら地下道入り口の横に…倉庫?いや…貨物駅のような施設があり…あ、あれは!

110728-7.jpg 110728-8.jpg
(左)地下道横にあった倉庫のような施設。(右)その施設は貨物駅のよう。…ん?

110728-9.jpg
わ、わわわわ!は、ははははは半キャブ!

その昔、鉄道の中でも特に産業用軌道や小さな機関車がお好みだった僕にとって、この運転席部分が左右非対称の通称「半キャブ」(キャブとは「キャビン(cabin)」の略で、運転室のこと。)は憧れの存在。日本でもちらほら現役がいるらしいけど、本物を見るのは初めて。

相方はこの旅一番の僕のテンションの上がり様に苦笑いしていた。いやでもこれは…何という素敵な朝の出会い。は、鼻血が…。昔は「入換機」や「スイッチャー」、「半キャブ」なんて言葉に憧れていたけれど、久しぶりにあの頃の「そういう鉄道が好きやねん魂」が蘇った気がする。

110728-10.jpg
半キャブを不思議そうに見つめる相方。機関車は本当に小さい。

興奮しつつも若干不安で、なぜならここに入っていいのかということが不安だったからだ。相方に聞くと、「いいよー」の一言。いいのかよ!って感じだけど、不安よりも興奮が勝った。ああー、魅力的すぎる。ちなみにこの貨物駅付近はこの辺りの中学生のデートコース(?)らしい。多分人が少ないからだろうけど、貨物駅、ましてや半キャブが鎮座している場所をデートコースにするなんて、そんな贅沢を許してしまっていいのだろうか。半キャブに目が行って、デートどころではなくなってしまう。

110728-11.jpg
わわわわ、少し離れた場所にもう一台留置されてた!

110728-12.jpg

昭和色の風景に憧れていて、とりわけその時代の鉄道風景や街の雰囲気、産業的な二輪が走り回る姿は是非この目で見たかったと思う。実際にその景色を見たことはないけれど、そんな風景が今目の前に広がっている。僕が見てみたい景色は、世界のどこかに存在している。世界をもっと見てみたいと、この時は本当に感じた。

110728-13.jpg 110728-14.jpg
(左)まさか相方と半キャブが一緒に写りこむ写真を撮る日が来ようとは…
(右)半キャブのいる場所から台中駅の構内が見える。黄色い作業車、さらに黒い有蓋車…。すごすぎる。

110728-15.jpg
台中駅

朝から素晴らしい出会いがあり、ほくほく気分で倉庫横の地下道を進む。ありがとう半キャブ。また来ます!線路下を潜る地下道を抜けると、台中駅前に出た。台中駅の駅舎がかっこよすぎる。

台中駅に来たものの、今日は鉄道を利用するのではなく、駅前のバス乗り場から高雄行きの高速バスに乗る。バスの時間までもう少しあるので、台中駅のセブンイレブンでコーヒーを購入。その後駅前の横断歩道を渡り、交差点の向こうにあるバス乗り場へ向かった。

110728-16.jpg 110728-17.jpg
(左)台中駅のセブンイレブンへ寄る。(右)台中駅前の様子。

110728-18.jpg
交差点で見かけたスクーター。牽引している荷物が魅力的。

110728-19.jpg 110728-20.jpg
(左)高雄行きのバスのチケットを買う相方。(右)購入したバスのチケット。

110728-21.jpgセブンイレブンでコーヒーを買い、駅前の横断歩道を渡るとバス乗り場がある。そこに行くまでに何かの荷物を牽引しているスクーターを見かけた。その牽引している姿が堪らない。

バス乗り場にチケット売り場があり、そこで高雄行きのチケットを2枚購入。チケットを購入し、乗り場のベンチに腰掛けバスを待つ。すでに夏休みシーズンらしく、僕らと同じように南へ向かう人を何人か見かけた。あと、「神様」を持つ人も。「神様」を持つ、ってことが良く分からないけれど、確かに目の前に「神様」っぽい置き物を持つ人がバスを待っている。神様も、そのように物理的に「帰る」日などがあるようだ。相方の話によると、バスの車内全て神様が座り、運転されるバスも存在しているようだ。

そんな、ちょっとしたびっくり話を聞いていると、高雄行きのバスがやってきた。高雄まで約3時間ほど。旅は、台湾南部編へと突入する。この旅一番の、感動の景色に出会うことをまだ知らず、僕らは台中を出発する。

110728-22.jpg
高雄へ向けて、出発!


| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/426-4f1d2343

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。