PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」

110802-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110802-2.jpg
台湾糖業博物館

やって来たのは台湾糖業博物館という場所。施設入口近くの駐輪場におれんじを停め、博物館の敷地内へ入る。入口にあった廃線跡は一体…?先ほど見た廃線跡に興奮しながら進んでいくと、ここにはそれを上回る興奮が待っていた。

110802-3.jpg

博物館の敷地内はさらに多くの線路が存在し、魅力的な機関車や貨車が置かれていた。そう、台湾糖業博物館は操業停止した砂糖工場を活かした観光スポットで、工場や砂糖を運んでいた鉄道がそのまま残されている。今日は産業的な鉄道の興奮が冷めやらぬ一日だ。台中駅で半キャブ、高雄で砂糖列車…。そしてここには、多くの砂糖を運んでいた鉄道が残されている。機関車それぞれの詳しい概要は分からないけれど、写真でその魅力を伝えられれば。

110802-4.jpg
849号機

まず最初に目に飛び込んできたのが、この849号機。様々な種類の貨車を連結し、暑い夏の日差しを浴びていた。ヘッドライトの2灯っぷりがかわいい。ちなみに車両のサイドに「HITACHI」と書かれたプレートがあった。

110802-5.jpg
920号機

つづいてこちらは920号機。部品取り用の車両なのか、所々パーツが欠けている。それに加え、傷みが激しい。

110802-6.jpg
920号機のサイドビュー。このL型機関車…ほ、惚れる。

110802-7.jpg

敷地内には車庫なんかも残されていて、線路の配置も興味深いところ。木も多く軽く森みたいになっていて、蚊も多い。この旅一番と言っても過言ではないほど刺されたけれど、それよりも興奮が勝る。あぁ、なんて興味深い博物館なんだ。

110802-8.jpg
906号機と943?号機の背中合わせ

この機関車と機関車の「背中合わせ」的な連結は見もの。すぐ横に木が生えていて、機関車に覆いかぶさるように枝を生やしているのにも注目。手前が906号機で、後ろが943?号機。?というのは、写真を見て番号を確認して少し番号が見難かったため。906号機はエンジンをごっそり持っていかれている。

110802-9.jpg
そんな背中合わせの機関車に連結されていた貨車。どのように使われていたのか、興味深い。

110802-11.jpg
車庫

110802-25.jpg 110802-26.jpg
(左)内部が丸見えの機関車。(右)タンク車?「糖蜜車」というらしい。

車庫には様々な機関車や車両が置かれていた。一応展示場として公開されていて、機関車の内部が分かるようにしてあったり、「糖蜜車」というタンク車?も置かれていた。

110802-13.jpg
目を引いた車庫内の看板。「危険」の方が危険過ぎて面白い。


110802-12.jpg
ナンバー不明機と950号機

車庫前にはナンバー不明機(手前)と、950号機(後)が置かれていた。ナンバー不明機には銘板が付いていない故ナンバー不明。

110802-14.jpg
一体何台機関車は保存されているのか?
それは分からないけれど、様々な場所に、様々な状態の機関車が留置されている。

110802-17.jpg

木漏れ日を浴びる鄙びたレールは、非常に哀愁を感じる。そこに、「だるま転轍機」と来ればもう鼻血モノで。相方にその「魅力」をあまり伝えることができなかったけれど…。少しばかりだるま転轍機を動かしてみた。途中で引っかかって、どうしても最後まで動かすことはできなかった。

110802-16.jpg

辺りにはマンゴーの木もあり、マンゴーも実っていた。実るマンゴーめがけて石を投げるお姉ちゃん、を見つめる女の子。

やけに目に焼き付いている光景。

110802-18.jpg

少し開けた場所に来た。ここらの線路は砂糖工場へと続く本線のようで、博物館でもメインの線路のよう。整備された機関車や貨車が留置されている。

110802-23.jpg

遠足か、あるいは社会見学のようなかたちで、ここに来ている子供や保護者を多く見かけた。相方によると、皆暑い暑いと文句を言っていたらしい。たしかに、「とても」より「クソ」が付くほど暑い。ちなみに、ツアーの団体客なんかは全く見かけず、海外からはるばる機関車を見に来ているのは僕ぐらいだった。

110802-19.jpg

この辺りの機関車はキャブに乗り込めるらしく、折角なので乗りこんでみた。後ろの貨車から写真を撮る相方。暑い中、ここへ案内してくれてありがとう。機関車を見て興奮しまくる僕でごめんなさい。

運転席に座ってやってみたくなるのが「指差確認」。うーむ、ついついやってしまった。これも人情というもの。

110802-21.jpg
キャブの内部。メーター類の配置具合が魅力的すぎる。

110802-22.jpg
キャブからの眺め。窓を開けて、レールの上をトコトコと走った時に受ける風とは、どんな心地なのだろう。

妄想膨らむキャブの中。

110802-20.jpg
キャブ内にて妄想運転中の僕。

110802-24.jpg
353号機 蒸気機関車

敷地内には小さな蒸気機関車も。先ほど台糖高雄花卉農園センターで見た小さな蒸気機関車と似ているようで似ていない。けれども、かつてはここで砂糖やサトウキビを引いていたのだろう。んー、現役の姿を見てみたい。

ここで少し休憩。近くの木々の下では、遠足か何かで来ていた子供たちが休憩していた。何やら列に並んでピザを順番にもらっている。「俺らも列に並んでピザ貰いに行こうか?多分バレないよ」と言うと、「いや、絶対バレるから」と相方に一蹴された。

110802-27.jpg 110802-28.jpg
(左)蒸気機関車の横で休憩。(右)遠足で来ていた子供たちも休憩かな。

110802-29.jpg

ここらで記念撮影を。暑い中走りまわったので、これまで興奮していて気付かなかった「暑さ」のダメージが一気に来た。何か冷たいものを…ってことでアイスを買いに行くことに。

110802-30.jpg 110802-31.jpg
アイスや飲み物を売る売店へ。子供たちで賑わっていた

アイスを買いに売店へ行くと、子供たちで賑わっていた。オススメのアイスを相方に選んでもらい、あと水も持ってレジへ。並んでいる途中、子供に割り込まれたような気がするけど、気のせいだろう。

110802-32.jpg
購入したアイスと水

いやー、やはり暑い時は水分補給が大切ですね。あと、アイスも冷たくておいしい。アイスの味は今までに食べたことのない味。大人のアイスって感じ(甘さがね)。

110802-33.jpg

アイスを食べ水を飲み、少し休憩してから糖業博物館の資料館を見学。資料館の入口には犬がスヤスヤと眠っていた。

110802-34.jpg

砂糖工場を見に。ここで急にお腹が痛くなってきた。相方にティッシュを借りてトイレへ。トイレで「うーん」としている最中、外から相方が「大丈夫ー?」と聞いてくる。大丈夫ですよー。何度もお腹壊してすみません。

110802-35.jpg

というわけで、興奮しまくりの台湾糖業博物館の見学を終え、再び入口近くに止めてあるおれんじの元へ。いやー、本当に良い目の保養になりました。

さて、次なる目的地へ向かう準備だ整ったので、おれんじに跨り走り始める。行きと同じように踏切跡を渡り、僕らは再び高雄の道路を駆け抜ける。次なる目的地は、相方の大学。

110802-10.jpg
台湾糖業博物館。産業的な軌道好きにはたまらない場所…でした。


| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/430-c50440c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT