PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」

110806-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110806-2.jpg 110806-3.jpg
(左)相方の大学入口。(右)校内の道路を進む。

感動の連続だった台湾糖業博物館を後にし、おれんじに跨り次なる目的地へ向かう。博物館から10分ほど走ったところに相方の大学があり、次の目的地はそこだ。おれんじに跨る前から薄々気づいてはいたけれど、どうも頭が痛い。博物館での砂糖を運んでいた鉄道に興奮しっ放しで炎天下の中撮影に励んでいたけれど、少し熱中症のような症状だ。とはいっても意識が朦朧として今にもぶっ倒れる…なんてことはないので、水分補給をして大学へ向かう。大学は高雄の街から少し離れた田舎の方にあり、大学まで向かう道中は本当に青空が似合う田舎景色が続いていた。やがて、大学の正面玄関が見えてきた。

110806-4.jpg大学の正面玄関に聞いたことのある大学名が書かれていて、その正面玄関に入り校内の道路をブーンと走る。道の両端に木々が立ち並び、非常に涼しげな道。そんな道を進んでいくと、やがて駐輪場が見えてきた。

駐輪場の黄色い自転車が2台並んでいる横のスペースにおれんじを停め、ヘルメットを脱ぐ。いやー、ホント暑い。荷物を整え、相方は「これに乗って」と、おれんじの隣に停めてある自転車を指差した。この黄色い自転車は校内の移動用自転車で、広い校内の移動を楽にする学生のための自転車だ。都合良く2台の自転車が停まっているなんて運が良い。早速これに乗り、校内のある場所へ向かう。

ある場所への入口はすぐに着いた。建物の入口に自転車2台停め、建物の中に入り階段を上る。目的地は3階で、そこまで。3階に着き少し歩くと、目的の場所に到着した。ここは事務所だ。

110806-5.jpg 110806-6.jpg
(左)事務所に用意されていた食べ物。(右)いただいた「メロディーのお茶」。

事務所に入ると数人の職員さんがいて、その中に知っている顔が2人いた。かつて相方はこの事務所でバイトをしており、そこでのエピソードをよく話してもらったわけなのだけど、僕が高雄まで来たついでにわざわざ連れてきてもらった。数人の職員さんのうち2人は昨年の夏、日本に旅行しに来た際にお会いしたことがある。あの時と変わらぬお二人に挨拶しその他の職員さんにも迎え入れてもらった。早速「食べて食べて」とお昼ごはんをいただくことに。もうホント、ありがとうございます。

事務所内の、さらに奥にある偉い人の部屋(?)に僕らは荷物を置かせてもらい、ご飯をいただく。おつまみに良さそうな骨のやつとか、餃子のスープとか、炒飯とか…。こんなにいただいていいんですか?という感じだけど、ありがたくいただいた。事務所内はとても涼しく、さっきまでの頭痛も治った。「メロディーのお茶」という飲み物も美味しかった。もらってばかりなので、僕も何か…ということで、日本から持ってきたお土産を職員さんに渡した。

110806-7.jpg 110806-8.jpg
(左)お土産の便秘薬。(右)体育の先生からいただいた中華民国100年記念のマグネット。

お土産というより頼まれ物なのだけど、日本で買ってきた便秘薬「ビューラック」を職員さんに渡した。昨年の夏、職員さんが日本に来た時にたまたま買ったこの「ビューラック」が想像を超える効果を発揮し、事前に買ってきてくれーと頼まれていたものだ。職員さんに渡すと、大爆笑。いやー、喜んでもらえてうれしいです。渡した後は記念撮影。職員さんと一緒に、ビューラックを持って。

相方の話によると、学内のバイトでここの事務所の仕事が一番キツイらしい。けれど、ここで働く人達の雰囲気は他に比べ良く、相方は楽しく働いていたとか。そういう話は、実際にここに来てみて本当だと分かったし、短い時間だってけどここに来れて本当に楽しかった。めちゃくちゃ顔の小さい体育の先生からは中華民国100年記念のマグネットまでいただいた。

そんなわけで、そろそろ事務所を出ることに。お礼を言い、事務所を出た。外は暑い。

110806-9.jpg
事務所を出ておれんじの元へ。校内は本当に広い。

110806-10.jpg
校内にはいくつかモニュメントが存在する。これもその1つで、ここの大学の名物らしい。

110806-11.jpg
歩いている途中で自転車を発見。自転車に跨り、おれんじの元へ。

110806-12.jpg 110806-13.jpg
(左)自転車を停め、おれんじに乗る。(右)いざ、高雄市内観光へ。

自転車でおれんじを停めてある駐輪場まで帰ってきて、適当な場所に自転車を停めた。校内を自由に走り回れるこの自転車は、どこで降りてもいいらしい。出発準備を整え、おれんじのスロットルを回した。

大学校内の道路を抜け、大学の外へ。高雄の田舎景色は気持ちが良い。日本の道路に比べ、台湾の道路は結構ボコボコしているので、走行中かなり衝撃が伝わってくる。それもまた、旅ならではで。

110806-14.jpg

大学を抜けてしばらく走ると、しだいに高雄の市街地が近づいてきた。先ほどまで辺りは田舎風景だったのが、もう街中に変わっている。普段はチェンジペダル付きのここはる号なので、それがないおれんじの運転は何だか不思議な感じ。

110806-15.jpg

すっかり市街地に入り、高雄の象徴でもある高雄85ビルが見えてきた。ちなみに、今日はそのビルにあるホテルにて宿泊する。バイクの数もすっかり増えてきた。

ブーンと走っていると、相方が右に行ってと指示してきたので右折し、適当な場所におれんじを停めた。

110806-16.jpg
美麗島駅

やってきたのは美麗島という駅。別に電車に乗車するわけでもないのに、なぜ駅に来たのかはすぐに分かった。

110806-17.jpg

美麗島駅構内のこのステンドグラス作品。これがこの駅の名物らしく、相方にこの作品の意味を色々と説明してもらった。極端に観光地化しているわけではないようだけど、記念撮影を行っている人を何人か見かけた。いやー、良いモノ見れました。僕らも三脚を引っ張り出して記念撮影。

その後、構内の記念グッズ販売店を覗いていると、何やら中学生ぐらいの女の子3人が僕らに近づいてきた。相方によると、貧しい子供たちのために、君の持ってるレシートを寄付してくださいとのこと。台湾のレシートは全て番号が刻まれており、それが所謂宝くじのようになっていて当選すればお金をもらうことができるらしい。僕の持っているレシートが当選するかどうかは分からないけど、役に立てば良いなってことで財布に入れていた全てのレシートを彼女たちに渡した。旅の途中で買ったものの記録…として残しておきたい気持ちもあったけれど…まぁいいや。

ちょっとした印象深いエピソードが生まれた美麗島駅観光も終了。再び駅の外へ出る。外に出てから気付いたのだけど、駅舎もお洒落でセンスが良い。ガラス張りの構造になっている。相方の話によると、このガラス張りの駅舎が完成した当時は、近隣のビルの住民から苦情が多く寄せられたそうだ。ガラスに太陽光が反射し、眩しいやんけ!と。その後どう対処したかは知らない。

110806-18.jpg

再び高雄の市街地を駆け抜ける。ここらで再び頭痛がひどくなってきたので、どこかで休憩することに。ブーンと走っているとモスバーガーが見えたので、お店の前におれんじを停め、店内に入った。

110806-19.jpg 110806-20.jpg
(左)モスに到着。(右)少しお腹が空いていたので、ナゲットとナンを購入。

店内に入ると、店の奥がやたらと騒がしいことに気付いた。中学生か高校生くらいの男女が20人ぐらいで盛り上がっている。相方によれば、これは合コンらしい。テーブルの一番奥に座っているひ弱そうな男の子が、会話に全く入れずただ笑っているだけの姿が、やけに印象に残っている。

まぁそんなことはどうでもよく、少し小腹が空いていたので僕はナゲット、相方はナンを買ってたべることに。あと紅茶も。ナゲットうまいよ、辛いソースとよく合うよ。相方はナンをすごく食べづらそうに食べていた。

食後はこれまでの旅の記録を少しメモして、5分ぐらい寝た。朝早かったからなぁ。短時間ながらも、モスでの睡眠時間が功を奏し、かなり体調が回復した。トイレで顔を洗って、さぁ、次の目的地へ行こう。

110806-21.jpg
気が付けば、西日が眩しい時間に。眩しい~!と言いながらブーンとおれんじで駆け抜ける。

110806-22.jpg
走って走って…

110806-23.jpg
走って走って…

110806-24.jpg

辿り着いたのは、街の外れにあるとある倉庫。何やらちょっとした観光地や市民の憩いの場のようになっている。ここは一体…?

110806-25.jpg

ここはかつて貨物列車が走っており、その廃線跡を活用した歩道になっていた。倉庫も鉄道時代のもので、今は芸術作品の展示場などに活用されていた。歩道をよく見てみると、レールが残されていることが分かる。

110806-26.jpg
このスポットへの入口は踏切後。レールがはっきりと残されている。良い雰囲気です。

110806-27.jpg
不思議な人形が歩道沿いに展示してあった。色とりどりで面白い。

110806-28.jpg
倉庫跡もフル活用。お化け屋敷に改良されている倉庫もあった。

110806-29.jpg
歩道からは所々路地裏へ通じる道もある。これはこれで、良い雰囲気。

110806-30.jpg
犬も遊歩道を散歩。多くの人が、午後を楽しんでいるように感じた。


廃線跡と倉庫を活かした遊歩道を楽しみ、次なる目的地へ向かうべくおれんじの元へ。どんどん西日が眩しくなっていく。

110806-31.jpg
おれんじの元へ。さぁ、次の目的地へ行こう。

110806-32.jpg
走って走って…

110806-33.jpg
狭い生活道を抜けて…

110806-34.jpg
武徳殿

武徳殿という場所に到着。台湾における剣道発祥の地であるとか。相方が旅程の目的地に数えていたほどなので、観光地として賑わっているようなイメージを抱いていただけに、先ほど抜けてきた狭い生活道の道沿いにあり、町中に溶け込む普通の道場という雰囲気が意外だった。

残念ながら道場は開いていなかった。外から少しだけ道場内を覗いて、上座に掲げられた武徳殿という文字を見て満足。ここでトイレも借りた。用を足している途中、係のおじさんにトイレを閉められそうになって焦った。トイレから出ておれんじの元に向かう途中、道着を着て防具を担いだ人を何人か見かけた。これから練習が始まるのだろうか。帰り際に、餌を巡ってケンカする2匹の子猫がいた。

次の目的地は夕日を拝める有名スポット。日暮れも近いので、急いでオレンジの元へ。ブーンブブブと走りだした。

110806-35.jpg

おれんじでブーンと走っていた途中、反対車線で見かけたガス屋さんのバイク。あまりに魅力的過ぎて、一旦通り過ぎた道を引き返した。これはやばい。魅力的すぎる。

110806-36.jpg
市街地を抜け、海沿いまでやって来た。僕らと同じように夕日を拝もうと、観光バスが多く走っている。相方によると、大半は中国人らしい。

110806-37.jpg
日がもうすぐ沈む…。

110806-38.jpg
海沿いの適当な場所におれんじを停める。


110806-39.jpg 110806-40.jpg
(左)海を眺め、ちょっと一息。(右)港から大きな船が出てきた。

僕らがやってきたすぐ近くに英国領事館があり、高台にあるそこは夕日を眺める最高のスポットになっている。が、あまりの観光客の多さにそこに行くのが少し億劫だったのと、道路沿いでも十分夕日が見れるので、もうここで見ようか?みたいな空気になってきた。

まぁーでもやっぱり、折角やって来たのだから高台まで行くことにした。道路沿いに停めていたおれんじを領事館の入口付近にある駐輪場へ停め、いざ高台の領事館へ。

いずれにせよ、潮風が気持ち良い。海を眺めていると、大きな船が出港してきた。

110806-41.jpg

領事館のある高台へ向かうため、きつい坂を上る。上っていたら、上から子供たちが叫びながら駆け下ってきた。これから上で夕日を見る方がキレイだよー?

ツアーの行程でここで夕日を見ることが入れられているのか、観光客が本当に多い。高台に着くと多くの人で賑わっていた。屋台なんかも出ていて、想像以上の賑わいようだ。どこで夕日を眺めようか?と場所を探していると、朝高雄駅前で会った相方の友人2人を発見。この二人とは今日同じホテルに宿泊し、明日は共に旅を満喫する予定。

そんなわけで4人で夕日を観賞することに。空は次第に朱色に染まり始めた。

110806-42.jpg
英国領事館からの夕日

4人とも終始うぉー!と言っていたような気がする。そのぐらい美しい夕日だった。蚊に刺されまくった気がするけど、まぁ気にしない。

110806-43.jpg
やがて、日は完全に沈んだ。まだ、遠い空の向こうはオレンジ。

110806-44.jpg
相方の友人2人は、麺スープを食べながら夕日を楽しんでいた。僕も少し分けてもらったり。

陽が沈むと観光客は一気に帰りだし、一気に英国領事館は静かになった。相方によると、英国領事館は陽が暮れた後が本当に見物だという。一旦友人たちと別れて、僕らは英国領事館観光へ。

110806-45.jpg
海とは反対側の高雄の街並み。もっと暗くなれば、夜景が美しいという。

110806-46.jpg
煉瓦造りが良い雰囲気。陽が沈んだ後の、紫色の空が堪らない。

110806-47.jpg
右側の建築物の上の物体が「ヤクルト」みたい。と言ったら、相方に苦笑いされた。

110806-48.jpg
英国領事館とあって、建築様式が英国風味…なのかは分からないけれど、とにかく美しい。

110806-49.jpg 110806-50.jpg
(左)領事館内で会談する英国人と台湾人。の模型。(右)夜景に変わろうとする高雄の街並み。

領事館内も見て回った。館内は資料館のようになっていて、英国人と台湾人の会談の様子の模型もあった。これがリアルでリアルで。部屋に入ると突然会談していたので、本気でびっくりした。見物です。

トイレに行きたくなったので、相方にトイレを聞くと女子トイレを案内された。間違って入りそうになり危なかったけど、寸前のところで気付き、相方に突っ込みを入れて男子トイレへ。用を済ませ、相方の元に向かう。

煉瓦づくりのベランダのような場所からは、さっきまで眺めていた海が見える。陽は沈んだものの、相変わらず海の向こうは朱色と紫色が混ざっていて美しい。2人で記念撮影を撮っていると、子供を連れた立派なカメラを持つお母さんがやってきた。その場所を子供とお母さんに譲ると、ありがとうと笑顔で返された。相方は少しそのお母さんと喋っていたみたい。ベランダによじ登っていた子供を、相方が落ちないように支えていた姿が印象的だった。

それを、父親のように見つめる僕。ふふふ…ってアホか、俺は。

110806-51.jpg

領事館を出て、相方の友人2人と再び合流。ここで、領事館の外に占いの機械があったので、3人の勧めもあり僕は運試しに挑戦してみることに。10元入れると奇妙な音楽とともに機械の手前にいた神主風味な人形が動きだし、機械奥の神社風味の模型から番号が書かれた物体を持って再び手前まで移動してきた。やがて移動しきった人形はその番号が書かれた物体を手放し、コロンと手放したので、僕はそれを受け取った。

その物体に刻まれた番号を見て、機械横に備え付けられた本のその番号と同じページを見て占いの結果を知る仕組み。僕の引いた番号と同じページを発見。そこには、

仕事ではあまり上手くいかないでしょう。がんばれ。

と書かれていた。

110806-52.jpg 110806-53.jpg
(左)南国の木が日没後の空に映える領事館。(右)おれんじの元へ。ここからホテルに向かう。

占いも楽しみ、英国領事館観光終了。行きとは逆で、急な坂道を下る。下っている途中、ワゴン車がエンジンを唸らせながら駆け上ってきた。本当に急な坂道なので、車が駆け上る姿に驚いた。

領事館入口付近に停めておいたおれんじの元へ行き、ここからはホテルへ向かう。相方の友人2人はすでにホテルへ荷物を置いており、高雄市内を観光しに行くとのこと。僕らも荷物を置き、夜市でも観光しに行こう。そんなわけで、陽が完全に沈んだ海沿いの道路を走りはじめる。おれんじで走りまわった一日も、まもなく終わろうとしていた。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/433-4b7a75cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT