PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」

110810-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110810-2.jpg英国領事館で夕日を堪能し、すっかり日が暮れた高雄の街をおれんじで駆け抜ける。英国領事館前の海沿いの道路から、街中へと続く道路をブーンと走り、やがて高雄85ビルに辿り着いた。

今日宿泊するホテルはこのビルに入っており、ひとまず荷物を置くためオレンジをホテル前に停めてチェックイン。今夜は相方の友人二人とも一緒に宿泊する。そんな二人はすでに荷物を置いて夜市を観光している、と連絡があったらしく、僕らも荷物を置きにフロントで鍵を受け取り部屋へ向かう。少し迷いながら部屋に到着し、鍵を開けるとどうも友人たちの荷物が全く見当たらない。相方と、本当にこの部屋なのかなー?と少し不安になりながらも、部屋の番号は合っているはずだし…ってことで、僕らも友人たちのいる夜市へと向かうことに。結局部屋はここで間違えなく、友人たちの荷物も棚に仕舞い込んであった。

110810-3.jpg
高雄の夜を駆け抜ける。目指すは、夜市。

110810-4.jpg
昼間にやってきた美麗島駅の横を通って…

110810-5.jpg
瑞豊夜市

やたらとガヤガヤしている交差点があるなぁと思ったら、ここが瑞豊夜市。交差点の向こう側に夜市があり、多くの人で賑わっている。すげー。

110810-6.jpg

台湾の夜。そこに存在する夜市の賑わいぶりは、一生忘れられないだろうな。本当に賑わっていて、毎日毎日がお祭りのよう。そんなわけで、瑞豊夜市の観光開始。

110810-7.jpg

夜市にはたくさんのお店が並ぶ。食べ物だけでなく、服や雑貨、眼鏡、様々なゲームのお店等など。とにかく今はお腹がペコペコなので、何を食べようかーと悩みながら歩く。歩いているだけでも、楽しすぎる。

マジに悩みながら歩いていると、先に来ていた相方の友人二人と遭遇。二人はお店のテーブル席(夜市にはテーブル席を用意している店もあり、その店で商品を買えばそのテーブル席で食べることができる。勝手に座ってはダメみたい。)で何かを食べていて、僕にその何かを分けてくれた。相方は何かの血の塊だと言っていた。うーん、何だろうこれは。

110810-8.jpg 110810-9.jpg
(左)賑わう瑞豐夜市。(右)友人にもらった謎の食べ物。

再び友人たちの別れて、僕らも食べ物を調達に。相方が「あ、あれ食べないと!」と、あるお店を指差した。そこには「臭豆腐」と書かれている。そういえば、事前に相方の夜市オススメの一品として「臭豆腐」は聞いていて、「臭いけどおいしい」という特徴を持つその料理に興味を持っていた。それでは、そいつをいただきましょう。

110810-10.jpg
相方の夜市オススメの一品「臭豆腐」

臭豆腐のお店だけでもいくつかあり、一番テーブル席の多いお店を選び、注文して席についた。そのお店は中々の盛況っぷりで、臭豆腐が運ばれてくるまで少し時間がかかった。その分臭豆腐が運ばれてきた時の感動は大きかった。ちなみに臭豆腐は40元だ。

臭豆腐は、その名の通り特徴的な臭いがする。そこまで「く、くさすぎる」というわけではないけれど、やっぱり臭い。日本でいう納豆のようなもの…なのかな。というわけでいただきます。…ってめっちゃ美味しい!なんじゃこりゃぁ!豆腐と一緒に漬物が添えられていて、それを豆腐の中に押し込んで食べるとなお美味しく、さらにテーブルに用意されている辛い調味料もつけるともっと美味しくなる。あー、これは美味しいわ。豆腐だと考え少し甘くみていました。ごめんなさい。

二人で一皿食べたのだけど、一皿のボリュームが意外とあり、思った以上にお腹が膨らんだ。ここでコンデジLX5の電池が切れ、少し嵩張るけどGF1で撮影を。多少お腹は膨らんだものの、もっともっと夜市を満喫しなければ。

110810-11.jpg

つづいて焼き鳥のお店へ。お店で焼いている肉があまりにも美味しそうで、2種類のものを注文。焼きあがるまで少し時間がかかるとのことなので、その間に他のお店を回ることに。

110810-12.jpg
焼き鳥を焼くおじさん。

110810-14.jpg

焼き鳥を注文した後、相方オススメのスイカジュースを買って、飲みながらお店を回る。このスイカジュース、すっきりしていて美味しい。ホント、スイカをそのままジュースにしました!という味。

110810-15.jpg

夜市に行く度に驚いているわけだけど、本当に様々な種類のお店が並んでいる。雑貨のお店も多くあり、お土産を買うには丁度良いかも。僕も姉貴に何か買おうかなと考えたけれど、またお土産を買う機会はたくさんあるので今日は我慢。まぁー、本当に悩みまくるぐらいのお店が並んでいて、鞄のお店では「どこかで見たことがあるようなブランド」の鞄も売られている。

110810-16.jpg

というわけで再び焼き鳥屋さんへ。お店の前で子供がじーっと肉を見つめている姿が印象的だった。お店に行って少し待つと、僕らが注文した肉を渡してくれた。代金を払い、食べましょう食べましょう。

110810-17.jpg

これも、臭豆腐に続いて美味しい!ネギと肉のやつがうまいようまい。ビールがほしいだなんて、言うまでもない。けれども、夜市自体ではあまりビールが売っていない。その理由はいくつかあるらしいけれど、コンビニには普通に売っている。これだけビールと合うメニューが並んでいるにも関わらず、ビールと一緒に食べている人はほとんで見かけない。それも色々と理由があるらしい。

110810-18.jpg
夜市食べ歩きツアー。次は何を食べようか。

110810-20.jpg

こういったお店も。輪投げ形式で商品をゲットするゲーム。段に商品が置かれていて、その裏には大量の輪が落ちていた。その光景がやけに印象的だった。

110810-21.jpg

次にやってきた食べ物のお店はソーセージのお店。ソーセージの間に生姜を挟んで食べる。写真のピンクの帽子を被ったおばちゃんがつくっているのがそれ。これもまた美味しい。先ほどの焼き鳥もそうだったけれど、中々の脂っこさ。それも、台湾料理の特徴の1つかな。

110810-22.jpg
そろそろ食べ歩きに満足してきたので、最後に台北の夜市でも買った鹽水雞を買い…

110810-23.jpg
唐揚げも買って…

110810-24.jpg
最後に魅力的な二輪を見て瑞豊夜市食べ歩きツアー終了。

鹽水雞と唐揚げはこれから向かう夜景コースにてビールと一緒に食べる予定。というわけで、おれんじの元へ向かい、その夜景コースへ向けて走り出す。

途中でファミマに寄って、ビールとチューハイを購入。ビールは「台湾啤酒(台湾ビール)」で、チューハイは日本の「ほろよい(アイスティーサワー)」。日本のチューハイが普通に売られているのに驚いたし、チューハイだけでなくビールも日本のものがちょこちょこ売られていた。日本で海外のビールといえばハイネケンやバドワイザー、ギネス、コロナ…などが挙げられるけれど、台湾で海外のビールと言えば日本のものも当然含まれている。そこに「本格」や「麦とホップ」のような第三のビールも普通に並んでいたのが不思議な感じだった。

110810-25.jpg
新光碼頭

海の近くにあり、少し街の外れに新光碼頭という夜景コースがある。そこへおれんじでやって来た。ここも夕方に訪れた廃線跡を活用した歩道のように、かつては港の施設だった場所を活用した夜景コースになっている。

夜景コースはお洒落な音楽な流れ、ウッドデッキ的な遊歩道が整備されていて非常に良い雰囲気。海が近いこともあり、潮風の香りもまた心地が良い。

110810-26.jpg

そんなお洒落な空間で乾杯を。鹽水雞、唐揚げ、そしてビール。この組み合わせは、すごい。鹽水雞は前食べたものよりも辛くて、その辛さを抑えるためにほろよいが活躍。2本じゃ足りなかったなぁ。

110810-27.jpg
夜景コースで乾杯。良い雰囲気だった。

飲み終えたら急に眠くなってきて、相方に「少し寝ていい?」と聞くとうんと言ってくれたので、寝た。仰向けに寝ると、少し星が見えていて、けれどもすぐに瞼を閉じた。少しばかり寝て、ホテルに向かう。

夜景コース近くのおれんじの元に向かい、エンジンをかけて出発。ブーンと走り出し、カーブを曲がろうとした次の瞬間、突然「ガッ!」と引っかかる感じになって転倒しそうになった。どうやらサイドスタンドを出しっ放しにして走っていたみたいで、ホント危なかった。相方共々泣きそうになって、一気に眠気も吹き飛んだ。び、びっくりした…。

ホテルに着くと既に友人二人は帰ってきていた。順番にシャワーを浴び、僕は気が付いたら眠り始めていた。途中相方の友人と何かを喋ったように記憶しているけど、あまり覚えていない。

長くて楽し過ぎた一日が、終わる。

110810-28.jpg
気が付いたら寝てた。つ、つかれた。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/436-433be864

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT