PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」

110817-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110817-2.jpg

スクーターで気持ちの良い道路をビューンと駆け抜けていると、次第に海が見えてきた。やがてビーチの入口に到着するとそこにスクーターを停め、砂浜へ。この夏最初の海を、これから楽しんできます。

110817-3.jpg

ビーチは中々の盛況ぶりで、多くの若者が戯れていた。僕らもそのうちの一人となる。ビーチには貸しパラソルがあり、バイトの男の子たちに「パラソル借りない?」と聞かれたけれど、とりあえず断った。適当な場所に荷物を置けばいいじゃん、ってことで(置き引きには要注意だけど)。

砂浜を歩きながら、時折波が打ち寄せてズボンもビシャビシャになった。民宿で濡れる前提の服に着替えておいたので大丈夫。海水は冷たく、そして気持ちいい。適当な場所を見つけて荷物を置こうとしたら、後ろのパラソルにいたおじさんに話しかけられた。なんとおじさんが借りたパラソルを使っていいよとのこと!ありがとうございます、おじさん。ホント謝謝です。

この後チンチンがジェットスキーで引っ張るボートに乗りたいと言い出した。僕もそれに乗じることに。相方とチャォフーは砂浜から見守っといてあげるわとのことなので、僕とチンチンでそのボートに乗ることに。よくよく見たら、海上では悲鳴を上げながらジェットスキーの引くボートに乗る人がたくさんいた。あれかぁ、楽しそう。

110817-4.jpg 110817-5.jpg
(左)バイトの男の子たちに説明を受ける。(右)料金の支払いへ受付へ。

近くにいた「水上活動」のバイトの男の子たちにボートに乗りたいと言うと、様々なボートの種類があり、それぞれの説明を受けた。ボートの種類は大きく分けて「普通」か「危険」。こういう系初心者の僕とチンチンは「普通」を選択した。説明を受け、僕らが乗るボートを選択。その後受付を行き、料金の支払いへ。

受付はビーチから少し離れた、はじめにスクーターを停めた場所の近くにあった。そこまでの案内を大分若そうな男の子に案内してもらった。あまりに若く感じたので年齢を聞いてみると、なんと中学3年生。おほー、若っ!

料金を支払う際、少し値切り交渉。チンチンと相方が尽力してくださったお陰で、日本人割引が適用された(いや、普通にちょっと値段を下げてもらっただけなのだけど…)。料金を支払うと、腕につける輪っかみたいなものを渡された。今回乗るボートは2種類。なので2種類の輪っかをつけ、これがボートに乗る者の証明となるらしい。

110817-6.jpg

その後再びビーチに戻ると、救命具の装着を。使用済みの救命具が無造作に積み上げれているのが印象的だった。僕らが装着するのは一応キレイにされた救命具。チンチンが頭に救命具を被る際、反対に被っていておかしなことになっていた。上の写真はまさに、その反対を直されているチンチンの様子。

110817-7.jpg

救命具を装着し、いざ海へ。カメラは相方に預け、写真を撮ってもらうことに。僕とチンチンは眼鏡だったので、海上遊び中はもちろん外さないといけない。やや視力に不安を感じながらも、僕らは海へと向かう。ここは南シナ海の海。太平洋でも、日本海でも、瀬戸内海でもない。

ボートに乗るまで少し待ってくれと水上活動のおじさんに言われた。おじさんがその辺に転がっていたジェットスキーに跨っていいよと言ってくれたので、記念写真を撮りながら待つことに。

110817-8.jpg
ジェットスキーに跨る僕。このまま海へ出たい。

110817-9.jpg

というわけで、いざ海へ。最初のボートは跨るタイプのもの。ボートの種類は「普通」を選んだので、「普通」に海を楽しめるでしょう。ジェットスキーを運転する大学の後輩に似ている男の子がまた若い子で。さー、南シナ海をゆらゆらと楽しみましょう。ジェットスキーはブーンと動き出した。

ははは、やっぱり「普通」じゃ物足りなかったかな?

…ん?なんだか速くなってき…

とぅわああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!


とりあえず、全然「普通」じゃなく、どっちかと言うと「危険」な感じ。そんじゃ、「危険」だとどんだけだよ!ぐらい「普通」のボートは凄まじかった。途中ジェットスキーの急ハンドルでチンチンは吹っ飛んでいた。

チンチンが海に落ちたので、ジェットスキー運転の男の子が救出に。が、チンチンが重すぎて思うように救出できない。僕も手伝うが、本気で重い。ボートに再度乗り込むのは、つるつる滑って困難だったので、ジェットスキーの方にチンチンを救出。救出しかけて3回ぐらい海に落ちていたけれど、何とか救出完了。続いて2種類目のボートに乗る。

110817-10.jpg

最初のボートと次のボートを交換。男の子は器用にボートの切替を行っていた。ボートの切替が終わり、続いて乗るボートは背もたれがあって普通に座るタイプ。再びブーンとジェットスキーの牽引が始まった。

110817-26.jpg

さっきのボートとは違って、このボートは僕とチンチンが隣り合って乗るボート。このボートも凄まじかった。ボートの揺れでチンチンが四六時中ビチビチと音を立てながら振動している姿がマジで面白かった。僕も叫びながらずっと爆笑していた。

110817-11.jpg

というわけで、無事帰還。フラフラの僕らの姿に相方は笑っていた。

ジェットスキーの引くボート、本当に楽しめた。砂浜を出発して結構沖合まで行ったり、猛スピードで海上を駆け抜けた時に被る波や風が最高に気持ち良かった。また、来よう。チンチンも楽しめたみたい。乗って良かった。

110817-13.jpg 110817-12.jpg
ビーチを満喫し、スクーターの場所へ。次の目的地へ向かう。

ビーチ、そして南シナ海の海を満喫し、次なる目的地へ向かうためスクーターの元へ。昨日着けていたヘルメットはサイズが若干小さく頭が痛かったけれど、今日の赤ヘルはかなり良い感じにフィットしている。ビーチまで来る際に南下してきた道路をさらに南下する。台湾最南端を目指して、僕らは走りだした。

110817-14.jpg
ビューンと駆け抜ける。


110817-15.jpg 110817-16.jpg
(左)台湾最南端のセブンイレブンへ。(右)お菓子とジュースを購入。

ビーチを出発してから走る道路は国道26号線。この道は本当に最高すぎる。直線が多く、カーブもゆるやか。見える風景も海や緑で、この旅の途中に出会ったとある二輪で、いつか駆け走りたいという目標まで生まれた。いつか必ず。

そんな最高の道、国道26号線を走っていると、途中である名所に到着した。休憩も兼ねて、この名所を見学することに。台湾最南端に位置するセブンイレブンでOPENちゃんのお菓子と、ジュースとマンゴー牛乳を購入し、その名所を見ながら小休止を。

110817-17.jpg
船帆石

その名所というのが、この船帆石。少し出っ張っている岩が鼻にも見え、人の横顔に見えるのがこの岩の特徴。道路沿いからこの岩を見ることができ、ちょくちょく写真を撮っている人を何人か見かけた。んー、確かに面白い岩。僕らも記念写真を撮ったりした。

110817-18.jpg
岩を見ながら小休止。ジュースが美味しい。

110817-19.jpg

岩の見学を終え、再び最南端を目指してビューンと駆け抜ける。台湾最南端はすぐそこだ。ビューンと走ると、やがて少し開けた街に出た。

110817-20.jpg少し迷いながら、台湾最南端にある名所「鵝鑾鼻(がんらび)の灯台」の駐車場に到着。スクーターを停め、入場券を買い施設内へ。

少し高台にある台湾最南端「鵝鑾鼻の灯台」を目指して坂道を上る。観光客は結構多い。坂道を上っていると、周辺には南国らしい植物がたくさん植わっていることに気付いた。

坂道をサクサクと上って行くと、眺めの良い場所に出た。これは素晴らしい。

110817-21.jpg
110817-22.jpg
鵝鑾鼻の灯台

ここが台湾最南端。鵝鑾鼻の灯台は最南端の証。ついに辿り着いた。日本から見て台湾は結構南だと感じるのに、その台湾の最南端に来ているから不思議な気分になる。こんな開けた場所に来たら、ジャンプして記念撮影をしなければ!ってことで、相方、チンチン、チャオフーと記念撮影。

110817-23.jpg
記念碑の前でも記念撮影。

記念撮影を終え、高台にある灯台を後にする。途中で僕らと同じように、家族連れが記念写真を撮っていた。お父さんが子供のジャンプ写真を撮ろうとしていたシーンが印象的だ。

坂道を下り、出口へ向かう。途中お土産屋さんの立ち並ぶ道を進み、施設を出た。再びスクーターに跨り、南下してきた国道26号線を北上する。

110817-24.jpg

と、駐車場を出発して国道26号線を快走!…しようとした瞬間、僕の赤ヘルが吹き飛んだ。ベルトの締め方が甘かったためか、スコーンと後ろに飛んで行ってしまった。すぐさま後ろを走っていたチンチンとチャォフーが拾ってくれ、僕はそれを取りに。ベルトはしっかりと締めなければ。重大な事故にならなくて良かった。

今度こそしっかりとヘルメットを被り、国道26号線を北上、快走。さぁ、行こう。

110817-25.jpg

次の目的地は、夕焼けを見るための海岸。そこで飲むコーヒーを買うため途中でスタバに寄った。

僕らが次に目にする夕焼けは、この旅一番の景色になる。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/440-1d825c3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。