PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」

110818-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110818-2.jpg台湾最南端の地を離れ、少しばかり北上して夕焼けを見るための海浜を目指す。そこで飲むためのコーヒーをスタバで買うため、国道沿いのスタバに寄った。スタバの横にはセブンイレブンがあり、お店の前はイベントなんかが催されそうなステージがある。そのステージの壁面にはライブをしているOPENちゃんの絵が描かれていた。やっぱり可愛いOPENちゃん。当然記念写真も撮った。

スタバに入るとお客さんはとても少なかった。ここで4人それぞれが飲みたいものを買った。注文したものが出来上がるまで少し休憩。やっぱりスターバックスは雰囲気が良い。チャォフーはここで先ほど観光した鵝鑾鼻の入場券の写真を撮っていた。

やがて注文したものを店員さんから受け取り、スクーターの元へ向かう。女性の店員さんの溌剌とした笑顔が忘れられない。スタバはスクーターのメットインに中身が出ないようにきちんと固定して、いざ夕焼けの海浜を目指して出発。

110818-3.jpg

時刻も18時を回っている。国道26号線を快走。道路沿いの南国風味な木々が良い雰囲気だ。このような道路と出会えて本当に嬉しい。途中で国道を左折する。その左折地点を、道端でお酒を飲んでいたおじさんに教えてもらった。国道を途中で左折し、夕焼けの海浜を目指す。

110818-4.jpg

ずっと、ずっと続いているように見える道。国道を左折してからの道は、周辺にホント何もなくて、怖くなるぐらい。どこまで続いているのか?この先に何があるのか?そんなことを考えながらこの道を走った記憶は、この先ずっと忘れられないだろう。

110818-5.jpg

まだまだ続く。空は次第に朱色に染まっていた。あまりに長い道のりに相方は少し不安になっていたけれど、途中で海浜の看板が見えた。よかった!道は間違っていなかった。

ようやく海浜へと続く道を見つけ、入口へと向かう。入口にはおじさんがいて、スクーターの駐車代を払ってくれとのこと。料金を支払い、スクーターを適当な場所に停めさせてもらい、スタバを持っていざ浜辺へ。夕焼けはもうすぐだ。

110818-6.jpg
スタバを持って、いざ浜辺へ。

110818-7.jpg

ようやく浜辺へ到着した。人は少なく、ほとんど波音しか聞こえない。白い砂を素足で踏むと気持ちいい。クロックスを脱いで、砂浜に腰を下ろした。遠い空の彼方では、次第に空が朱色になり始めている。

110818-8.jpg

浜辺で、スタバを。そして、夕焼けを待つ。今ここで、浜辺に座って夕焼けを待ち、スタバを飲んでいる現実があまりに非現実過ぎて、そしてゆるやかに流れる時間の感じ方があまりに贅沢に思えてならない。

やがて空が一変した。

110818-9.jpg

110818-10.jpg

110818-11.jpg

4人とも、終始「わぁー…」と言っていた記憶がある。心地よい潮風、やさしい波音、そしてスタバの味。全てが、この時の光景を記憶させる素材となり、今も、この時のことをここに書きながら、僕は思い出すことができる。

110818-12.jpg

空は次第に、次第に紫色に変化していき、日没した。

それと同時に、浜辺沿いのビーチリゾートの照明が日没後の海浜に映え始め、お洒落な音楽が聴こえ始めてきた。

110818-13.jpg

浜辺沿いにはお洒落なビーチリゾートが存在する。相方によると、最近になってつくられたものらしい。とはいっても、程好い観光地化加減であると僕は思ったし、人も少なく良い雰囲気。

110818-14.jpg

バーのようになっている場所も。ビーチリゾートを楽しんできました!みたいな旅ではないけれど、今はそんな感じ。浜辺沿いのお洒落なイスに腰掛け、少しばかり波音を聞いた。

ここで、すっかり暗くなった海浜で飼い犬を見失ってしまったのか、飼い犬の名を呼びながら探している女性がいた。大丈夫かな?と心配になったけれど、その後すぐに見つかったみたい。ホントによかった。

110818-15.jpg

南国。この日見た夕焼けの余韻を感じながら、僕は波音を聴く。ビーチリゾートの照明も、良い雰囲気に映えている。お洒落な音楽も聴こえてきて…ここに来れて、本当に良かったと思った。

そして僕はまた、ここに来るだろう。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/441-f39230fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。