PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」

110820-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110820-2.jpgあまりにも美しい夕景を見た後、ビーチ沿いにあったちょっとしたリゾート地のような場所で海浜の余韻に浸る。お洒落なチェアがいくつかあり、そこに腰掛け波の音を聞く。もうホント、幸せすぎ。

夕景とビーチリゾートを満喫し、間もなく19:20になろうとしていた。そろそろ夕食を食べに行こうかということで、スクーターの元へ。外はすっかり真っ暗だ。

後から聞かされた話なのだけど、実はこの海浜に来る予定は当初なく、夕焼けを見るのは関山という山の予定だったそうだ。山から浜へ予定変更になった理由は、チンチンのわがままらしい。結局浜で美しすぎる夕景を見ることができたので、僕は何も文句はないけれど。

110820-3.jpg

というわけで、ビーチを出発し、来た道を引き返す。夜の直線路も最高に気持ちが良い。何かの歌を叫びながら、疾走。やや南の方に戻り、墾丁大街というスポットを目指す。

110820-4.jpg
疾走、疾走。夜を駆け抜けて。

110820-5.jpg 110820-6.jpg
(左)墾丁大街近くにスクーターを停める。(右)そこに停めてあった二輪。

ビーチを出発した辺りの道は周辺には何もなく静かな道路で、墾丁大街に近づくにつれ車や二輪の数が増えてきて賑わいも出始めてきた。やがて夜市のように大いに賑わう通りに出た。墾丁大街に到着したようだ。スクーターを停められる場所に停め、ここからは墾丁大街を散策する。相変わらず台湾の夜は賑わっている。スクーターを停めた場所に魅力的な二輪が停められていた。チェンジペダルはあったけれど、クラッチレバーがない。カブと同じような感じ。

散策する前に、スクーターを停めた場所の近くにあったファミマでトイレタイム。店内に入ると、トイレの前には行列が出来ていてびっくりした。僕らも並び、トイレ、トイレ。ここのファミマで相方がプレミアムモルツを見つけて嬉しそうに僕に見せてきた。買ってくれるの?と思ったけれど、買ってくれなかった。

トイレタイムを終え、ファミマを出る。お店の前に犬が寝ていてびっくりした。結構周りには人がたくさんいて、ぐっすり眠れるような環境ではないように思うけれど、犬はぐっすりと寝ていた。それだけ、犬が安心しているってことかな。犬も見たし、いざ墾丁大街へ。

110820-7.jpg
ファミマ前で爆睡中の犬。おお!

110820-8.jpg
墾丁大街

110820-9.jpg 110820-10.jpg
(左)試食歓迎の果物屋さん。(右)治療専門のお店も。

墾丁大街は道路沿いに立ち並ぶお店達で賑わう夜市みたいな観光スポット。たくさんの人がいて、本当に賑わっている。まず寄ってみたのが試食専門の果物屋さん。ここではパイナップルを試食…したと思う。お店で働いていた前髪がちょんちょんの女の子が良い感じだった(変な意味ではなく)。食べ物のお店だけでなく、何かの治療のお店もあったり。おじさんが目下治療中で少しびっくりした。おじさんは何も考えていないのだろうけど…微妙に胸を隠しているのが、見ているこっちが恥ずかしかった。他にはゲームのお店や雑貨を売っているお店等など、たくさんのお店が軒を連ねている。

110820-11.jpg

110820-12.jpg
賑わう墾丁大街

大いに賑わう墾丁大街の散策は後からゆっくりとすることにして、まずは夕食を。相方オススメのタイ料理のお店へ行くことに。賑わう道路沿いから、路地裏という感じの狭い道に入る。こんな狭い道の先に店なんかあるの?って感じだけど、多くの人が同じ方向に向けて歩いている。

110820-13.jpg
狭い道を進んでいく。この先にお店なんてあるの?

110820-14.jpg
タイ料理の店

路地裏を抜けると、目的地のタイ料理のお店があった。中々の盛況っぷりで、どうやら今は満席らしい。順番待ちの名簿に相方の名前と電話番号を待つことに。「結構待たなないとアカンかも」と思っていたら、いきなり名前を呼ばれた。同じように順番待ちをしようとしていた人達が順番待ちを諦めたため、一気に順番が回って来たのだ。こんなことあるんだなぁ、なんて思いながらテーブルへ案内された。ははは、ラッキー。

110820-15.jpg 110820-16.jpg
(左)注文したタイ料理。(右)活躍したGATSBYの拭くやつ。

テーブルにつき、タイ料理を注文する。カレーや野菜炒めみたいなもの、あと肉とか。カレーが本当に美味しかった。台湾に来てタイ料理というのも、中々良いものです。

僕が顔面やらをキレイにするために持参したGATSBYの拭くやつを、ここではティッシュ代わりに大活躍。無駄遣いするなよーって感じだけど、チンチンとチャオフーにも喜んでもらえたから、まぁいいか。GATSBYということで、GATSBYのCMのキム○クの真似を相方とチンチンがしていた。色んな意味で活躍してくれた「ギャツビー フェイシャル ペーパー モイストタイプN<徳用タイプ>」、ありがとう。

110820-17.jpg
台湾ビールも。んふー、お腹いっぱいです。

110820-18.jpgタイ料理のお店では、やたらと若いスタッフが目立った。本当に中学生か高校生ぐらいの子?と思うくらいのスタッフがたくさんいる。それも結構な人数で、その人員の多さに納得するぐらいお店は大盛況だ。僕はここでおっかさんに「生きてるよー」の電話を。お母さんっ子なんです、僕!…ではなく、ここ数日連絡していなかったので。後からおっかさんから、「電話の向こうのざわざわした感じがいいやん」というメールが届いた。そういう反応、嬉しい。

そんなわけでご飯も食べ終え、お土産(?)にバドワイザーのコースターをもらった。気が付いたら手にもっていた。 ご飯も食べたし、墾丁大街を散策しましょう、そうしましょう。

110820-19.jpg
再び路地裏を通って、墾丁大街へ。


110820-20.jpg 110820-21.jpg
(左)ダーツのようなゲーム。(右)砂入り袋を投げて缶を崩すゲーム。

折角墾丁大街に来たので、ゲームを楽しみましょうってことでまずダーツのようなゲームに挑戦することに。ダーツを投げて風船を割り、景品をゲットするゲーム。50元払ってダーツを10本ほどもらい、いざ挑戦。ってこれが中々難しい!風船に当たらず、景品だったウサギの人形にブスゥ!とおもいっきり刺さって心が痛かった。
110820-35.jpg
ダーツが刺さる前のウサギちゃん。ご、ごめん。

結局ダーツは全くダメダメで、続いて砂入りの袋を投げて缶を倒すゲームに挑戦した。余裕やろー?と思っていたら、缶には砂が入っていて重たくされており、3段積みぐらいにされた缶に当ててもせいぜい倒れるのは4本ぐらい。チンチンと僕で挑戦したけれど全然ダメ。いやー、でも楽しめました。ちょっと言い方が良くないかも…ですが、このようなアナログなゲームで商売できるのがすごい!

110820-22.jpg

これも挑戦しなかったけれど難しいゲーム。輪っかのついたヒモを使って、寝かされた瓶を立たせたら成功ってやつ。このゲームのプロは起こし方を実演していたけれど、コツはどうやら瓶の先端部分に輪っかを通すことらしい。それを見た後で挑戦していた男性がすごく惜しかった。これは家でも手軽に練習できそうだな…。

110820-23.jpg

110820-24.jpg

墾丁大街、良いところです。ホント楽しかった。チンチンとチャオフーはお土産を買いに行くと言ったので、僕と相方は先にスクーターの元へ戻った。

110820-25.jpg

しばらくしてチンチンとチャオフーが戻ってきて、次なる目的地へ向かう。次の目的地が本日最後のスポットだ。スクーターに跨り、ビューンと夜の道を駆け抜ける。

110820-26.jpg
途中で給油。20元分だけ給油してもらった。

110820-27.jpg夜の道を駆け抜け、やってきたのはどこかの駐車場。適当な場所にスクーターを停め、エンジンを切るととても静かな場所であることに気付いた。

駐車場には露店の軽トラが一台停まっていて、おばちゃんと子供が店番をしていた。お土産や花火、あとポップコーンを焼く時に使うようなアルミ皿が売られている。

相方がそのおばちゃんにこれから行く場所を尋ね、そこへ向かう。こんな暗い場所に何があるのか?少しびびりながら、暗い夜道を歩く。

110820-28.jpg
ひっそりと静まる闇夜に、露店の軽トラが一台。

110820-29.jpg
闇夜の中、どんどん進んでいく。暗過ぎて、前から歩いてくる人が見えなくて一々びびる。

110820-30.jpg

辿り着いた先には、何やら火が燃えていた。そう、ここは恒春の出火特別景観区。天然ガスか何かの影響で、年中無休で出火している謎のスポットだ。雨が降ろうが何しようが、決して消えないらしい。すげー。

110820-31.jpg 110820-32.jpg

先ほど売っていた花火やポップコーンを焼くアルミ皿はここで使うためのもので、火遊びしていいのか??という感じだけど、皆遊んでいた。チンチンとチャオフーは先ほどお土産を買いにいくついでに花火もすでに買っていて、僕らも少しばかり台湾式の線香花火を。いやー、やはり夏には花火ですねー。火の扱いには十分に注意しましょうね。チンチンの面白い動画を撮り、満足したので帰りましょう。

110820-33.jpg
出火特別景観区。四六時中燃えている火は必見です。

110820-34.jpg

というわけで本日の旅程は完遂。民宿に戻り、チンチンの面白い動画を見て皆で爆笑。疲れたのですぐに寝た。いやー、楽しすぎて楽しい。ふはー!

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 10:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/442-a7334aed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT