PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」

110828-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110828-2.jpg

SAでトイレ休憩をし、相方の運転で次なる目的地へ向けて高速道路を快走する。次の目的地は台南。そこにある玉井という場所は南国フルーツ「マンゴー」で有名な地だ。つまり、マンゴーを目指してそこへ向かう。マンゴーなんて普段口にすることはほとんどないし、口にするにしてもマンゴー味のお菓子とかチューハイとかそんなところ。

やがて高速道路を抜け、一般道へ。周辺が山々の道路を駆け抜ける。その山々をよく見てみると、何やら紙のようなものがたくさん付いている。どうやらあれがマンゴーのようだ。1つ1つの実に防虫のための紙が巻かれている。しばらくして車は小さなマンゴー屋さんの前で停まった。

110828-3.jpg 110828-4.jpg
(左)道路沿いからマンゴーの木が見える。実には紙が巻かれている。(右)マンゴーのお店に到着。

110828-5.jpg
マンゴーのお店

マンゴーのお店に到着した。僕ら以外にも何人かマンゴーを買いに来ているお客さんがいた。店内に無数のマンゴーが置かれていて、マンゴーの甘い匂いが漂ってくる。バイクでマンゴーを買いにいているおじさんおばさんもいた。気軽にマンゴーを買いに来れるなんて、いいなぁ。

110828-6.jpg 110828-7.jpg
店内には無数のマンゴーが。この後、相方母は大量のマンゴーを購入。

その場でマンゴーを食べてみ、と言われたので食べてみた。ナイフでさくっと切られたマンゴーを手渡され、溢れ出る果汁に注意しながら、いただきます…て、これは美味しい!びっくりです。

110828-8.jpg
マンゴーの実はこのように守られている。1つ1つこの状態にするのは相当な苦労だろう。

110828-9.jpg
これがマンゴー。う、うますぎる。

110828-10.jpg

お店の裏には倉庫があり、そこに子猫が一匹いた。すぐに逃げられて残念だった。その倉庫からはお店の裏に広がる山々が見える。

マンゴーも大量に仕入れ、次なる目的地へ向けて出発した。相変わらず周辺の山々は紙に包まれたマンゴーの実が目立つ。そんな光景もここらでしか見られない光景。車で走行中、先ほどマンゴーのお店でバイクでマンゴーを買いに来ていたおじさんとおばさんを追い抜いた。

次の目的地はこの辺りに住む相方の親戚(なのかな?)の方の家。ブーンと車は突き進む。玉井から1時間ほど車で走るとまた別の町に入り、南国の木がちょくちょく生えている道に進入。すぐさま車は停まり、親戚の方の家に到着した。

110828-11.jpg 110828-12.jpg
(左)親戚宅でご飯をいただいたり。(右)デザートにパイナップルも。

車を降りると奥さんが出迎えてくれた。ご自宅の入口にはビールの空き缶が結構な量置かれていた。家の中に案内されると、なんとご飯が準備されているではないか…。ついさっきマンゴーを食べて、その前は日本料理の店でたらふく日本酒を飲みながら食べたのでお腹はいっぱい。だけれど、折角用意してくださっているのだから…と、僕もいただくことに。僕と同じように、さきほど日本料理の店でたらふく料理を食べたはずの相方母や相方母のお姉さん達はパクパク食べていて少し驚いた。

出迎えてくれたお母さんの笑顔は素敵で、普通僕がここにいるのはあまり普通ではないのに暖かく出迎えてくれた。お父さんも「ビール飲むか?」と、僕にハイネケン(日本にもあるけれど、台湾では一番良いビールらしい。)を進めてくれた。ホントありがとうございます。なぜか途中で近所のおじさんが一人食事に参加。その人もビールを飲んでいた。食事は出来る限り大勢で、そしてビールを楽しむ…どうりで空き缶が増えるはずだ。

相方宅でも食べた筍料理がここでも登場。僕はこの@way The Taiwan Road.で、幾度となく筍とマンゴーを食べることとなる。食後にはパイナップルもいただいた。んー、美味しい。食べている途中、高校生の息子さんが学校から帰って来た。高校生と聞いていたので、どこからどう見ても僕より年上にしか見えなくてちょっと困った。

110828-13.jpg 110828-14.jpg
(左)食後リビングで休憩する皆さん。(右)僕はお土産にお茶をいただいた。ありがとうございます。

食事を終え、リビングで少し休憩。ここで僕はお茶をお土産にいただいたり、少し話したり。僕は、僕自身が今ここにいることがとても不思議でならない。けれど、受け入れてくれる人たちはまるで僕がいて当たり前のように振る舞っている。

そろそろ出発の時間。僕はお礼を言い、車に乗った。車内から手を振って、謝謝と言った。

110828-15.jpg
車に乗って、次の場所へ。

110828-16.jpg

車は再びブーンと走り、次の目的地へ。次が本日最後の目的地。次は別の親戚の方の家で、相方母のお姉さんの子供の家族の家らしい。少しづつ外は暗くなってきた。自宅前で知人とお酒を飲むおじさんを途中で見かけた。そういう雰囲気が、何とも僕は好きだ。

110828-17.jpg
再び高速道路に入る。一気に台中まで戻る。後部座席に座る僕は、いつのまにか寝ていた。

110828-18.jpg
何時間ぐらい走ったか。目を覚ますと外は真っ暗だった。

110828-19.jpg
すっかり暗くなった頃、目的地に到着。

かなり長時間車で走った感じがしたが、実際には1時間ぐらいで到着。ここは相方母の2番目のお姉さんの子供の家族が暮らす家。車から降りると、見たことのある風景と、見覚えのある子供がそこにいた。

110828-20.jpg 110828-21.jpg
わいわいがやがやな相方の親戚の方々。

相方の写真で何度か見たことのある風景が今僕がいるこの親戚の方の家で、同じように写真で見たことのある女の子、イェンイェン(2歳)もいた。何だか感動、そして不思議な気分。

さっきも少し書いたけれど、僕は普通はここにはいない。それが普通である。けれど、出迎えてくれた人達は誰もが僕がいることがむしろ普通のように接してくれる。おじさんにはお茶をもらって、おじいさんにはめちゃくちゃキツイお酒をもらって、イェンイェンのお母さんは美人で、イェンイェンのお父さんは気さくな人でその正確が少し羨ましくて…。僕にとっての非日常は、この人たちにとって日常。何を書いているのか分からなくなってきたけれど、とにかく僕は、ここに来れて、そしてこの人たちで出会えてよかった。

イェンイェンとはまた違う家族の子供たちがカブトムシを飼育していた。虫籠を覗くとメスばかりでちょっとびっくりした。びっくりしていると、相方がイェンイェンの弟を抱っこして僕に見せてきた。うわー、この子も可愛いのうー。なんて思っているとテーブルには黄色いスイカが置かれていた。「食べてみ」と言われて僕もいただいた。黄色いキウイが甘いように、黄色いスイカも赤いのに比べて甘いのか!?と期待して食べてみたけれど、僕的にはあまり違いが分からなかった。

親戚の方々がテーブルを囲んで談笑していて、僕と相方はその後ろのブランコみたいなベンチに腰掛ける。やがてボボボボと二輪のエンジンの音がして、その方向に目をやると、おじいさんがリアキャリアにお酒の入れ物を積載してSYMのカブみたいな二輪でブーンと走って行った。どうやら近所の人に自家製のお酒(さっき飲んだキツイお酒)を分けに行くらしい。

110828-22.jpg

僕はなぜここにいるのだろう…?そんなことを最初は考えていた。でも、今は、ここに来れて、この人たちに会えて本当に良かったと思っている。

そろそろ時間なので帰ることに。また来てね、と言われ、僕もまた来ますと告げた。車に乗り、今度こそ相方宅へ戻る。

110828-23.jpg

規則的な並び方の看板が特徴的な商店街を駆け抜ける。途中、チッカチカの看板があり、皆「眩しすぎ」「迷惑」みたいな感じで酷評していたのが印象的だった。そんな看板も見送り、僕らは台中へと帰還する。

110828-24.jpg 110828-25.jpg

台中に入って高速を降り、途中で相方母の職場に寄って明日使用する食材を冷蔵庫やらに仕舞う。調理場やテーブルが置かれているスペースにゴキブリが多く、少しイラッとしたので何匹か殺生した。

食材を片づけて再び車に乗り、途中見つけた何かの食べ物のお店で何かの食べ物を予約して、帰宅。少し休憩してからその食べ物を相方とスクーターで取りに行った。

110828-26.jpg
その前に少しお金をおろす相方。初めて入る台湾のATM。

110828-27.jpg
注文したものを取りにお店へ。

注文したものを取りに来たのはいいけれど、僕はここで激しい腹痛に見舞われた。耐えきれなくなり、お店で働いていた女の子にトイレないですか?と聞くと、お店の後ろの建物に案内された。階段を上って2階のトイレに案内されたのだけど、そこはまるで民家でかなり恐縮した。いやー、しかしおかげで間に合いました。本当にありがとう。

勢いよくウ○チもして、注文したものを受け取って帰宅。帰ってご飯をいただいて、シャワーに入って就寝。@way The Taiwan road.6日目が終了した。たくさんの人と出会った一日だった。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/447-6fbb4f1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT