PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」

110904-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


110904-2.jpg
嘉義駅前

台中駅から自強号に乗って、約1時間ほどでこれから観光しに行く阿里山の入口である嘉義駅に到着した。台中よりも少し気温が高いように感じる。

本来ならばここから阿里山まで行ける森林鉄道に乗車して向かうところだったけれど、どうやら現在は運休中とのこと。非常に残念無念…いやいや、それでも阿里山には行けないこともない。バスで行けるとのことなので、早速嘉義駅前のバス乗り場でチケットを買いに行く。

110904-27.jpg 110904-28.jpg
(左)駅前のバス乗り場でチケットを買い行く。(右)購入したバスのチケット。

バス乗り場にはすでにバスを待つ人が結構いて、乗れるのか?と不安になりながらもバスのチケットを入手。ここで相方が、「もしかしたら、(二人)座席離れるかも」と呟いた。まぁそれはそれで仕方がないけれど…。

バスのチケットを購入し、少し小腹が空いたので近くのセブンイレブンへ。日本から持ってきて、今日持参した「堅あげポテト」は阿里山で食べると誓ったので、今は温存しておく。セブンイレブンではコーヒーと、小腹を満たすためメントスを購入。今思うと、なんと珍妙な組み合わせだろうと思うけど、この時の小腹を満たすのには丁度よかった。

110904-3.jpg 110904-4.jpg
(左)近くのセブンイレブンへ。(右)購入したコーヒーとメントス。珍妙な組み合わせだ。

バスの待合所に戻って、ベンチに腰掛けコーヒーとメントスを食べる。食べ終わって僕がゴミを捨てに行き、戻ってくると、謎の外国人が座っていた。まぁいいけど…何人だろう?とりあえず、台湾人でも日本人でもなかった。男女のカップルのようで、相方は興味津々に観察していた。

結局僕らはバスが来るまで立って待つことに。10分ぐらいすると、それほど大きくないバスが2台やってきた。側面に阿里山と書かれているから、これだ。

110904-5.jpg

適当にバスに乗り込み、適当に座ったら、後から乗車してきた同い年ぐらいの女性に「席間違ってませんか?」と言われた。チケットをよく見てみると座席番号が書かれている。すみませんー!と言って、チケットに記載されている番号の席に向かった。僕らの席は一番後ろの席。バスの一番後ろというのは他の乗客の荷物置きスペースみたいになっていて、僕と相方の間にそれが置かれていた。それでも極端に席が離れることはなかったので、安心安心。

バスに乗車して間もなく、ブロロロロとバスは発進。いざ、阿里山へ。森林鉄道は運休だけど、山の上には駅があるはずだから少しは車両を見れるかしら?そんな淡い期待を抱きながら、僕らを乗せたバスは嘉義の街中を走る。

110904-6.jpg

ちなみにこれが日本から持参した堅あげポテト。今は袋がくちゃくちゃだけど、阿里山に登れば気圧で膨らむ。というわけで、この姿を覚えておこうってことで写真を撮っておいた。

110904-7.jpg

バスは嘉義駅を出発してからしばらく街中を走る。何度か停留所に停まりながら、乗客を増やしていく。阿里山に向かう観光客だけでなく、地元の人の路線バスの機能でもあるようだ。

110904-8.jpg
このように立つお客さんも増えてきた。

110904-9.jpg

街中をブーンと進むにつれて、次第に天気が悪くなってきた。それは結構突然のことで、嘉義駅を出た頃の晴れ間はもうない。やがて街中を抜け、周囲の景色は一変した。辺りは山、川。景色の変化が激しい。

110904-10.jpg

やがて川を渡る橋に差し掛かった。この橋を抜けるとバスは右折して、「あぁ、ここが阿里山への入口なんだな」と分かるぐらい、極端に山道が始まった。@way The Taiwan Roaw.-阿里山編-、その序章として、醜道を突き進んでいく。

110904-11.jpg
ここからで本格的に雨が降っていた。道はウネウネで、立っている乗客は大変そうだ。

110904-12.jpg
とりあえず、ガードレールがこんな感じだったりで。

110904-13.jpg 110904-14.jpg
(左)相方はダウン。(右)僕は元気で。

ウッネウネの山道に相方は終始ダウン。僕のバックを奪って枕代わりにしていた。僕は全然平気で、周辺の道路の荒れた様子なんかを見て驚愕しきりだった。道路の状況がすごい。

さっき見た謎の外国人カップルも同じバスに乗り混んでいて、僕らより何席か前に座っている。この二人は駅前を出発した頃は車内でご飯を食べていて全然元気だったけど、女性の方が山道に差し掛かるとかなり苦しそうだった。ちなみに男の方がピンピンしている。他には韓国人の観光客も3人ほど乗っていて、この人達も車内で談笑しながらポテトを食べる強靭っぷり。僕はこの時は全然平気だったけれど、結構車酔いしやすい。この強者達のように、車酔い?なにそれ?みたいな体質の人が羨ましい。

110904-15.jpg

阿里山まで約3時間ほど掛かるらしい。その半分の1時間半ほど来たところでトイレ休憩。僕らはトイレには行かず、外の様子を観察。外には二輪が数台停められていて、変わったナンバーの二輪が停められていた。緑ナンバーは珍しくないけれど、その緑ナンバーの形状が少し変わっていた。

トイレ休憩は約10分。謎の外国人の男性や、韓国人の観光客がトイレに行ったぐらいで休憩終了。バスは再び走り出す。どうやら休憩したここらは1つの集落のようだ。トイレ休憩とともに立っていた乗客は降車。座席が少し空くぐらい乗客は減った。

110904-16.jpg
バスはさらに進む。道路の状況はさらに悪くなっていく。

110904-17.jpg
工事をしていたり…

110904-18.jpg
岩がゴロゴロ落ちていたり…

110904-19.jpg
壁が…ないよね?みたいな場所が普通だったり…

110904-20.jpg
壁が壊れたから工事してるの、みたいな場所があったり…

110904-21.jpg
土砂降りの中、工事をしている人は結構いたり…

110904-22.jpg
バスの運転手は穏やかそうに見えて運転が荒い。ウネウネの道でバスを抜いたり…

110904-23.jpg
乗用車を抜いたりして…

110904-24.jpg
阿里山の入口に到着!つ、着いた。

阿里山の入口に到着すると、入場券を支払うように言われ、相方にお金を渡して払ってもらった。相方は大分酔っていたみたいだけど、到着と同時に回復したみたい。ちなみに謎の外国人の女性は完全にダウンしていた。

110904-25.jpgと、この入場券の支払いでバスが停車している間、僕らの前に座っていた同い年ぐらいの女の子2人が、謎の外国人の男性に話しかけられていた。どうやら酔い止めの薬は持ってないか?と聞かれたらしく、その女の子はのど飴のようなものを渡していた。それを謎の外国人に渡すと「What is this?」と聞いていた。なんて説明したのかは分からないけど、謎の外国人の男性は、女の子にもらった飴をパートナーに食べさせていた。その後その男性は女の子達に「Are you student?」と聞きつつ、ありがとうみたいなことを言っていた。

ここで入場券の支払いを済ませた相方が戻ってきて、女の子二人に「酔い止めの薬持ってる?」みたいな感じで話しかけられていた。そこから会話が弾んだみたいで、少し話していた。

乗客全員が入場券を支払い終えると、バスは再び動き出した。少し走ると広場のような場所に出て、そこで停車。何とか無事に、阿里山へ到着したようだ。いやー、本当に過酷な道だった…。バスを降りる際、謎の外国人が座っていた席がちょっとした惨状になっていた。相方がそれを見て僕の顔を見てきたので、「見たらアカン」と僕は相方の顔をぐいっと前に向かせて、降車。外は土砂降りで、すぐに目の前の宿泊予定の民宿に逃げ込んだ。

110904-26.jpg

土砂降りの中、民宿に到着。この旅一番の天気の崩れようである。これじゃぁ明日の朝日もダメかなぁ…なんてテンションが少し下がりながら民宿の部屋へ。結局この@way The Taiwan Road.-阿里山編-は、旅の中で最も天気が崩れるとともに、最も天気の変わりようが激しくもあった。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/456-ef3fcd30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。