PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋と始まり

110923-1.jpg



いつか過去の記事を読んで、「あの時はこんなんだったなぁ」なんて思えたら自分にとってブログを書いている価値はあるのかなーと思って、@way Co.,Ltd.を運営しています。くだらない日記や駄文のくせに長い旅の話も、そのために。

あと半年で4年間の大学生活が終わる。卒業単位は問題なく、後は卒論を書きあげればOKという状況で、9月からはいくつか授業を取った。履修の登録はインド旅行に行く前にネットで登録し、問題なく履修登録がなされているかを後日大学で行う。確認日がインド旅行中で、行くべきに確認することができなかったけれど、後期が始まる今日に確認に行ったら、問題なく履修登録が完了していた。問題なく…というのが当たり前なんだろうけど、今回は他学部の授業を選択していたため若干の不安があって…。

その確認に行ったのが昨日の昼。その前の午前中、僕は前回に引き続き卒論の研究で稲美町に足を運んでいた。朝7:00に自宅を出発、朝から授業のあるのぼちゃん(最近は山本さんと呼んでいるので、以下山本さん)を迎えに行ったものの寝坊しやがって僕一人で行くことに。前回は山本さんと一緒に稲美町に行ったけれど、今日は彼の授業の関係で僕一人で行く。途中コンビニで休憩を挟んで、9:50ごろ役場に到着。今日でかれこれ5回目の打ち合わせになる。何の打ち合わせかというと…それもまた、「大切な記録」としていずれこのブログでも書きたいと思う。そんなこんなで今日は話がかなり進み、いつも通り昼前に終了。僕はこれから大学に戻らなければならない。役場を出発して、黄金色に輝く田園風景を車で駆け抜ける。本当に、毎度毎度走っていて気持ちが良い道。一見長閑な田園風景に見えるけれど、昨日一昨日まで台風15号の猛威で稲美町も大変だったと、今日役場のOさんが言っていた。6件の床下浸水、32tの土のう運び…。僕が、「土のう運びなんて、全員でやるんですか?」と聞いたら、「基本20代、30代の人間中心やけど、年寄りも見とーだけにはいかんしね」と、ちょっと疲れた表情で話されていた。Oさんよりも年上の役場の人も土のう運びをやったらしく、「昨日は疲れ過ぎて思わず飲んでもーたわぁー」と言っていた。それを聞いたOさんが、「あれだけの重労働の後でよー飲めましたね…」と笑っていた。

話は戻り、大学へ。駐車場に到着すると、山本さんの車が停めてあった。後期は授業多いから電車で行くと言っていた彼だけど、まぁ後で理由を聞いてみよう。車を停め、とりあえず履修確認、その後コンビニでおにぎりを買って山本さんと合流。なぜかいつも昼食を食べているホールが開いてなくて、外で食べた。軽くピクニック状態だったのだけど、昼間は暑くて少し参る。そういえば、前期はほぼ大学に行っていなかった。夏休みも挟み、何となく大学の空気が僕らのような卒業まで後半年のような人間とは合わなくなっているようにも感じる。

山本さんと稲美町のことを少し報告して、久しぶりに授業を受けるため教室へ。知らない人ばかりだろうなーと思って席に座り、授業が始まるのを待っていたら友人3人が入って来た。13:00、僕にとってゼミ以外では約1年ぶりの普通の授業。何となく真面目に聞こうという気にもなる。今回あえて授業をとったのには理由がある。卒業するまでに、就職してから必要なことをもう一度蓄えておきたかったからだ。そう書くとなんか良いように聞こえるけど、ようは僕は馬鹿だから改めて、この場に及んでもう一度勉強しようというわけ。ノートを開いて、配布資料を見て、昼間に買ったリプトンを飲みながら授業を聞く。

とりあえず、この授業を選択したことと、あと半年の時間に授業をとることを含めたのは間違えではなさそうだ。これまで散々勉強してきた(ような気がする)○ー○○ぃ○○が面白いと初めて感じたし、この学びを持って卒業しないと後から恥をかきそうなくらいだ。何より、就職先で活かせる。馬鹿な僕でも、ちょっと希望の光が見えた気がする。

授業は少し早目に終わったので、PC教室で山本さんを待つ。その間に相方に電話。上記のようなことを話した。その後山本さんがやって来て、稲美町のことを打ち合わせ、駐車場へ。駐車場へ行くまで、少し旅の話をした。次の目的地はどこやろうなぁ、みたいな。駐車場に着いて各々の車の元へ。普段車で通学する場合は、どちらかの車で来るのだけど、今日は山本さんが寝坊しやがったため各々の車でやってきた。珍しい光景なので2台並べて写真を撮り、帰路へ。

帰宅すると、玄関にEMSの伝票が貼られた荷物が置いてあった。差出人は相方。そういえば、23日は僕の誕生日だった。こんなにも自分の誕生日を忘れてたのは初めてかも。ホント、ありがとう、我が彼女。大事にします。帰ってすぐに酒盛りを。一番麦…モンドセレクション金賞受賞、本当におめでとうございます。以前新聞でこのことを知り、バイト先にモンドセレクション受賞ver.の一番麦が入ってくるのを心待ちにしていた。受賞してから少し間があってようやく入ってきて、その缶目当てで買ってみた。個人的に、新ジャンルでモンドセレクション金賞受賞するというのが衝撃的すぎる。その後相方とskypeしながらワインを飲んで、今。

3連休最後の日の日曜日は、なぜだがバイトがない。今日車で走っていて、秋の空気感が堪らなく良いなーと感じたので、ここはる号で「あの場所」に行こうか。ちなみに、教習はみきわめAをもらった以来進んでいない…。インド旅行もあったし。まぁ、大丈夫やろう。

色々と動き出した、今日一日。タイトルは、「秋の始まり」ではなく、「秋と始まり」です。

| カブ以外 | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/463-d2c190c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。