PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」

110929-23.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


2011年7月13日(水)

110929-2.jpg11時頃、相方が寝まくる僕を起こしにやってきた。寝まくってるのも仕方ないと自分を許してしまうぐらい、今日は体調が悪い。何日前から風邪かな…と思っていたけど…今日はとりわけ調子が悪くて困る。明日は帰国し、今日が台湾を満喫する最後の日だと言うのに情けない話。相方がこれから郵便局等に行く用事があると言ったので、それまで寝させてもらうことにした。

用を終えた相方が再び僕を起こしにやって来たのは13時頃。体調は中々悪いものの、とりあえず起きて1階のリビングへ向かう。1階に行くとガレージが開いていて、家の前に相方宅のスクーター、その上に洗われた僕のスニーカーと相方の靴が置かれていた。「この風景、撮りたいだろうと思って置いといた」と相方。良い読みです、もちろん写真を撮りました。生活の中に溶け込む二輪という感じが良いです。…まぁそんな○○な世界観的な話はさておき、もうお昼なので、相方宅近くにある水餃子のお店に行ってお昼ご飯を食べることに。スクーターの上に干しておいたスニーカーをおろし、そのスクーターに跨って水餃子のお店へ向かう。

110929-3.jpg
スクーターで台中の街を駆け抜ける。

110929-4.jpg
ヴィッツを発見。台湾ではたしか名前が違った気がする。

110929-5.jpg
狭い道を走る。前方からティーダが。

110929-6.jpg
水餃子のお店

5分ほどで水餃子のお店に到着した。相方が昔から利用しているお店で、お店で働く短髪の女性とも顔見知りのようだった。僕ももちろん挨拶。この旅で何度かこのようなお店に足を運んだけれど、こういう個人経営で無駄にキレイではないお店(褒めてます)は雰囲気が良い。この旅で、そのことは良い発見の1つになった。

110929-7.jpg

相方は水餃子を30個注文。他にもちょくちょくお客さんが来て注文が入っていた。中には100個注文している人もいて、「めっちゃ売れてるやん」と言うと、「最近はここより安い店が増えて、お客さん減ってるみたいだよ」と相方は言っていた。今は入口に出ている厨房設備。かつては店内の奥にあったものを運びこんだらしい。昔は店内の座席が全て埋まるほど盛況だったそうだけど、ここよりも安いお店が増えたためお客さんは激減。厨房設備が奥にあってお客さんが少なくなると、外から見るとあまりに寂しく見えたため、せめて厨房設備をお店の前に出してお客さんが少ない店内を目立ちにくくしたらしい。

110929-8.jpg 110929-9.jpg
(左)水餃子を増産していく。(右)水餃子につける調味料を用意。

水餃子が完成するまで少し時間が掛かるらしいので、先に水餃子に付ける調味料を用意し、お店の前のセブンイレブンで飲料を購入しに行くことに。次々と握られる水餃子、そして辛そうな調味料を見ているとお腹が空いてきた。んんー、楽しみです。

110929-10.jpg

お店の前のセブンイレブンで、この旅で何度か購入したミニッツメイドの白ぶどうジュースをまた購入。OPENちゃんグッズもちょっと物色。今日がセブンイレブンで買い物できる最後のチャンスだろうから、買っておかないと。結局ここでは買わず、また改めて後ほど買うことに。

110929-11.jpg
OPENちゃんグッズを物色。セブンで飲み物を買って…

110929-12.jpg
水餃子のお店の建物全景。こんなところにあります。

110929-13.jpg
水餃子とスープ

お店に戻ると、完成した水餃子とスープが完成し運ばれてきた。正直、風邪で味覚が鈍くなっており、昨日の晩御飯も味を感じるのに舌があまり役に立たなかった。だがどうだろう、この水餃子。口に入れ、一噛みすると口に広がる肉汁の旨さ。スープは少しばかり味が分かりにくかったものの、この時食べた水餃子の味は、風邪を引いていた僕の口の中にも、しっかりと広がった。

…まぁそんなくどい感想はともかくとして…本当に美味しかったです。びっくりしました。

110929-14.jpg

水餃子を食べ、お店で働く女性と少し喋ってから相方宅へ向かう。スクーターでブーンと台中の街を駆け抜ける。帰りに少しだけ僕のリクエストで、相方宅近くのガス屋さんに寄ってもらった。というのも、この日見かけてその魅力にどっぷりハマった僕は、もう一度写真を撮りたくて。

110929-15.jpg

ガス屋さんのバイク。この産業的な外観は、惚れてしまう…。まじまじと写真を撮りたかったけれど、番犬がワンワンと吠えており、さらにお店の子どもがじーっと見ていたのですぐ撤収。すぐに撤収して逆に怪しかったかな。

110929-16.jpg 110929-17.jpg
(左)相方宅に着くと手紙が届いていた。(右)相方にもらった1/2元のコイン。

ガス屋さんを少しだけ見て、相方宅に到着。家のシャッターを開けると手紙が一通シャッターの下の隙間から入れられていた。その手紙を拾い上げ、リビングで一息。ここで相方が「さっき郵便局で切手を買いに行って、こんなのもらったよ」と、1/2元のコインを見せてもらった。1/2元、つまり1元の半分で、切手のお釣りとしてもらったらしい。何となく珍しいような気がしたので、相方からもらってしまった。ははは。

この後、少しでも体調不良が和らげば…と、ちょいと昼寝。寝てばっかりの気がするけれど、ほんのちょっとだけ睡眠を。16時ぐらいまで寝て、相方に「起きてやー」と起こされた。

110929-18.jpg

起きると雨が降っていた。水餃子を食べていた頃は晴れていたような気がするけれど…仕方がない。というわけで、今日はこれから買い物をしに一中街へ向かう。一中街といえば、この日訪れ遊んだ場所。今日ががっつりお土産を買う最後のチャンスなので、雨の中一中街へ向かうことに。

110929-19.jpg

雨も降っているし、最初はバスで行こうかとバス停に向かった。けれど、中々バスが来ず、再び相方宅に戻ってスクーターで行くことに。カッパを着て、再び出発。雨の中、ブーンとスクーターで一中街を目指して駆け抜ける。

110929-20.jpg

20分ほど走って一中街に到着。あの日訪れた眼鏡屋さんの近くにスクーターを停め、雨装備を解いていざ買い物へ。何を買おうかと、頭に色々と思い浮かべながら、雨が降り、商品が濡れないようにビニールを軒先に広げるお店が何軒が立ち並ぶ道を歩いて行く。

110929-24.jpg
雨の一中街。野良犬くんが、数匹駆けて行った。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/471-9a20a55d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT