PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」

111001-1.jpg

★@way The Taiwan Road. INDEX
[2011/07/04]
@way The Taiwan Road.-旅立ち-
@way The Taiwan Road.-1 「出国、入国」
@way The Taiwan Road.-2 「台北へ」
@way The Taiwan Road.-3 「夜市とビール」
[2011/07/05]
@way The Taiwan Road.-4 「台北101」
@way The Taiwan Road.-5 「台北から台中へ」
[2011/07/06]
@way The Taiwan Road.-6 「お手伝いと、右側通行を駆け抜けて」
@way The Taiwan Road.-7 「一中街の再会」
@way The Taiwan Road.-8 「夜を駆け抜けて」
[2011/07/07]
@way The Taiwan Road.-9 「朝の出会い」
@way The Taiwan Road.-10 「晴天の高雄」
@way The Taiwan Road.-11 「砂糖を運んでいた鉄道-序章-」
@way The Taiwan Road.-12 「台湾糖業博物館」
@way The Taiwan Road.-13 「おれんじの冒険」
@way The Taiwan Road.-14 「瑞豐夜市、食べ歩き」
[2011/07/08]
@way The Taiwan Road.-15 「もっと南へ」
@way The Taiwan Road.-16 「南シナ海と台湾最南端」
@way The Taiwan Road.-17 「海浜の余韻」
@way The Taiwan Road.-18 「墾丁大街と出火」
[2011/07/09]
@way The Taiwan Road.-19 「爆走WISHとよく喋る運転手と日本料理の店」
@way The Taiwan Road.-20 「マンゴー・筍・ハイネケン」
[2011/07/10]
@way The Taiwan Road.-21 「赤い二輪に跨って」
@way The Taiwan Road.-22 「埔里にて、紹興酒」
[2011/07/11]
@way The Taiwan Road.-23 「台湾鉄道の旅 -嘉義へ-」
@way The Taiwan Road.-24 「阿里山への酷道」
@way The Taiwan Road.-25 「森林鐡路のおじさんと番犬ニコ」
[2011/07/12]
@way The Taiwan Road.-26 「無念と興奮」
@way The Taiwan Road.-27 「神木物語」
@way The Taiwan Road.-28 「またね阿里山」
@way The Taiwan Road.-29 「彰化扇形庫」
[2011/07/13]
@way The Taiwan Road.-30 「水餃子の味」
@way The Taiwan Road.-31 「非日常の中の、日常」
[2011/07/14]
@way The Taiwan Road.-32 「またあとで」
@way The Taiwan Road.-Epilogue-


111001-2.jpg

20分ばかり雨の中台中の街を走り、この日以来、久しぶりの一中街にやって来た。結構雨は降っているものの、相変わらずバイクの数が多い(画像では1台ぐらいしか写ってないけど)。スクーターを決められた場所に駐輪して、雨装備を解き最後の買い物へ。台湾でがっつりと買い物を楽しめるのは今日が最後だ。明日も買えないことはないが。

111001-3.jpg
雨の一中街

お土産として、これまでパイナップルケーキや紹興酒をいただいたり、母に頼まれていたCD+DVDも買った。今日は自分用お土産を中心に買い物したくてここにやって来た。「お土産を買う」というより、普通に「買い物に来た」みたいな感じで。今僕は、台湾という異国の地にいて、そこは僕にとっての非日常…ではあるけれど、さらにその中の、相方の日常の中に僕はいる。

111001-4.jpg

雨降りでも一中街は多くの若者で賑わっていた。さぁ、まずどこの店を回ろうか…。相方が「仕事で使う靴欲しいから…」と言ったので、まずは靴屋さんに行くことに。交差点の角にある、日本でもありそうな靴屋さんに入った。普通にキレイ…と言ったら、これまで巡ってきたお店が汚かったみたいな話になるけれど、そうではなく。照明が明るくて、取り扱っている靴のブランドも見慣れたものばかり。今が旅行中ということを忘れてしまいそうだ。

靴屋さんの店内で流れている曲がすごく良かった。「何の曲?」と相方が聞いてきたけれど分からない。店内のイスに腰掛け、試し履きする相方の横でその曲を聞いていた。同世代ぐらいの店員さんに、色々と勧められながら靴を選ぶ相方。店員さんが屈み、相方が履きたい靴を箱から取り出して靴ひもなんかを整える際、若干店員さんの胸が見えそうで若干ドキドキした。店内を見渡すと、有名ブランドに並んで台湾産の靴も置いてあった。民族衣装的な古風な造りが印象的。「今までで一番高い靴だったわ」と、相方は購入した靴を手に提げながら言った。僕は靴を買わず、どこかでTシャツを物色することに。

111001-5.jpg

値段が比較的安くて良さ気な服がたくさん置いてある服屋さんを発見。これいいやん!と相方に見せたら、日本でも売ってるよ~と言われたり、これええやん!と相方にまた見せたら、それ男用じゃないでしょと言われたり。あ、じゃぁついでに姉貴にTシャツでも買っていくか。

服を選んでいる最中相方の携帯がなった。なんと、仕事を終えた友達が今から来てくれるという。しばらくして、歯医者で働く友人がさっきまで歯医者で働いていたような服装でやって来た。その姿が服屋さんとちょっと合ってなくて面白い。はじめまして、こんにちは!

相方と色々喋っていて、僕はその間服を物色。結局選んだのは台湾っぽくTAIPEIと書かれたTシャツと、良い感じの半袖だけど夏に着たら暑そうな服、姉貴用に台湾産Tシャツ、あと、相方にもTシャツを買ってあげた。来てくれた友人曰く、この服屋さんは一中街の中でも一番安い店らしい。たしかに、値段はそれほど高くない。何はともあれ良い買い物ができた気がする。ここに来てくれた友人とは、このお店でさようなら。短い時間だったけれど、会えてよかった。服屋さんを出て、次何買おうかーと考えながら、雨が降る一中街を歩く。

111001-6.jpg

前にもここを歩いたかな?と、少し見覚えのある道を歩く。そんな中、ちょくちょく見かける野良犬くん。マネキンと、野良犬くん。中々見ない組み合わせだ。

111001-7.jpg

様々なお店が犇めきあう一中街。お店とお店の間は完全に屋根で覆われているわけではなく、傘をささなければならない場所も多い。商品は濡れないようにビニールで守られていた。途中、ギャル男の店っぽい服屋さんで、決してギャル男っぽくないベルトを買った。台湾版ギャル男のような店員さんに、「どんな感じのベルトが欲しい?」と聞かれ、「う~ん」と悩んでいると、物凄くギャル男っぽいベルトを勧められた。いやー、僕にはちょっと。そのお店ではそのギャル男店員さんと、女性の店員さんがいて、その女性の店員さんは店内で台湾の夜市で買ったようなご飯を食べていた。

111001-8.jpg

買い物はこのぐらいにして、通りに出る。通りに出て二輪の駐輪場所に目をやると、このバイクが。ガス屋さんのバイクとして何度か見かけたこのkawasakiのバイク。これは若者仕様なのかな?ハンドルがカスタムされている。

111001-9.jpg

雨はまだ降り続いている。道端に停められていたミニに萌えていると、背後から寄って来たマーチと若干接触したような。まぁそれはともかくとして、この辺りは駐車違反が多かった。パトカーもちょくちょく来ていて、駐車違反を取り締まっていた。サイレンを鳴らして駐車違反車を注意。その後、お店から車の持ち主が慌てて出てくる姿が印象的だった。もしそれで、車に戻って駐車を止めればセーフらしい。

111001-10.jpg

少しお腹が空いてきたので、一中街の飲食店が密集する場所へやってきた。何を買おうかな。そんな中相方オススメのたこ焼き屋さんを見つけたので、それをを食べることに。

111001-11.jpg 111001-12.jpg
(左)たこ焼きのお店へ。(右)ワサビソースが印象的なたこ焼き。

というか、たこ焼きって台湾にもあるのだなと思った。ワサビソースがかけられたたこ焼きを持って、スタバへ向かう。スタバでたこ焼き…ってのもちょっと可笑しな話だけれど、まぁいいか。

111001-13.jpg
スタバに着いて…

111001-14.jpg
あの時飲んだものを購入。

旅の4日目で夕日を見ながら飲んだやつを購入。もう一度この味を…と思ったけれど、あの時の美味しさには敵うわけはないか。しかも、今の僕は風邪を引いていて、スタバとたこ焼きの味はほとんど分からなかった。水餃子の味はしっかりと伝わったのだけど…。やっぱり、夕日を見ながら飲んだあの時の感動は、あの時だけのものだなぁ。

111001-15.jpg

というわけでスタバで小休止し、20時近くになったところで相方宅に戻ることに。スクーターの元へ行き、カッパを着る。カッパを着るとこんな感じ。半ヘルなので、顔面は濡れ濡れ足もビチョビチョ。

そんなこんなで、ありがとう一中街!たくさんの思い出ができ、大満足です。

111001-16.jpg

相方宅に戻って晩御飯をいただく。相方宅でご飯を食べるのも今日が最後だ。そんなことは、この時は考えなかったけれど。この時はくっくぅさんも居て、相方宅に戻るとあの時僕もお手伝いで剥きまくった豆の皮をまた剥いていた。テーブルには様々な料理が並べられている。そういえば、2日目に相方宅に初めて来た時にあったイカ、今日もまた並んでいる。その近くにはライチも。相方が、男の○○みたいだねと2つ並んだライチを見て僕に見せてきた。…ったく。

111001-17.jpg 111001-18.jpg
(左)お店で買ってきた卵の料理。美味しかった。(右)ビールも。

他には筍も。この旅で何度食べただろう。しかし筍と一口に言っても、様々な種類があるらしい。(僕がこの時親戚の方のお宅で食べた筍は、良い筍らしい。) どこかのお店で買ってきた卵の料理も美味しい。あと、ビールも…。台湾ビールも今日が最後だ。ビールを開栓するのに使った栓抜きが恐ろしく渋くてかっこよかったので、相方母に譲ってくれませんかと頼んでみると、部屋の引き出しから多機能の栓抜きを渡されそうになった。いえいえ、欲しいのは、この渋くて、使い倒されていて、TAIWANという文字が刻まれているこの栓抜きです。「変な奴だねぇ」みたいなことを言われ、結局2個いただいた。ありがとうございます。1つは大学の友人のお土産にしよう。

111001-20.jpg
いただいた栓抜き。渋い。

111001-21.jpg

と、そこへチンチンが登場!この前、もう会えないだろうと握手して別れたところじゃないか。そういえば、先日充電の切れたiPodの充電器をチンチンに借りていたんだった。返さないと。

111001-22.jpg

チンチンも晩御飯に加入して、粗方食べ終わった後で僕と相方は近くのスーパー…のような何でも売ってるお店へ向かった。本当に何でも売っている。調味料、食品、筆記用具、ペット用品等…。何屋か分からないけれど、中々人気のあるお店のようだ。天井に吊り下げられている商品案内の表示が手作り。裏から見ると字が透けていた。このお店で辛い海苔のおつまみを購入。以前相方からもらったことがあり、是非お土産に買っていきたいと思っていた。買えてよかったー。これも大学の友人のお土産にしよう。その海苔のおつまみを何個かカゴに入れてレジへ。レジのおばさんは、携帯で電話をしながら打ってくれた。そういう情景もまた、旅ならでは…なのかな?

111001-23.jpg

続いてセブンイレブンへOPENちゃんグッズを買いに。この旅で何度も立ち寄ったセブンイレブンだったけれど、これまでは来るOPENちゃんグッズの購入を我慢してきた。今日は最後なので、もう我慢せずに好きなものを買う。相変わらず店内はお茶卵の臭いが充満していた。

いやー、OPENちゃんグッズ、全部良い感じで困る。結局ストラップやミニタオルなんかを購入。相方はOPENちゃんver.の地下鉄で使えるICカードみたいなものと、台湾旅行記念の台紙を買っていた。

111001-24.jpg
セブンイレブンから戻り、途中でマツダ3(アクセラ)の変わったマツダマークを見て…

111001-25.jpg
相方宅へ戻る。買い物終了。

111001-26.jpg 111001-27.jpg
(左)購入したOPENちゃんグッズ。(右)チンチン作のノート。

相方宅に戻ると、くっくぅさんとチンチンがテレビを見ながら豆の皮を剥いていた。やがて豆の皮剥きが終わり、くっくぅさんが帰宅する時間に。本当にお世話になりました。2日目に台中駅まで車で迎えに来てくださった時、僕が「謝謝」というと「不客氣(どういたしまして)」と返答された時はかなり感動しました。思えばあれが台湾に来て初めての日本語以外の会話だったなぁ。お土産もたくさんいただいて…本当にありがとうございました。

くっくぅさんを見送って、チンチンにこれまで購入したお土産を見せたりしながら談笑。ここでチンチンが相方のために作成したチンチン自作のノートを相方にプレゼント。パソコンが得意なチンチン、器用だなぁ。上の画像では2冊あるけれど、そのうちの1冊は数日前に完成していた。けれど若干印刷が薄いやん!というチンチン自らのクレームと、相方による中身の枠線が使いにくいという鬼のクレームにより、新たにノートは増刷されたのだった。というわけで、その失敗作を僕がいただいた。ちなみに、ノートの表紙の写真は僕が大学で写したもの。ありがとうチンチン。

111001-28.jpg

結局日付が変わる時間まで喋って、チンチンが帰宅する時間に。雨はすでに止んでいてスクーターで帰るのには丁度良かった。それでも路面は濡れているから、気を付けてね。また遊ぼうと言って、チンチンという台湾の友達は、ブーンブブブとスクーターで駆けて行った。

111001-29.jpg
去りゆくチンチンを見送る。ありがとう、また会おう。

チンチンを見送り、シャワーに入って僕らも明日の準備をする。僕は帰国の準備を、相方は明後日から台北で社会人生活が始まるので、その引越し準備を。引越しと言っても、親戚の家に居候するだけなのでそれほど大袈裟ではない。とはいいつつも、これまでその準備を全くしていなかったので、この準備が中々大変だった。明日は早い。明け行く最後の台湾の夜に追われながら、せっせと準備をしていく。準備をしながら、明日@way The Taiwan Road.が完結することを実感していく。

| @way The Taiwan Road.(11/07/04-14) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/472-c6a2dd95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT