PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The India Road.-1 「香港経由」

111016-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


2011年9月10日(土)

今日からインドに行く。インドに行くと決めたのは約2ヵ月ほど前のことだろうか。@way The Tohoku Road.を共に旅した大学の友達山本さん(旧:のぼちゃん)をインド旅行に誘い、ツアーに申し込んでビザも取得した。その間に卒論のこと、内定先の工場見学、バイト等があったけれど、ついに出発の日を迎えることが出来た。

とにかくこの日は朝から謎の蕁麻疹が発生し、あまりに痒くて4:00に起床。なんなんだこの痒さは…と、旅の前からこんな状態でテンションが下がるけれど、ベランダから朝の風景を撮って@way Co.,Ltd.に刻み、出発時刻まで荷物のチェック等を行っていく。

111016-2.jpg今回搭乗する航空便はエアインディアのAI315便。14:10関空発で、ツアーに申し込んでいるため12:10に団体受付カウンターに集合しなければならない。そのことを考えて自宅を出発…のはずだったけれど、駅まで送ってくれる父親の歯医者の都合により、自宅を出発する時刻が早まった。そんなわけで父親の運転で自宅出発。途中、いつもの場所で山本さんを拾い、地元の駅へと向かう。

地元駅のロータリーに到着し、父親に「んじゃ気を付けてな」と見送られ、スーツケースをゴロゴロと転がして駅の改札口へ。関西空港駅までの1490円の切符を買う。スーツケースがあるので駅のホームへエレベーターを使おうと、丁度扉が開いていたエレベーターに乗り込もうとしたら、中にいたおばちゃんに閉められた。「あー、あれ?閉まっちゃった?」とおばちゃんが言っていたので、わざと閉めたのではないと思うけれどちょっと悲しくて面白かった。そんな感じで旅が始まって行く。

111016-3.jpg 111016-4.jpg
(L)行ってしまったエレベーター前で苦笑いする山本さん。(R)ホームでシールを貼る山本さん。

111016-5.jpg本日のファーストランナーは9:22発高槻行き。ガラガラの車内は大きなスーツケースを持っていても邪魔にならないので良い。

そういえば、山本さんのスーツケースを見るとこれまで何カ国か旅してきた痕跡であるシールが貼られていた。自分のスーツケースはこの間購入したばかりなので、今回のツアー会社のシールのみ。んー、もっと旅してスーツケースをシール尽くめにしたい。ちなみに山本さんはツアー会社のシールを今貼っていた。

旅への期待はどんどん高まっていく。電車は程なくして発車し、大阪駅へガタンゴトンと走り出した。

111016-6.jpg

地元駅から大阪駅に近づくほど乗客が増え、9:45大阪駅に到着。混み合うホームをスーツケースをゴロゴロと転がしながら大阪環状線のホームへ。自分達と同じように、スーツケースをゴロゴロと転がしている人を結構見かける。皆どこへ行くのだろう。

111016-7.jpg
大阪駅 9:52発<関空快速>

大阪環状線の1番ホームへ行き、人の少ない先頭車両の方で関空快速を待つ。7月の@way The Taiwan Road.の時もJR利用で関西空港まで行ったけれど、山本さんはいつも関空に行く時は高速バスで行っているらしい。値段は高いけれど、バスの方が楽なのかな。まぁでも今回は電車で行きましょう。関空快速がやって来て車内に乗り込むと、座席は全て埋まっていた。しばらくしたら空くだろうってことで、とりあえず立つことに。ちょっとした込み具合も今宮駅辺りでマシになってきたので、空いた席に座った。

4人掛けのシートに座り、向かいに山本さんと、その隣に知らない若い男性。自分の隣は空いている。その席に、通路を挟んで反対側に座っていたおばちゃんが、「こっち側の席は日差しが強いから…」と言って自分の隣に座って来た。でも結局自分達の座っていた席の方が日差しが強く、おばちゃんが「あらー、こっちの方が日差しが…」と言っていたので電車の窓の日除けカーテンをおろしてあげた。

しばらくしておばちゃんが、「どこかにお出かけですか?」と聞いてきた。おばちゃんはこれから三国ヶ丘駅で普通列車に乗り換えて歯医者さんに行くらしい。そこから会話が妙に弾み、歯医者さんのことや今回の旅行のこと、おばちゃんの今は亡き息子さんのこと、自分が大学で勉強していること、就職のこと等、おばちゃんが三国ヶ丘駅で下りるまで色々と話した。おばちゃんが下車する際、「こんなおばちゃんと話してくれてありがとう。なんだか息子のことを思い出して泣けてきました…」と、少し涙ぐみながら下りて行った。山本さんはおばちゃんとの会話中、ずっと寝ていた。

関空に近づけば近づくほど乗客の数は減っていく。やがて関空快速はりんくうタウン駅を出発し、海を渡り始めた。関西空港はもう目の前だ。

111016-8.jpg
関西空港駅 11:15着

先日六甲山に行く機会があり、山頂からの眺めは最高だった。そこから関西空港の目立つ何かの施設みたいなのが目視できたが、今それが電車から見えている。11:15、関西空港駅に到着した。

駅に着いてとりあえずトイレへ。その後スーツケースをゴロゴロと転がして改札を出た。今回は国際線南出発口から。駅を出ると、たくさんのシールが貼られたスーツケースを転がすビジネスマンを見かけた。関西空港に到着して、フライトの案内を確認。自分達の乗る便は間違えなく航行するようだ。それと気になったのが、行き先が「ムンバイ」と書かれていること。自分達はデリーで下りるが、さらにその先のムンバイまで飛行機は行くらしい。今回の搭乗便は香港も経由するし、こんなにも様々な場所を経由して飛ぶ便があるのだなとこの時初めて知った。

111016-9.jpg 111016-10.jpg
(L)山本さんの用事でdocomoショップへ。(R)充電器が欲しいらしい。

搭乗の2時間前に団体受付カウンターで受け付けをしなければならないけれど、まだまだ時間はある。山本さんがdocomoショップに行きたいと言ったので、関空内のdocomoショップに行くことに。どうやら充電器が欲しいらしい。自分はその間、イスに座って山本さんを待つ。何やら他に色々と手続きしたみたいで、やたらと時間が掛かっていた。無事充電器を入手した山本さんが戻ってきたので、早速団体受付カウンターへ行くことに。

111016-11.jpg 111016-12.jpg
(L)団体受付カウンターでeチケットの控えを受け取る。(R)外貨両替も。とりあえずドルに換えとく。

南団体受付カウンターに行くと、ツアー会社の看板が細々と置いてあり、そこでパスポートを提示してeチケットの控えを受け取った。これまで海外ツアーに参加したことがなく、てっきりこの団体受付カウンターでツアーの参加者全員が集合して添乗員の指示で行く…みたいなことを想像していたけれど、全然違っていた。搭乗手続きはすべて自分達で行い、今回のツアーでは目的地であるインドで現地の係員が出迎えてくれる。つまり、個人的にかなり気になっているツアーの参加者の人数は、インドに着いてみなければ分からないということだ。

eチケットの控えを受け取り、そのまま外貨両替所へ。ツアー会社の情報によると、とりあえずドルに両替してから現地でルピーに交換した方が良いとのことだったので、とりあえずドルに交換。また、自宅にあったドル札もいくらか持ってきた。高校の頃、修学旅行でハワイに行った時の残りのドル。良い機会なので使ってしまおうてことで。

111016-13.jpg 111016-14.jpg
(L)エア・インディアのチェックインカウンターへ。(R)チェックイン完了後に受け取ったチケットとこの旅必須のタグ。

eチケットの控えを受け取りドルへの両替も済んだので、エア・インディアのチェックインカウンターへ向かう。手続きをする人が結構いて驚いた。ツアー客がほとんどのようだ。ク○ブツーリズムや、僕らの前に並んでいた女性二人は僕らと同じツアー会社だ。大学生っぽい人たちも何人か見かけた。

ようやく僕らもチェックインの順番が回って来た。パスポートを提示し、チケットを発行。スーツケースを預け、手荷物に付けなければならない「タグ」を受け取る。この「タグ」の存在は、山本さんが事前に買っていた「地球の歩き方」を見て知っていた。この「タグ」をカウンターでもらい、手荷物に付けなければ後からめんどくさいことになるらしい。日本を出国する時は何も起こらなかったけれど、インドを出国する時にめんどくさいことが起きた。その話は別の記事にて。その「タグ」を手荷物の数量分もらい、チェックインを終えた。

111016-15.jpg

さてここからはさくさくと出国手続きを進めて行く。パスポートに新たな「出国」の印が押された。旅の実感がどんどん湧いてくる。免税店の立ち並ぶ通りを歩いていると、先ほどチェックインカウンターで見かけた同い年っぽい女性を見かけた。僕らは搭乗口へと向かうため、電車みたいなのに乗る。

111016-16.jpg
関西空港14:10発 エア・インディア AI315便

搭乗口に着くと、そこから搭乗予定の航空機が見えた。関西空港14:10発 エア・インディア AI315便、僕らをインドへと連れて行ってくれる航空機だ。よろしく頼みます。

搭乗口のイスに座って搭乗開始を待つ。その間喉が渇いたので自販機でリプトンを購入。じきに搭乗開始のアナウンスが流れ、飲みきったリプトンのペットボトルを捨てて搭乗者の列に並んだ。堪らなくワクワクしてきた。

チケットを見せ、その後さらにボディチェックと手荷物のチェックがあった。係のおばちゃんに体中を触られ(めちゃくちゃこそばい)、バックの中身を再度チェック。かなり厳重だ。

搭乗するとインド人の乗務員が「ナマステ~」と出迎えてくれ、チケットを見ながら自分の席を探す。僕は窓側で山本さんがその隣、さらにその隣の通路側にはインド人のおじさんが座った。フライトの時間が刻一刻と迫る。座席に設けられたタッチパネルには、いざという時の説明が流れている。そこに搭乗するCGの人間が、やたらと良い体つきで面白い。やがて航空機は動き始め、関西空港の滑走路からインドという国を目指して飛び立った。山本さんはなぜか寝むそうだ。まだまだこれからだよ?

111016-17.jpg

とにかく天気が良い。窓から眺める景色が最高だ。トップ写真は淡路島で、上の写真では明石海峡大橋が確認できる。素晴らしい。

111016-18.jpg 111016-19.jpg
(L)途中で出たお菓子とコーラと…(R)機内食も程なくして搭乗。

日本を飛び立ってしばらくすると、飲み物とお菓子のサービスが。このお菓子がスパイシーで本気で美味しかった。これは良いおつまみになりそうだ。さらにその後機内食も。お米が日本のものと違っていたけれど、中々美味しい。カレー風味なのと、ヨーグルトが登場するあたりがインドっぽい。

途中で僕はトイレに行くことに。一番窓側の席だったから、隣の山本さんを跨いでさらにどの隣のインド人のおじさんも越えていかねばならない。おじさんに身振り手振りですみませーんと伝え、トイレに行った。

111016-20.jpg
この空の向こうで、僕は何を感じることができるのだろう。

111016-21.jpg

フライト中、ずっとこの本を読んでいた。戸井十月氏の「道、果てるまで」。ユーラシア大陸をバイクで横断するという物凄い旅の記録。この旅で出てくる国の、様々なストーリーに興味が尽きない。空の雲を見ながら音楽を聴いて、この本を読んだ。旅への想いがどんどん膨らんでいく。

香港に到着する前辺りに、近くに座っていたインド人の女性がトイレから戻ってくるタイミングで、2度目のトイレに行った。その際、用を足している途中にベルトのサインが出て結構焦った。席に戻り、ベルトを締めて香港に降り立つ準備をする。

111016-22.jpg
香港 17:34頃到着(日本時間)

窓の外に島のようなものがいくつか見え始めたと思ったら、どんどん降下。どうやら経由地の香港に到着するようだ。滑走路が見え始め、着陸態勢に入った。日本時間の17:34頃、香港に到着した。

111016-23.jpg 111016-24.jpg
(L)手荷物と…(R)服にシールを貼られた。

香港では約2時間ほど滞在するが、滞在と言っても機内から出ることはできない。その間、香港の空港の係員が何人か機内に乗り込んできて、チケットを提示してくれと言われ、その後手荷物と服にシールを貼られた。手荷物に貼られたシールが簡単に取れて若干困った。

香港で待っている間、インド人の男性と喋った。「デリー?ムンバイ?」と僕が聞くと、ムンバイに向かうらしい。デリーよりももっと南の方だ。インド人の男性に「Student?」と聞かれたり、ちょっと日本語を話せるとのことだったのでそれを聞いたりした。うん、とりあえずこの人は面白い人らしい。

111016-25.jpg

とーにかく、この香港で出発を待っている間、とても暇だった。しかもその間トイレは封鎖され、トイレ待ちの乗客が何人かウロウロしていた。とりわけそのウロウロ加減が凄かったのが前に座っていたインド人のお母さん。僕らの横の通路を何往復もウロウロしていた。ウロウロしながら不安げな表情をするものだから、何だかこちらも不安になって来る。お母さん、落ち着いて!

111016-26.jpg

外は少しづつ暗くなってきた。窓の外にはドラゴン航空やエアカナダの航空機が見えたり、高層マンションが何棟も並んで建っているのが目に入る。香港、一応今いるけど、いつかちゃんと降りて満喫してみたい。

ぼーっと外を眺めていると、急に乗客がたくさん乗り込んできた。そろそろ香港を出発するみたいだ。香港人がたくさん乗り込んでくるのかな?と思っていたけれど、インド人がたくさん乗り込んできた。日本時間の19:00頃、シートのモニターで搭乗の際の注意事項が流れ始め、ようやく航空機が離陸態勢に入った。

111016-27.jpg

日本時間の19:00過ぎ、香港を出発。窓の外にはぽっかりと月が浮かび、その向こうには別の航空機が飛んでいた。窓の外は、次第に暗くなってきた。夜との狭間を、これから駆けて行く。

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/481-45aca97b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT