PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」

111127-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


111127-2.jpg

レッドフォート観光を終え城内を出ると、人力車がやけに集まっている場所へラムさんは僕ら参加者達を誘導した。ここからは「デリーの浅草」こと、庶民の町チャンドニー・チョウクを観光。旅程表にはウォーキングツアーとなっているけれど、どうやら人力車で巡るよう。昨日空港に着いて初めてインドの街並みを見た時から気になっていた人力車。まさかこのタイミングで乗れるとは思わなかったのでワクワクする。

111127-3.jpg

ラムさんに乗って乗ってと言われ、山本さんとペアで人力車に乗る。他の参加者もペアで乗り、乗車後ラムさんに人力車に乗っている感じで記念写真を撮ってもらった。そのラムさんの乗る人力車はどうするのかと思ったら、他の参加者ペアの人力車の後ろに無理矢理乗っていくという。ラムさんが落っこちないか心配だけれど、人力車を漕ぐ人の負担が増してそっちも心配だ。まぁ大丈夫か。

と、参加者全員の乗車が完了したので、チャンドニー・チョウクの人力車紀行が始まった。人力車を漕ぐ人は手押しで加速を付けてから、座って漕ぎはじめた。僕らが出発していく瞬間を、なぜか多くのインド人に注目され、まるで見送られるようにしていざ出発。

111127-4.jpg早速交差点に突っ込んでいく人力車。横から来るオートリキシャーや他の参加者の人力車と接触しかけてちょっと焦った。山本さんに「どう?」と聞くと、「(人力車を漕いでいる人が)大変やな」と苦笑いしていた。

交差点は一応大通りは赤信号で、僕らを乗せた人力車が交差点を突っ切るのには問題ない。それでも、他の人力車やチャリンコ、オートリキシャーなんかが信号無視して突っ込んでくるのでかなり怖い。何とか交差点を渡りきっても、そこは人・人・人、そして色んな乗り物がクラクションを鳴らし我先にと突き進む。ツアーバスの車内からでは決して味わえない、例えば短パンを着ていて露出してる膝をオートリクシャーに当てられるような、インドを今体感している。

クラクションの音も車種によって様々だ。一般的な音が圧倒的に響いているけれど、時折「ぶりぶりぶり~」みたいなただの異音でしかない音を鳴らして突き進んでいるオートバイが走っていた。

111127-5.jpg
道路の真ん中では人が寝ていたり、よく見るとナンバープレートが落ちている。

人力車を漕ぐ男性が、ちょいちょい僕らに片言の英語(あるいは無言で指をさして)で街をガイドしてくれる。何かの儀式なのだろうか、何やら宗教っぽい音楽が騒がしい建物があったり、マクドがあるよと教えてくれたり。街中にインドらしからぬキリスト教の教会があり、「Church」と言って教えてくれた。

そのガイドにはとりあえず適当に「へー」と言っておいて、街を見るとやっぱりすごい。混沌過ぎる。道路の真ん中では人が寝ていたり、ナンバープレートが落ちていたり。インドのナンバープレートはデザインが様々で、街中ではナンバープレートを売っている店も見かける。登録手続きなんかはどうしているのだろう。

111127-6.jpg

オールドデリーの街は本当に賑わっている。先述したように、様々な乗り物が行き交い、いろんな人がいて、道路沿いの商店なんかはヒンディー語の文字を掲げ、それが余計に街の風景を複雑にしているように感じられた。

111127-7.jpg

…と、人力車は急に左折。あ、ちょ、わ!と言う余裕もなく、するすると薄暗い路地裏の狭路に突っ込んでいった。ここからが「デリーの浅草」ことチャンドニー・チョウクの本領発揮だ。

111127-8.jpg

薄暗い狭路に入り天井を見上げると、複雑に絡み合った電線が見える。人力車を漕ぐ男性が「これは◎百年前の…」と言っていて、僕には300年前のものと聞こえた。電線を見て言ったのか天井を見て言ったのかは分からないし、それだけ古いものであるかどうかは不確定だけど、相当年季が入っている電線、天井の造りであるのには間違えない。臭いもカビのような、埃っぽいような臭いがする。

111127-9.jpg

狭路の薄暗い天井区間はすぐに抜け、そこら中に庶民の店が立ち並んでいることに気付く。こんな路地裏のような道でもたくさんの店があり、そしてストリートを形成していることに驚きだ。

111127-10.jpg 111127-11.jpg
(L)野菜を地べたに置いて商売する男性。(R)野菜の皮剥き(?)の処理をする男性。

111127-12.jpg
チャンドニー・チョウク

複雑に絡み合った電線が印象的である狭路。様々なお店が並び、様々な人が仕事をし、様々な人が買い物やお喋りをしている。

111127-13.jpg

ジュース屋さんや、大量の段ボールを頭に担ぎながら雑談する男性。1つ1つの光景が目に焼け付く。

111127-14.jpg

狭路を人力車で走っていると、後ろからクラクションを鳴らされオートバイにぶち抜かれる。さらに前からもオートバイなんかが来るわけだから、よくまぁ事故が起きないなと感心する。本当に様々な乗り物や人とすれ違う。人間一人寝かせて載せたぐらいの荷物を運ぶ荷車を見かけ、「し、死体?」と思って驚いて振り返るとただの荷物だったりも。

111127-15.jpg

インドではこの型のオートバイをよく見かけ、このレトロさに惚れこんで@way The India Road.中はこのオートバイを見かける度に写真を撮った。チャンドニー・チョウクでは、まるで日本の郵便屋さんのバイクに付けられているボテ箱のような、赤い箱を積載したものを発見。あー、良い感じ。

111127-16.jpg

さらに狭路を進んでいくと、たくさんの人が集まり大きな鍋で何かの料理を作っている場所に出くわした。何かを煮たり、こねたり、握ったり。食堂か何かあるのだろうか。さらにその先には、お供え用の花が売られているお店が並んでいる。線香のような、強烈な香りが立ち込めていて、思わず「ものすごい臭いがする」と呟くほど。やがて狭路の突き当たりが見えてきて、人力車は左折。多くの人力車やオートバイとすれ違いながら曲がり、少し広めの道に出た。

111127-17.jpg
髭剃り屋さんかな?

道が広くなると車の数も多くなった。オートバイにクラクションを鳴らされながら、様々な人とすれ違いながら、僕と山本さんを乗せた人力車はゴトゴト進む。ふと目にする光景、上写真の髭剃り屋さん(?)のような光景に、ついついカメラを向けてしまう。

111127-18.jpg

さらに進んでいくとたくさんの人や乗り物でごった返す交差点に出た。僕らより前を走る人力車が速度を落としたので、僕らの乗る人力車も速度を落とす。人力車を漕ぐ男性はサドルから降りて、手押しで交差点を抜けて行く。

111127-19.jpg

人力車で走ること15分、道路の状態はさらに混沌としている場所に出た。交通状況がどうなっているのかさっぱり分からない。あぁ、でもこういう雰囲気が堪らない。何もかもに興味を持ってしまう。

111127-20.jpg
魅力的なオートバイに乗るインド人の男性。ブーンバババ駆け抜けて行った。

111127-21.jpg

やがて目の前に門のようなものが見えてきた。どうやらあれが次に観光する目的地らしく、人力車の旅もここで終わる。

111127-22.jpg
ジャーマ・マスジット

次の観光目的地である「ジャーマ・マスジット」前で人力車を下りた。ラムさんが「お金は私が払いますから、皆さんは払わないでください」と言っていたのでありがとうと言ってそのまま下りようとしたら、人力車の男性が「チップ!チップ!」と言って僕と山本さんに迫ってきた。嘘やんこいつ!と思ったのだけど、あまりにしつこいのでいくらかチップを支払った。チップが欲し過ぎたのか、最終的に「ディップ!ディップ!」と言っていた気がする。ちょっと怖かった。

何とか人力車の男性から解放され、ジャーマ・マスジットの観光へ。ここでは本当に後悔した。というのも、宗教の関係でカメラが厳しく規制されているため、1台しかカメラを持ち込めない+1台のカメラにつき100ルピー取られるという決まりあった。今考えても自分で自分が理解できないのだけど、なぜかその100ルピーを払うのが疎ましく、カメラをツアーバス(人力車でチャンドニー・チョウクを巡っている間に、レッドフォートからジャーマ・マスジット前へ移動していた)の中に全て置いた。ジャーマ・マスジットに入場する際にポケット内等を調べられ、さらに靴を脱ぎ、短パンの僕は下半身だけサリーのようなものを着せられ、入場。あー、後悔。カメラ持ってくりゃよかった…。ジャーマ・マスジットは本当に美しいモスクだった。

インドで最も大きいモスクであるジャーマ・マスジットは、多くの観光客で賑わっていた。敷地内には広場があり、そこからモスクを眺める。鳥がたくさん空を飛んでいて、それがまたモスクと合う。感動しながら山本さんとモスクを眺めていると、一人のインド人の男性の話しかけられた。俺に付いて来いというようなジェスチャーをするものだから適当に付いていくと、モスク内の祈る場所に連れて行かれ、「この方角にアグラのタージマハルがある」みたいな説明を受けた。適当にへ~、と聞いて立ち去ろうとしたら、またしてもチップをせがまれた。僕は頼んでもいないガイドにチップ等払う気はさらさらなかったので無視して行こうとしたら、山本さんがしつこうせがまれ、挙句の果てに「ボスに言いつけてやる」みたいなことを言い始めた。結局山本さんがチップを払い、ようやく解放。あーもううざ!という感じだけど、ここはインド。注意を怠った自分が悪いと反省。

結局ジャーマ・マスジットでの見学時間は、素足で広場内をペタペタと歩き、モスクをただ眺めて過ごした。モスクの両端に聳える尖塔は登れるようで、よく見ると尖塔の末端部に人がいるではないか。そうえいば先ほどチップをせしめてきたインド人が、尖塔へ案内してやるから金をくれと言っていた。この時は詐欺にあった気分で沈んでいたけれど、今思えば尖塔にも登っておきたかった。くっそー、ジャーマ・マスジット観光は後悔だらけ。いつかリベンジしてやる!広場を歩いていると、カップルでツアーに参加していた2人組みに記念写真をお願いされた。女性の方がカメラを持ってきていて、モスクの前で2人を撮影。あー、カメラ持ち込めばよかったー!まぁ、そんな後悔も旅の思い出ということで、これからは気をつけよう。

そんなわけでジャーマ・マスジット観光が悲しく終了。外に出る際に下半身だけ着ていたサリー(ちなみに観光客間で使い回しのようでとても汗臭い)を返却し、靴を履いてツアーバスの元へ戻った。ジャーマ・マスジットの門を出ると階段を下りる。その階段の上からデリーの街並みがよく見えた。

111127-24.jpg

現在時刻は11:15。もうすぐ昼食の時間だ。この辺りから物凄い喉の渇きを感じ始めてきた。ホテルからミネラルウォーターを持ってくればよかったと、他の参加者の水を飲む姿を見て激しく後悔。とりあえず、昼食まで水を飲むのを我慢するしかない。

バスは再びデリーの街並みを突き進む。交差点の混雑ぶり、絡み合った電線、ちょっと懐かしく感じられるvodafoneの看板が印象的に窓の外の景色として流れていく。

111127-25.jpg 111127-26.jpg
(L)絡み合う電線や、建物の古さ、(R)vodafoneの看板等が目に入る。

ジャーマ・マスジットからバスで走ること10分、次の観光地に到着した。先ほどまで見てきたデリーの街並みのような混沌さがない、美しく整備された公園のような場所。そう、ここは、インド独立の父、マハトマ・カンディーが火葬された場所、「ラージガード」だ。

111127-27.jpg
ラージガードに到着。これまでのデリーの混沌ぶりとは違う、美しい公園のような場所だ。

111127-28.jpg

111127-29.jpg
ラージガード

ガンディーなどという歴史上の有名人物がここで火葬されたと聞くだけで鳥肌が立つ。さらにラムさんが有名なエピソードを解説してくれた。

「ガンディーが暗殺された時、彼は自分の額に手を当てました。『あなたを許す』という意味です。」

広場の中央かどうかは知らないが、多分中央だろう場所に火葬台があり、周りには多くの人が見学している。それを遠目で見ながら、ラージードの出口へ向かって歩道を歩いて行く。

111127-30.jpg 111127-31.jpg
(L)出口へ向けてテクテク歩くラムさん。(R)テクテク進んでいく。

日差しが強く、ラージガード内の芝生の緑が眩しい。喉の渇きも限界ギリギリで、ラムさんに「水飲めないすかね?」と聞くと「またあとで」と言われてスルーされちょっと悲しかった。

ラージガードを出てツアーバスがやってくる場所へ向かう。その場所にはインド門レッドフォートで見かけた女子大生達をまたたくさん見かけたが、今度は記念写真を求められることはなかった。

111127-32.jpg
またもや遭遇の女子大生達。今度は絡むことはなかった。


女子大生達がたくさん集まっている場所に待機し、ツアーバスの到着を待つ。ラムさんが電話で連絡取っている。バスを待っている間、思いがけないところから大きなトラックだかバスだかが大音響のクラクションを鳴らして出てきたのでかなりびっくりした。インドの大型車は迫力がある。

やがてツアーバスが到着。ラムさんが「次は昼食です」と言ってほっと一安心。体中の水分がどこかへ行ってしまったと思うぐらい喉が渇いた。参加者一同暑そうだ。レストランへ向かう途中、魅力的なバイクを見かけた。この色はレッドフォート前で見かけた警察のバイクだろうか。このバイクはこの旅で何度か見かけ興味が湧いたので、また別の記事で改めて紹介しようと思う。
さらに道中、交差点で信号待ちをしていると、急に窓の外に女の子が現れ、踊りを披露してお金を乞うてきた。昨日空港からホテルまでの間での信号待ちでも、同じように窓の外に女の子が現れた。ショックな光景だけれど、踊りをする少女の体の柔らかさに驚きだ…ってそういう問題ではない。思わず構ってあげたくなるけれど、それはダメだ。

111127-33.jpg 111127-34.jpg
(L)インドでよく見かけたかっこいいバイク。(R)ようやくレストランに到着…。

111127-35.jpg

ラージガードから20分後、バスは停車しレストランに到着した。道路の反対側にレストランがあるので、車に注意しながら道路を横断する。ようやく、命の水にありつけそうだ。し、死ぬ。

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/499-7bad4b0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT