PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The India Road.-10 「映らぬ水面」

120114-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


120114-2.jpg
ラームナガル砦 正門

11:40頃、我々ツアー参加者を乗せたバスは本日1本目の観光地「ラームナガル砦(城)」に到着した。バスから下りると、むぁっと来る暑さ。気温もどんどん上がって来た。ラームナガル砦は17世紀からある砦で、ガンジス河の眺望を楽しむことができる。正門のピンク色がやけに鮮やかだ。

120114-3.jpg

正門の両脇には大砲(この大きさを大砲と呼ぶのかな)が。さらに、その下で休む動物。ヤギ?牛?中々面白い光景だ。Oさんはこの大砲の銃口を至近距離で撮影していた。どんな写真が撮れたのか気になる。

120114-4.jpg 120114-5.jpg
(L)入場手続きを。(R)いざラームナガルの砦へ。

120114-6.jpg

120114-7.jpg
ラームナガル砦

正門をくぐると早速ラームナガル砦内の庭園に出る。17世紀の建物が庭園を囲むようにして立地しており、かつての要衝に今いることを実感する。ラムさんが入場手続きを行い、いざ砦内の観光開始。と、その前に庭園を歩いて砦の様子を観察。興味深いものがたくさんある。

120114-8.jpg

砦の中には我々のような観光客もいれば、色々と作業をしているインド人もよく見かける。これはクラシックな車を囲み何かをしている人達。何をしているのだろう。

120114-9.jpg

こんな運搬車も。エンジンの音が渋すぎて動画を撮った。「トゥルットゥルットゥルッ」という古ーい感じのエンジン音。痺れるなぁ~と言いながら動画を撮っていたら「渋いっすね」とOさんに変態がられた。ホント、魅力的すぎる。インド人の男性2人がこの車に荷物を載せようと何かを運んでいた。そんな何気ない風景が心に残っていく。

120114-10.jpg

砦の建物の装飾というか造形というか、とにかく素晴らしい。この美しい建物と、この近くにあった像のモニュメントを絡めてラムさんが記念写真を撮ってくれた。その2つを無理矢理入れて写真を撮ろうとするものだから、ものすごく微妙なアングルの写真になったけれどまぁいいや。ありがとう、ラムさん。そんなわけでいざ砦内へ。

120114-11.jpg 120114-12.jpg
(L)少しひんやりとした砦内。(R)わわわ!コウモリが!

120114-13.jpg

砦内は薄暗く、そしてひんやりとしていてカビ臭い。足元の下りになっていたり段差があったりするので注意しながらラムさんに付いていく。天上には斑点のようにコウモリが休んでいて若干気味が悪かった。

120114-14.jpg

赤茶げた、ヒビの入った壁面に様々なものを感じる。3分ほど歩くとすぐに出口に出た。

120114-15.jpg

120114-16.jpg
ラームナガル砦から眺めるガンジス河の眺望

ガンジス河は想像以上の濁り具合で驚いた。少なくとも、水面に顔が映るほどのキレイな水質ではないのは明らかだ。その大きさにも圧倒されたが、想像以上の河の様子の方が焼きついた。

120114-17.jpg

ガンジス河の眺望を楽しむ参加者達と、インド人の観光客。サリーの女性達はこの河の様子を見て、どのように感じているのだろう。とりあえず、落下防止の柵が低過ぎるのがちょっと面白い。

120114-18.jpg

ガンジス河の眺望を楽しんだ後、少し歩いて神様が祀られているっぽい場所にラムさんが案内してくれた。豚の神様の像があり、とりあえずさわさわとお触りを。

120114-19.jpg
豚…じゃないか、多分牛ですね。皆、さわさわと触る。ちょっとかわいい。

120114-20.jpg

その神様の像の前にはお祈りできる場所がある。裸足で入らなければならないだけでなく、若干のお金も求められるので男性が一人見張っていた。中にはさらにもう一人の男性がいて、お祈りの方法を教えてくれているようだった。僕はやらなかったけれど、女性の参加者数名がお祈りをしていた。それにしても、牛の神様の後ろ姿が良い感じだ。

120114-21.jpg 120114-22.jpg
(L)生活感溢れる情景の前で記念撮影。(R)ラームナガル砦観光を終え、外へ。

参加者数名がお祈りをしている間、壁面に干された洗濯物が目に入った。砦の中に洗濯物があるというのがちょっと不思議だけど、折角なので記念撮影。そういえばピンク色の正門をくぐる時、門の中にも洗濯物が干されているのを見かけた。

さて、ラームナガル砦の観光も一通り完了。再び薄暗い砦内を歩いて出口を目指す。

120114-23.jpg

薄暗い砦内の通路を抜け、再び庭園に出る。やっぱりそこで見かける光景が興味深い。クラシックな車に布をかけていたり…

120114-24.jpg

先ほどのエンジン音が魅力的だと言った運搬車では荷物の積み込みが終わったみたい。とてもカラフルな積載物だ。

120114-25.jpg
古風な乗り物もあったり…

120114-26.jpg

17世紀につくられた建物の風景に溶け込むオートバイ達。何となく撮った1枚だけど、撮ってよかったと思える1枚。

120114-27.jpg

12:10頃まで観光をして、昼食をとるためこれからホテルの方に戻る。ラームナガル砦の外に出ると、やはり目につくのは様々な現地の人の生活っぷり。果物ジュースのお店の男の子がこっちを見ていたり。

120114-28.jpg
色々なお店が軒を連ね、色々な人が買い物なんかをしている。

120114-29.jpg
使いこまれた自転車と、遠くを見つめる男性。彼の目には何が映っているのだろう。

120114-30.jpg

色々と興味深いものを見てバスに乗り込んだ。これからホテルへ戻り昼食を。ホテルに到着するまでの間、少しばかり寝ることに。というか気付いたら寝てた。

120114-31.jpg

…と、ふと目が覚めた。走行中けたたましく聞こえるクラクションで目を覚ましたわけでない。ふと目を覚まして窓の外を見ると…わわわわ!

120114-32.jpg

わわわわわ!これは…なんだろう。とりあえず機関車であることには間違えなさそうだけど、たくさん人が乗っている。架線の点検でもしているのかな。うーむ、興味深い。おかげでバシっと目が覚めた。旅行中は、移動中とはいえど居眠りは勿体ないと痛感した。

120114-33.jpg

ゆっくりと去って行く謎の機関車。道路が混雑しているおかげで、ゆっくりと観察することができた。長大編成sの列車ばかり走るインドで、1輌だけでトコトコ走る機関車を見ることが出来るとは。…とそこへ…

120114-34.jpg
ゴトゴトゴト…

120114-35.jpg

そんなことを考えていると、反対方向から長大編成の列車が通過していった。あの客車の色は今朝ベナレスまでやってきた寝台列車と同じ色だ。

120114-36.jpg

相変わらず道路が混雑していて中々バスが前に進むないが、窓の外は面白い光景ばかりだ。子供たちでぎゅんぎゅんのオートリキシャー。手を振ると降り返してくれた。なんてノリの良い子供たちなんだ。山本さんはオートリキシャーを運転するおじいさんがツボにはまったようだ。ブブブーブブーと、子供たちを乗せたオートリキシャーは去っていった。

120114-37.jpg
色々なものを目にする。これは馬ですね。

120114-38.jpg

色々なものを目にするだけ、道路はそれほど混雑していてもう大変。クラクションを鳴らし鳴らされつつ、ツアーバスは進んでいく。

120114-39.jpg

後から気付いたのだけど、この写真の風景、行きのバスの車内からも撮ったこの風景と同じだ。数ある風景の中から、同じ風景を2度も写真に収めるとは。

120114-40.jpg

バスに乗りながらだと、シャッターチャンスは本当に運任せだ。魅力的なオートバイに乗る男性を撮ろうとしたのに目の前をオートリキシャーに邪魔され…けれどその奥では撮る予定はなかったお店の前に座るお母さんと女の子が写っていたりする。

120114-41.jpg 120114-42.jpg
(L)ホテルに到着し…(R)ようやく昼食へ。

グレードの高いホテルに宿泊する2名の参加者を途中で下ろし、僕らもようやくホテルに到着した。時刻は13:00を回っており、行きと同じように約1時間掛かった計算になる。そんなわけでようやく昼食。ホテルのレストランへと向かう。

120114-43.jpgレストランのテーブルに適当につくと、まずはドリンクを注文する。とりあえずペプシを。昼食代は全て旅行代金に含まれているが、ドリンクはいつも別料金だ。

最初にスープが出せれ、それから次々とカレーやナン、ご飯が運ばれてきた。昨日もカレーだらけの1日だったけれどこの時ようやく気付いた。この旅はカレー三昧になるな、と。

この昼食の際、同じテーブルに女性2人組が座っていたので色々と喋った。この2人は中々熱心にヒンディー語を話そうとしていて、旅の指差し会話帳をフル活用していてちょっと羨ましかった。うーむ、参考にしよう。

120114-44.jpg

食後はチャイを。体に沁みわたるチャイを味わいながら、これまでの観光のことを思い返す。午後から、またどのような景色に出会えるか楽しみだ。

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/505-24afa444

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。