PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The India Road.-11 「物売りの少年」

120125-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


チャイを飲み一息ついた昼食タイムも終了。ペプシが60ルピー、水が10ルピー、そしてチップが10ルピー。レストランの人に飲み物代とチップを支払う。水は飲みきらずに観光中の水分補給用として持ち歩くことに。昨日のラージガード観光中の喉の渇きは忘れられないので。というわけで今日のツアーも午後の部へ。トイレを済ませツアーバスに乗り込む。14:30頃、ツアーバスは出発した。

120125-2.jpg 120125-3.jpg
(L)午後の部スタート。ツアーバスに参加者達は乗り込む。(R)水も持参して…。

120125-4.jpg

120125-5.jpg

朝から同じような風景を見てきたわけだけど、相変わらず街の風景には目を奪われる。そんな日本とは全く違う街の中で、見たことのあるブランドのロゴを見かけると不思議な気分になる。例えば写真では「Reebok」や「NOKIA」なんか。「NOKIA」で思い出したが、ラムさんの携帯もそれだった。ツアー中何度かラムさんの携帯が鳴り、その度にNOKIA TUNEが流れていた。それを聞いた南米を旅したことのあるOさんは、「世界中のNOKIAの着メロ、多分全部これっすよ」と言っていたのが印象に残っている。

120125-6.jpg

写真では分かりにくいが、建物の柱が細い木々を集めて支えてある建物が目に入った。街は不思議と謎で溢れ返っている。

120125-7.jpg

昨日周ったデリーよりもベナレスの方が街中にいる牛が多い気がする。人間と同じようなノリでそこら辺にいるので全然不思議なことではないのだろうけど、うーむ、慣れない。牛によっては路上で寝ていたり、写真のように人間の捨てたゴミを食べていたりする。そのような状況で牛が誤ってビニール袋を食べてしまい病気になってしまうことがあるので、インドでは州によってビニール袋を法律で禁止している場合がある。旅の際にはそういったことにもご注意をと、ツアー会社のインフォメーションに書いてあった。

120125-8.jpg 120125-9.jpg
(L)やがて次なる目的地は見えてきた。(R)ツアーバスを下りる。

窓の外にはお土産屋さんが目立つようになり、次なる目的地・サルナートに到着したことを知らされる。バスを下りると早速物売りの少年が近づいてきた。それらをスルーしつつ、サルナートの入場門へ向かう。

120125-10.jpg
入場門周辺にはたくさんの露店が出ていた。これはアイス屋さんかな。

120125-11.jpg
観光案内を見るおじさん。の足の裏の白さに目がいったので思わず写真を。元の肌の色?

120125-12.jpg
釈迦・初転法輪の地「サルナート」

入場門をくぐると庭園の通路があり、そこを進んでいくと右手にサルナートの遺跡群が見えてきた。ここは仏教の四大聖地の1つに数えられる釈迦が悟りを開き始めて説法を説いた初転法輪の地。中々広大な敷地に、興味深い遺跡がゴロゴロと。これは中々見ごたえのありそうな場所だ。写真中央に見えている大きな物体は「ダメーク・ストゥーパ」。これについてはまた後ほどじっくりと。

120125-12-2.jpg 120125-12-3.jpg
(L)遺跡内を歩く。(R)ひときわ目立つダメーク・ストゥーパへ。

遺跡内はきちんと整備されており、ラムさんの解説を聞きながら見て回る。とはいっても壁が高い箇所や入り組んでいる箇所もあるので、写真を撮るのに夢中になっていると置いて行かれそうになるのでちょっと焦る。そんな風にして観光している我々に集ってくるのは物売りの少年たち。とりわけ山本さんはしつこく付き纏われ、お釈迦様グッズのセールスを受けまくっていた。少年たちのセールスを流しながら、遺跡内でひときわ目立つ仏塔・ダメーク・ストゥーパを目指して歩く。

120125-13.jpg
ダメーク・ストゥーパ

ドン!と、サルナートの遺跡公園に建つダメーク・ストゥーパ。この仏塔が建っている場所こそが釈迦の初転法輪の地であるという。実際には釈迦が初めて悟りを開き大分後になってから建てられたダメーク・ストゥーパ。今目の前に見えているこの場所から仏教が広がったのだなと考えると、とんでもない場所に今いることを実感する。

120125-15.jpg
ダメーク・ストゥーパの大きさに圧倒される。ここから仏教は広がったらしい。

120125-16.jpg

ダメーク・ストゥーパを見て、さらに遺跡を見ながら進んでいく。遺跡には様々なものが彫られている。首から上がない仏様をよく見かけた。

120125-17.jpg

120125-18.jpg

120125-19.jpg

これはなんだったのだろう?なんてことや、この彫刻の意味はなんなのだろう?なんてことを考えながら遺跡群を巡る。少しばかり小高い煉瓦造りの遺跡に、少しだだけ触れてみる。何も予備知識がない僕でも、何かを感じ取ることができたように思う。うーむ、ここに来れて本当によかった。

120125-20.jpg 120125-21.jpg
(L)遺跡群を見て回っていると…(R)物売りの少年達が集ってくる。

先ほど遠目で見たダメーク・ストゥーバを間近で見るため、遺跡群をさらに進んでいく。相変わらず物売りの少年は付いてきて、相変わらず山本さんは同じ少年にセールスされている。その様子がちょっと面白い。

120125-24.jpg

ダメーク・ストゥーパに到着するとそこには物売りの少年達が集まっていて、仏塔の根元に腰掛け休憩している子やただ遊んでいるだけの子なんかもいる。そんな彼らに付き纏われながらも、改めてダメーク・ストゥーパの大きさに圧倒される。近くで見ると本当にデカい。そんなダメーク・ストゥーパの壁面には巡礼者がつけていく金箔が薄らと輝いていた。それをなぞりながら仏塔を一周すると良いことがある的なことをラムさんが言っていたので、ツアー参加者達は仏塔をなぞり始める。その光景がちょっと滑稽で皆笑っていた。

120125-22.jpg 120125-23.jpg
(L)仏塔をなぞる参加者達。傍から見ると奇妙な集団だ笑。(R)仏塔壁面には薄らと金箔が。

120125-25.jpg
―ここから、仏教は広がっていった。そんな場所に今僕はいる。

ダメーク・ストゥーパ辺りで物売りの少年たちの集り具合はピークを迎え、とうとう我らが添乗員のラムさんがブチ切れた。「このぐらい怒らないと彼らはやめてくれないので」とラムさん。お釈迦様グッズを持つ少年達はさすがに諦め、引き揚げていった。あやうく山本さんはお釈迦様グッズの詰め合わせを買うところだった。

120125-26.jpg
ムルガンダ・クティ寺院

ダメーク・ストゥーパを中心とした遺跡群の観光を終え、続いてすぐ隣にあるムルガンダ・クティ寺院へ。本当にすぐ隣なのだけど、ツアーバスに乗り込んで移動。わずか1分で寺院の方に到着した。

120125-27.jpg 120125-28.jpg
(L)寺院内へ。(R)寺院の外で休憩するインド人のおばちゃん。

ラムさん先導で寺院の入場門をくぐり、写真撮影禁止の寺院内部へ。寺院内部には野生司香雪という日本人の絵師が描いたお釈迦様の一生が描かれていた。釈迦の誕生、修行、そして入滅。1つ1つの場面に様々な人物が描かれ、その表情から描かれているストーリーがひしひしと伝わってくる、ような気がする。僕ら以外にも白人の観光客もその描かれた釈迦の一生に見入っていた。

120125-29.jpg

寺院の隣には菩提樹があり、仏陀が悟りを開いた時にいた菩提樹の根元の子孫らしい。すぐ横には釈迦が説法を説く姿の模型が!わわわ!

120125-30.jpg 120125-31.jpg
(L)16:00頃、初転法輪の地巡りが終了。ツアーバスに乗る。(R)少しづつ陽が傾いてきたベナレス。

結局16:00を回ったころに仏教の四大聖地の1つ、サルナート・釈迦の初転法輪の地巡りは終了。相変わらず物売りの人達に声をかけられまくるもスルーしツアーバスに乗り込んだ。少し陽が傾いてきたベナレスの街を、ツアーバスはクラクションを鳴らしながら走り抜ける。次の目的地はシルクの工場らしい。

120125-32.jpg
Silk khazana

サルナートを出発しておよそ30分、シルク工場に到着。工場と聞いていたからもっと大きな施設かと思っていたけれど全然違っていた。人通りが多い通りにツアーバスは停車、こじんまりとした「Silk khazana」という看板の掲げられた建物の中に案内される。中に入ると早速シルク織職人の仕事場が目に入った。

120125-33.jpg 120125-34.jpg
(L)シルク工場内に案内され、ツアー参加者達はベンチに腰掛けて行く。(R)参加者の中から2名ほどシルク織に挑戦!

狭いシルク織の仕事場に案内されたツアー参加者達は、奥から順番にベンチに座らされた。シルク織職人が2名機織り的なことをやっており、さらにもう1人のおじさんが英語で解説してくれた。機織りの機械が複雑な構造で、どのようなことをやって製品ができていくのか全く分からない。ツアー参加者の中から2名ほど職人の横に座って機織りに挑戦していたけれど、とーっても難しそうだった。

120125-35.jpg
シルク織の職人。ガチャンガチャンと、機織りの音が工場に響く。

一通りシルク織を見学をした後はお決まりのお土産購入タイムへ。シルク製品の並ぶ店頭へ案内され、お店の人によるセールスが開始された。僕はその前にトイレへ。トイレの場所がものすごく狭い場所で分かりにくかったけれど、何とか小便器のあるスペースに到着。ツアー中、一瞬でも1人になるとても不安になるのはなんでだろう。

120125-36.jpg
トイレへ。分かりにくかった。

120125-37.jpg 120125-38.jpg
(L)シルク製品のセールス開始!(R)僕らはネクタイでも…。

トイレを済ませ戻ってくるとお店の人によるシルク製品のセールスが開始されていた。一通り説明が終わった後は参加者各自でお店の人に説明を聞いたりしていた。女性はサリーなんかを物色していて、僕や山本さん、Oさんの男達は適当に店内を見て回っていた。が、そんな僕らも見逃さないのがお店の人。「ネクタイとかどうですか?」とネクタイをズバババ!と見せてきたので、う~む…と悩みながらも山本さんと1本づつ買った。少しまけてもらい640ルピー。

120125-40.jpg 120125-41.jpg
(L)お店の人からスプライトのサービスが。(R)僕らが買ったネクタイ。

ネクタイを買い終わった頃にお店の人からスプライトのサービスが。今回のツアーで何軒かお店に寄ったけれど、各お店で飲み物のサービスが結構あって助かった。ネクタイも買ったし、スプライトを飲みながらイスに腰掛けまったりしていると、誰かに似ているお店の人が近づいてきてシルク製品を勧めてきた。

120125-42.jpg 120125-43.jpg
(L)インド人に写メを撮られる日本人。(R)スプライトに続き、水ももらった。

お店の人が「欲しいシルク製品はない?」と聞いてきたので「ブックカバーとかありませんかね?」と聞くと「ないねぇ。壁掛けとかどう?」と違う製品は勧められた。この誰かに似ているお店の人が結構面白い人で、携帯電話に興味があるのか、僕らの携帯を「見せてくれ」と興味津々に手に取り挙句の果てには写メを撮ってとても満足そうだった。本当にこの人、誰かに似ているのだけど誰だろう。そんなやりとりをしていると、先ほどのスプライトのサービスに続き水のサービスが。ホントありがとうございます。

女性の参加者の何人かはサリーなんかを買っていたようだけど、結局僕らはネクタイだけを買った。「もっと買いなよ~」と近付いてきたのは添乗員のラムさん。なぜか山本さんと抱き合っていた。

120125-39.jpg
なぜか抱き合うラムさんと山本さん。

120125-44.jpg
お店を出ると、もう日没間近。旅情を感じる瞬間だ。

時刻もまもなく18:00になろうとしていた。シルクのお店は工場の上にあり、階段を下りる際に少しだけ眺めた橙色に染まるベナレスの街並みは中々良い感じだ。

120125-45.jpg
お店の前に停車していたお洒落な車。この色が良すぎる。

120125-46.jpg 120125-47.jpg
(L)ツアーバスに乗る。(R)日没間近のベナレスの街を走り、ホテルへ。

お店を出るとお洒落な車が目に入った。インドでは結構この車を見かける。色がいいねぇなんて思いながらツアーバスに乗り込む。橙色に染まるベナレスの街をツアーバスは走り始めた。ここから一旦ホテルに戻り、その後は希望者のみのオプショナルツアーを楽しむ。そのオプショナルツアーについては事前に全く知らされていなかったのだけど、ラムさんの「オススメよ」と推してくるので参加してみることに。そのオプショナルツアーについてラムさんは「お祈り」がどうのこうのと言っている。はたしてどのような内容なのだろう。

今夜から明日にかけて、インドのベナレスという街の「魅力」にどっぷりハマっていくことになる。

120125-49.jpg
陽が暮れて行くベナレスの街。この街の本領発揮は、まだまだだった。

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/506-6f2e009f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。