PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」

120210-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


他の参加者がアーユルヴェーダのオプショナルツアーに参加している間、僕と山本さんは部屋で爆睡。12:45頃目を覚まし、今いる部屋にはもう戻ってこないのでスーツケースを整える。朝4:30に起きたことによる眠気も何とかすっきりし、スーツケースを持って部屋を出る。ロビーの方に向かうと他の参加者もいて、スーツケースを荷物専用の部屋に入れた。これから昼食とフリータイムを楽しむ。それまでここで預けておくというわけだ。

ツアーバスに乗りレストランへ。混沌としたベナレスの街を走り抜ける。

120210-2.jpg観光客の訪れるような、ツアーの行程に含まれるレストランは現地の人にとって一般的ではないのだろか。レストランの外は多くの人でわいわいがやがやしているのに、レストラン内はガラガラ。店内にポツポツいるインド人もお金持ちそうな人っぽい。というわけでレストランに到着。4人掛けのテーブルに僕と山本さん、OさんとOさんの彼女が座った。

喉がカラカラだったので、注文したmaazaのマンゴージュースは一瞬で飲み干してしまった。こういう時、別料金制のドリンクが恨めしくなるし、何よりmaazaのマンゴージュースは若干量が少ない。しかしまぁ、マンゴージュースは本当に本当に美味しい。

やがて料理も運ばれてきて、毎度おなじみカレーの登場。ここのレストランのカレーは何だか美味しそうだ。連日のカレー祭だけど、ちょくちょくバリエーションを変えてくるのでギリギリ飽きずにいられる。そして注目すべきもう一つの点は、何やら雑草のようなものがいれられているヨーグルトラッシー。何だか怪しげな臭いがして、これはさすがに嗜めなかった。Oさんの彼女のそれに入れられている雑草がダントツに多くて面白かった笑。

昼食を食べ終えレストランを出発する。昼食の時間帯だったからか、レストランを出る頃には店内のお客さんの数は結構増えていた。混沌としたベナレスの街にあまり似合わないお客さんばかりだったのが印象的だ。

120210-3.jpg
レストランを出発。

120210-4.jpg 120210-5.jpg
(L)レストラン前にはスクーターが横たわっていた。(R)ブーンと走り抜けるスクーター。

レストランを出発してっきりツアーバスで戻るのかと思いきや、ラムさん先導で歩き始めた。ラムさん曰くホテルはすぐ近くらしい。昨夜プージャ見学の際にベナレスの街を歩いたけれど、じかにその土地に足を踏み入れ、その土地の空気に包みこまれることによって見られる景色は印象に残る。レストランの前には魅力的なスクーターが倒れていたり、ブーンブブブーとスクーターが駆け抜けて行ったり。街を歩くと、そんなスクーター達に特に目がいったりするのか今回のツアーだ。

120210-6.jpg
バイクの修理屋さん…かな?スクーターを横倒しにして点検しているっぽかった。洗車の水でドロドロだ。

120210-7.jpg
「HERO HONDA」の看板とエメラルドグリーンのスクーターが印象的なバイク屋さん。

120210-8.jpg
産業的な荷物を両サイドに取り付けたオートバイ。良い感じだねぇ。

120210-9.jpg 120210-10.jpg
(L)クラクションが鳴り響く通りを歩く。(R)なんと途中でオートリキシャーに乗ることに!

このまま歩いてホテルまで向かうのかと思いきや、ラムさんと突如一台のオートリキシャーを停める。なんとなんと、ここでまさかのオートリキシャー初乗車!インドに辿り着き空港からホテルに向かう道路で初めて見たオートリキシャー。ブーン!と走る三輪自動車はあまりに魅力的で、ぜひぜひ乗りたいと思っていたのでラッキーだ。

とは言ってもツアー参加者全員がオートリキシャーに乗れるわけではなく、Oさんカップルと女性2人組みの参加者×2の6名は人力車で、僕と山本さん、朝の寺院観光でおでこに付けられた印にテンションが上がっていた女性2人組みがオートリキシャーに乗ることになった。それに加え、ラムさんも乗るのだが、よくもまぁこんな小さい車体に運転手含め大人6名も乗れるものだと感心する。前の席に僕とラムさん、そして運転手、後ろに女性2人組みと山本さんが乗った。運転手さんの隣に座り、もちろん狭いので振り落とされないように吊り下げられていた手すりにつかまる。オートリキシャーに乗らない参加者が人力車を確保したのを見て、ブーンと発車して行った。

120210-11.jpg

ツアーバスで道路を走っているとたまにオートリキシャーの並走したりする。その時運転の様子をよく見てみると、左のグリップを何やら動かしているなと思ったら上写真のようになっていた。ギアをチェンジする際はレバーを握ってグリップを動かす。レバーは左のみで、右グリップはアクセルのスロットル。ブレーキはフット式っぽかった。実に興味深い乗り物だ。

120210-12.jpg
ブーンと出発していくオートリキシャー。

見かけによらず、意外に軽快に走るオートリキシャー。そこそこ機動性もあり、頑張ればそこそこ人数も乗れる。交通状況がてんやわんやのインドでは丁度良い乗り物なのかもしれない。オートリキシャーに乗っている最中デジカメで動画を撮ったが、今見てみると中々良い記録だ。ベナレスの風を直接受けながら、ブーンブブブとオートリキシャーはホテルまで走り抜ける。

人力車でホテルに向かう参加者を待つため途中で何度か停車。5分ほどのオートリキシャーの旅だったが、本当に楽しかった。ホテル直前のデコボコ道に差し掛かった際、振動がモロに伝わってくるのでかなりお尻が痛かったけれど…。人力車より早くホテルに到着したので、後から来たOさんカップルの乗る人力車を撮影。中々良い感じに撮れたので、またOさんに送ってあげよう。そんなわけで参加者一同ホテルい到着。ここからは、ベナレスのフリータイムに入る。

120210-13.jpg
Oさん達到着。人力車の旅も良さそうだ。

ひとまずホテルまで帰還した僕たち参加者は、ラムさんに「18:00にホテルに集合してください」と集合時刻を伝えられ、その後フリータイムへ。他の参加者はちゃんとガイドブックを持ってきていて、さて今からどこへ行こうかみたいな感じで話し合っている。僕と山本さんはというと、山本さんが「地球の歩き方」を持ってきているのみで、特に行きたい目的地もない…いや、あるか。混沌としたベナレスの街へ、身を投じてみよう。15:15、ロビーのラムさんに「行ってきます」と告げ、いざベナレスの街へ山本さんと二人で飛び出した。

120210-14.jpg 120210-15.jpg
(L)ホテル近くに停められていたスクーター。(R)この道の先に、混沌としたベナレスの通りがある。

ホテルを出てすぐにある石ころがゴツゴツした場所。その近くに機械系のお店があるのか、終始魅力的なエンジン音が鳴り響いていた。その近くに停められていたスクーターを横目に道を進むと、canonのフラッグと道に沿う壁が印象的な通りに出る。この先に「混沌のベナレス」が広がる大通りがある。

120210-16.jpg 120210-17.jpg

さっきの印象的な通りを記憶しておき、その通りと大通りの交差点を頭に焼き付けておく。こうしておけば迷わずに済むでしょう。そんなことを考えながら大通りに出ると、僕たちはすぐに混沌としたベナレスの渦に巻き込まれていった。

120210-18.jpg 120210-19.jpg

思わずカメラを向けてしまう、魅力的なスクーターの風景。そんなスクーターを撮る僕を不思議そうに、チャイを飲むインド人の男性に見つめられた。もうホント、周りはインド人ばかり。通りの交通状況も相変わらずものすごく、異国に来ているのだと思い知らされる。

目的地は特にないが、一応は「ガンガ」を目指して歩くことに。今歩いている方向にガンガがあるかは分からないが、とにかく進んでみる。もう今目に入ってくる情報全てが面白いので、目的地なんていらない。

120210-20.jpg
バナナ屋さん。使い込まれた荷車に、バナナの黄色がよく映える。

120210-21.jpg
本当によく見かけるこのスクーター。奥のお店は何のお店だろう。店先は常に雑談の場になっている。

120210-22.jpg
馬車も快走!何と言う世界だ…。

120210-23.jpg
右側のおじさんがこちらを見ているように、僕らはかなり浮いているみたい。まぁいいや、旅人なんだし。

120210-24.jpg
ベアリング屋さん…かな?1つ1つのお店も、よーく見てみると面白い。やっぱり店先は雑談の場だ。

120210-25.jpg
このスクーター、この角度で見るとハンドル部分がスマート。うーむ、興味深いなぁ。

120210-26.jpg
使い込まれた感が堪らない。メーターは120km/hまである。

120210-27.jpg

120210-28.jpg
この大通りを山本さんと2人だけで歩いた記憶は一生忘れないだろう。
ベナレスの印象、見事に植えつけられた。

120210-29.jpg
今朝散々路地裏で見かけた牛も、大通りにもその姿を見せていた。

120210-30.jpg
僕らはどんどん進んでいく。進めば進むほど不安になるけれど、旅をしている実感も湧いてくる。

120210-31.jpg

人ごみに揉まれながら歩くこと30分、交差点に出ていよいよ迷子になりそうだと感じたので、元来た道を引き返すことに。かなり暑く汗ダラダラで、喉もカラカラだし一旦ホテルに戻って水部補給しようってことにも。その辺りのお店でコーラでも買おうか考えたが、ちょっと勇気がなかった。

120210-32.jpg
元来た道を引き返す。それでも、また新しい風景が見えてくる。

120210-33.jpg

ヒタヒタと大通りを歩いていると、魅力的なスクーターがたくさん停まっているお店を見かけた。多分バイクの修理屋さん。写真のしゃがみこんで何かをしている男性。曲がったバイクのキーを工具で叩いて修理しているようだった。

120210-34.jpg
これだけの荷車や人力車が走っている通りを見たことがあるだろうか。もうホント、すごすぎっす。

120210-35.jpg 120210-36.jpg
(L)人力車に乗って下校する子供たち。(R)歩いて集団下校する女子学生も。

こんな混沌としたベナレスの街だけど、何となくインドの治安の良さ(インド全土という意味ではないが…)を実感したのが、意外に見かける子供たちの姿。人力車に乗って下校する子供たちは手を振ってくれた。写真中の手を振ってくれている男の子がホント可愛い。というか、子供たちを6人近く乗せて人力車を漕ぐってすげーなおい。

120210-37.jpg
スクーターの男性にカメラを向けると手を振ってくれた!わーい!

歩き続けること1時間、ようやくホテル近くの通りに辿り着いた。山本さん共々汗だくで、とりあえず…み、水。混沌とした大通りからホテルへと続く通りに入ると、おじさんの乗るスクーターがブーンと通過。カメラを向けると手を振ってくれるというサービス付きでテンションが上がる。

ホテルに戻るとロビーにラムさんがいた。「レストランで休憩してきてください」と言われ、レストランへ。その後飲んだ水が美味し過ぎて泣けた。山本さんはペプシをグイッと。

120210-38.jpg

ひとまずホテルに戻ってきたわけだけど、まだまだフリータイム終了時間まで1時間半ほどある。山本さんはかなり疲れ切った表情をしていたが…それでも今はインドにいるんだ、もういっちょ行こう!ってことでちょっと間休憩の後再びホテルの外へ繰り出した。やっぱり、もう一度「ガンガ」を見たい。でも道が分からない…。と、そんな悩む僕らに、一人の人力車のおじさんが声を掛けてきた。

「ガンガ?」と。

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/511-d73e24f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。