PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」

120217-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


2011年9月14日(水)

120218-33.jpg

8:40頃ラムさんに起こされた。昨夜は寝台列車が遅れ乗車したのは日が変わってからの1:30過ぎだったが、ぐっすり眠れたので疲労感はほとんどない。タタンタタンと軌道上を列車が行く音はとても心地よく、非常に清々しい朝だ。ラムさん、おはようございます。デリーからベナレスへ向かった時と同様に、車窓には広大な大地が広がっている。

寝台列車で迎える朝は、いつでも特別な旅情を感じる。

120217-4.jpg下段の寝台で寝ていた山本さんも目を覚まし、山本さんがベッドを片づけた後僕も下段に降りて山本さんの隣に座った。

「朝ご飯を車内で食べましょうか」と、ラムさんがパンとマンゴージュース、卵焼きのような食べ物を持ってきてくれた。列車に揺られ車窓を眺めながらのこの朝食は最高過ぎて泣ける。そしてやっぱり美味しいマンゴージュース。本当に美味しい。

隣の寝台で寝ていた女性参加者達も目を覚まし始め、朝食を食べ始めていた。昨日体調を崩した女性も随分回復したようで一安心だ。

山本さんとまったり車窓を眺めていると、「これどうぞ」と参加者の女性に御煎餅をもらった。ぅおお、久しぶりの日本な味!本当にありがとうございます。異国の旅ではやっぱり慣れ親しんだ味が恋しくなるもんだなぁ。次の旅ではそういうことにも注意しよう。

120217-5.jpg
もらったお煎餅。ありがたくいただきました。

120217-6.jpg

大平原に広がる何かの畑の中を、2人乗りの自転車が走り抜ける。そんな長閑な車窓が続く次なる街「アグラ」への軌道。もっともっと、世界の鉄道を旅してみたいとも思った。

列車はアグラに到着するまでに何度か駅に停車。車内アナウンスなど存在しないので、何も言わずに停車、発車は日本と違っていて結構違和感がある。そんな感じでとある駅に列車は停車したその時だ。お煎餅をボリボリ食べていた女性達が驚いた声を出したので、僕と山本さんもそちらの方を見た。何と窓の外に、昨日ムガルサライ駅のホームで参加者の女性からパンと飲み物をもらった乞食の男性(言い方が悪いがご了承を)がホームに立ち、車内を覗きながら笑っているではないか!そういえばこの男性、女性にパンと飲み物をもらった後、チケットも持っていないのに寝台列車に乗り込もうとしていたっけ…。それを神戸大学のおっちゃんがブチ切れて阻止したはずだったけど、結局乗り込んでいたんだ。

列車は再び動き出した。ホームに立つ乞食の男性はやがて見えなくなり、車内の僕たちはしばらく呆気にとられていた。

120217-7.jpg
アグラフォート駅

10:30を過ぎた頃、ラムさんが「下車の準備をしてください」と参加者達に呼びかけた。どうやら今列車が滑り込んでいる駅で下りるらしい。デリー、ベナレスと続きまた新たな街に到着した。インドを代表する世界遺産、タージ・マハルが存在する街「アグラ」に。

120218-3.jpg 120218-4.jpg
(L)ホームに降り立つと、やはり集まってくるポーター達。(R)ホームを歩いて出口へ向かう。

全く屋根のない駅のホームは開放的で広々としていて、デリーやベナレスの駅とは異なる雰囲気で新たな街に来たと実感させてくれる。ホームに降り立つと、やはり集ってくる赤服のポーター達。Oさんの彼女以外の女性参加者はポーター達にスーツケースを運んでもらっていたが、僕や山本さん、Oさんカップルは自分達で運ぶことに。ポーターやラムさんに先導されながら、僕達参加者は駅の出口へと向かった。

120218-5.jpg
ホームの構造が興味深い。一部屋根に覆われたホームがあり…

120218-6.jpg
この中の階段を上り、連絡橋を渡って出口へ向かう。丁度良く列車が滑り込んできた。

120218-7.jpg
連絡橋から見たホームの様子。異国情趣漂う駅の雰囲気だ。

120218-8.jpg

連絡橋を渡って駅の出口へ。その連絡橋から駅構内を俯瞰すると、「インドの鉄道」のスケールの大きさを改めて実感できる。上写真のようなバラストを積載した貨車の長大編成なんてもの凄い迫力だ…と、こんなことに関心しているとラムさん達に置いて行かれそうになる。駅の外に出るとバスやオートリキシャーが集まっている場所に着いた。例によって、ここからツアーバスに乗りホテルへと向かう。

120218-9.jpg
駅からはツアーバスに乗る。

120218-10.jpg
せーのっ!は!と、スーツケースをバスに積み込む運転手さん。

120218-11.jpg 120218-12.jpg
(L)橋を渡るツアーバス。雲がもっこもこ。(R)ヘルメット屋さんを見かけたり…

11:00前頃ツアーバスは出発。いやー、昨夜はシャワーも浴びることができないまま長時間列車を待ち、そしてそのまま朝を迎えたので早くシャワーを浴びたい。それにしても今日の空は雲が多い。晴れてはいるが晴天ではなさそう。バスから見える景色は、ベナレスほどの混沌さはないが相変わらず興味深い風景が流れている。途中でフルフェイスのヘルメットばかりを売っているヘルメット屋さんを見かけた。インドではフルフェイスはおろか普通のヘルメットでさえ被っている人は少ないので、はたして売れているのだろか…と心配になったりする。

120218-13.jpg
AMAR YATRI NIWAS

11:40頃、今日宿泊するAMAR YATRI NIWASというホテルに到着。今回のインド旅行の参加者のうち、2名の女性はグレードの高いホテルに宿泊し、ツアー自体は共に行動しているが宿泊場所は異なる。その2名に比べ残りの8名は旅行代金は高くないものの宿泊するホテルにはあまり期待を抱かない方がいい…といったグレードのホテルだ。とりわけデリーで宿泊したホテルでは、コーヒーカップの汚れっぷりや故障したエレベーターに驚いたけれど、ベナレスでは少しマシなホテルになり…そして今回宿泊するアグラのホテルは中々良い感じだった。少しずつグレードが上がっているのか…実際のところは分からなかったけれど、まぁ基本的な設備と衛生的に問題なければよしってことで。

120218-14.jpgとりあえず今からはそれぞれの部屋に行きシャワーを浴びる等の休憩タイム。その後ホテルのレストランで昼食をとり、13:40頃ホテルのロビーに集合してくださいとラムさんから指令が。フロントでパスポートを提示し、部屋の鍵を受け取って部屋へ向かう。ここでも「荷物持つっすよ!」とポーターが現れるので、その後10ルピーを渡した。ふぅ。

部屋に入り山本さん持参の変圧プラグを使用して充電すべきものを充電、山本さんと交代でシャワーに入った。昨夜は汗でベットベトのまま寝たので、シャワーが気持ち良すぎる。シャワーを浴び、今日の服はどうしようか…と若干悩んだ挙句昨日ベナレスでお土産用に買ったTシャツを着ることにした。またどっかでお土産用のものを買ったらいいか。お店で買う時、若干サイズ大きいかな?と思っていたこのTシャツ、案の定僕には大きかった。

山本さんもシャワーを浴び、レストランへ昼食を食べに行く。レストランに着くと、僕たち以外の参加者達が集まっていた。昼食は恒例のカレーかと思いきや、焼きそばや中華料理なんかを選べるみたいで、炒飯や酢豚の友達みたいな料理が運ばれてきた。日本のものとは味が違う気がするけれど中々美味しい。相変わらずドリンクは別料金で、僕が飲んだ水は40ルピー、コーラは50ルピーだった。

食事中は単独行動の多い女性(以下Nさん)の、その「単独行動」の裏話で盛り上がった。

Oさん「あの日(ベナレスで女性が夜遅くまで帰って来なかった日)は何があったんすか?」
Nさん「Kちゃん(Nさんと共にツアーに参加している女性)とベナレスの街に出て、アユールヴェーダを体験してきたの。オプショナルツアーのだと高いし、もっと安いのがあるんじゃないかと思って。で、どこか良いアユールヴェーダの場所はないかとタクシーのおじさんに聞いたら良い場所を紹介してもらって笑。その後はそのアユールヴェーダのお店の人と仲良くなったり、帰りはおじいさんの運転するバイクに3人で乗って帰って来たりと色々あったわ笑。」
参加者一同「へー!」
その女性「良い人か悪い人かは大体見たら分かるしね。こっちもこっちでヒンディー語で喋りかけてあげると、向こうも警戒しなくて打ち解けやすくなるし。ホントこの旅行楽しいわ。」
Oさん「完全にインドにハマりましたねー。」

単独行動が多く何やねんこいつと若干思っていたけど、確かに「旅を楽しむ」ってそういうことだと思った。片言でも現地の言葉を少し喋るだけで仲良くなれるし、そこから生まれる出会いは旅を楽しむ大事な要素だ。女性によると、ベナレスで単独行動をしNさんとKさんがホテルに戻ってくるとラムさんはロビーで待っていてくれたのだそうだ。

そして話は、今朝どこかの駅で降りて行った乞食の男性の話になった。

Nさん「あの男性にパンと飲み物を与えたのは…あの人と駅のホームで会って『はっ』と思ったの。この人、ベナレスの火葬場で見た死体の人だって…。それで、私がこの人にしてあげられることって何だろう?と考えた時に、パンと飲み物をあげようって考えたの。」
参加者一同「へ?」「へー!」「こわ…」
Nさん「今朝寝台列車に乗ってあの男性がどこかの駅で降り、窓の外からこっちを覗いて笑っていたのは…多分ありがとうって伝えたかったからだと思う。その方法が分からなくて、寝台列車まで付いてきたんじゃないかしら」

120216-30.jpg
昨夜駅でその乞食の男性とNさんが出会ったシーン。この話が本当か嘘かは分からないが。


120218-15.jpgそんな面白い話で盛り上がった食事も終了し、集合時間になったのでツアーバスの方に向かう。バスの前では何やら足を痛そうに引きずるラムさんが。僕と山本さんが「どうしたんですか?」と聞くと、「いや…大丈夫大丈夫…っく…は…!ちょっと車に轢かれただけだから…」と言っていた。「だ、大丈夫ですかラムさん!ラムさんに何かあれば我々参加者はどうしたら…。」と僕はラムさんにちょっと注意を。とりあえず今後の添乗のお仕事に支障はなさそうだったので、ツアーはもちろん続行される。

次なる目的地は、インドを代表する世界遺産「タージ・マハル」。今日この目で見ることができるのが信じられない。とても楽しみだ。先ほど食事中に話を盛り上げたNさんとその友人Kさんはサリーを着ていた。タージ・マハル観光でサリーを着て行くとは、ちょっと羨ましい。僕や山本さん、そしてOさんの男どもは相変わらずのラフスタイルで。

タージ・マハルまでバスですぐらしい。憧れの世界遺産はもう目の前だ。

120218-16.jpg 120218-17.jpg
(L)タージ・マハルのチケットを買う場所。インドの子供がお出迎えだ。(R)チケットを買うラムさん。

ホテルからバスで走ること10分、本当にすぐ目的地に到着した。到着した場所はタージ・マハルの入場チケット売り場。チケットはラムさんが買いに行き、参加者達はその間ベンチに腰掛けて待つ。僕はトイレに行きたくなったのでラムさんにトイレに行ってきますと告げると、「そこにあります」というからそっちの方にいったら何やら工事中。別のトイレに行くと出口に見張り役みたいな男性がいて、用を足した後チップをとられた。(10ルピーを持っておらず、50ルピー払った泣。)

ラムさんがチケットの手配を終え、参加者にタージ・マハルの紙袋を渡した。中にはミネラルウォーターと、タージ・マハル見学中に靴に装着しなければならない袋みたいなものが入っていた。

120218-18.jpg
受け取った紙袋。タージ・マハル観光の良い記念になる。

120218-19.jpg 120218-20.jpg
(L)ラクダの引く車に乗ってタージ・マハルへ。(R)馬車なんかも。

チケットを買った場所からタージ・マハルまでちょっと離れているらしく、ここからはラクダの引く馬車みたいなのに乗ってタージ・マハルまで向かう。道路には観光客運搬用に馬車なんかもあって中々面白い。それにしてもラクダかー。まさかラクダが引く車に乗るとは思っていなかったなぁ…なんてワクワクしながら乗り込もうとしたら、なんと定員オーバーが発覚。車がちょっと小さかったらしい。そんなわけで別のラクダが引く車に変更。ラムさんだけはラクダに乗らず、知り合いのおじさんが運転するバイクに乗せてもらって移動することに。あきらかにラクダよりバイクの方が速いので、おじさんの後ろに跨りブーンと先に行ってしまうラムさんの後ろ姿はちょっと面白かった。

120218-21.jpg 120218-22.jpg
(L)別のラクダに乗り換え。(R)バイクのおじさんと話し合うラムさん。結果、ラムさんはバイクに乗って先回りすることに。

僕らを乗せたラクダは、やがてノッシノッシと歩き始めた。とてもまったりとしたペースで、歩いた方が早くね?と思うぐらい。ラクダに乗っている間、何人かの女性参加者がラクダに跨り記念写真を撮っていた。

15分ほどでラクダの旅は終了。やがてタージ・マハルへの入場門が見えてきた。

120218-23.jpg入場門に到着し、ここでは入場審査がある。男女別に並び、金属チェック、手荷物チェックが行われた。金属をチェックする機械は2台あり、2列に並んでいた観光客の列。ところが1台は故障しており、途中で2列が1列になっていてちょっと大変だった。しかも人口密度が高くて暑いのなんの。さっきシャワーを浴びたのに、もう汗でベットベトだ。

何とかインド人の男性達の群れから脱出し、他の参加者達やラムさんと合流。とうとう世界遺産の敷地内に足を踏み入れた。ラムさん先導で美しく整備された庭園内を進む。

ほとんどの観光客は、タージ・マハルへの入口である南門から入場していたが、ラムさんはそちらへ向かわず何やら回廊を歩き始めた。果たしてこの回廊がどこに続いているのかは分からないが中々美しい場所だ。ちょこちょこ写真を撮りながらラムさんに付いて行く。

120218-24.jpg
南門に向かわず、こんな回廊を歩く。とはいえ、確実に「本丸」に近付いている。

120218-26.jpg
回廊を歩いている途中南門を撮影。どうやら今歩いている回廊は南門へと続いているらしい。


120218-25.jpg
あ、見えた。

個人的に理想のパターンは、南門をくぐる前に心の準備をしてから、ババーン!とタージ・マハルが目の前に!という感じ。ところが、僕らが歩いてきた回廊は南門の横に辿り着き、そこからタージ・マハルはすでに、そして普通に見えていた。わわわ、こ、心の準備がまだ…

何はともあれ、タージ・マハルが今目の前に。ラムさんが集合時間を決め、参加者達はタージ・マハル観光を開始。と、とりあえず、真正面から写真を撮ろう。

120218-27.jpg
インド・アグラ 世界遺産「タージ・マハル」

これが全て大理石で出来ていると聞いて驚いた。ムガル帝国第5代皇帝ジャー・ジャハーンが愛妃ムムターズ・マハルのために建設した墓廟。憧れの世界遺産が今目の前に。僕はずっと「すげーすげー!」と言って山本さんに話しかけていたけれど、彼はずっと黙りこんでいた。彼曰く「タージ・マハルに感動しすぎててん」とのこと。

120218-28.jpg 120218-29.jpg
(L)真正面からの写真は南門から撮影。(R)撮影した場所は観光客で大賑わい!

南門から真正面の写真を撮っていると、Oさんが「良いところから撮ってますやん、にいさん!」とニコニコ顔で寄ってきた。きっとOさんも興奮しまくっているのだろう。さすが世界遺産!観光客の数が物凄い。

ここで昨夜駅で出会った神戸大学で講師をしていたおっちゃんと再び会った。相変わらずこの人は僕のことを「中村先生!」と呼んでくる。再会のついでに一緒に記念写真に写ってもらった。

120218-30.jpg
というわけで宮殿の方へ近づいてみる。

120218-31.jpg
南門の方を見ると、まだまだ多くの観光客が押し寄せてきているようだ。

120218-32.jpg
宮殿に近づけば付かづくほどその大きさと美しさに圧倒される。この大きさで総大理石…すごすぎる。

120218-34.jpg 120218-35.jpg

というわけでここでジャンプ写真を。他の観光客の迷惑にならないよう隅っこの方で…それでお中々良い感じ!ジャンプをすると笑顔になる山本さん。いやー、良い記念になった。

120218-36.jpg
今日はやや雲が多く、晴れたり曇ったり。この色調で撮影すると、刻まれた模様がよく分かる。

120218-37.jpg
さぁ、宮殿の方へ。

120218-38.jpg 120218-39.jpg
(L)宮殿へ上がる前に、紙袋に入れられていたこれを…(R)靴に装着する。

宮殿に入るには靴を脱ぐか、あるいは靴に紙袋に入れられていた袋を装着しなければならない。脱いだ靴を置く場所があったけれど、紛失しそうだったので靴の上からその袋を装着して宮殿へ。

120218-40.jpg
この階段を上ると、僕らは総大理石の上に立っていた。

120218-41.jpg

宮殿に上がるとたくさんの観光客が思い思いの時間を過ごしていた。まったりとくつろぐインド人や、サリーを着てインド人に声を掛けられ、記念写真を撮っているNさんやKさんなんかも。宮殿を間近で眺めてみると、あぁ今タージ・マハルに来ているのだなと実感する。

120218-42.jpg
ヤムナー川

タージ・マハルのそばにはヤムナー川という川が流れている。愛妃のためにタージ・マハルという墓廟を建設したジャー・ジャハーンは、自身の廟も黒大理石でヤムナー川の対岸につくろうとしたらしい。その計画は民衆の反乱なんかで実現はしなかったらしいが、もし完成していたら…。詳しくは知らないが、そんな歴史があったのだと知るととても興奮してくる。

120218-43.jpg
タージ・マハルのミナレット

タージ・マハルの廟を取り囲むようにして建つ4本のミナレット。高さは42mもあるらしい。

120218-44.jpg
ミフマーン・カーナー(東側)

120218-45.jpg
マスジド(西側)

宮殿の東と西側にはほとんど同じにしか見えない建物が存在する。メインの墓廟があまりに目立つあまり、「あ、こんなのあったんだ」ぐらいの関心しかなかったけど、よくよく見ると美しすぎる。もう東と西でどう違うんだよ!と投げやりになって写真を撮るかどうか迷ったけど撮っといてよかった。これらも世界遺産・タージ・マハルを構成する大切な要素だ。

120218-46.jpg 120218-47.jpg

そんなわけでタージ・マハル観光終了。宮殿から降り、靴に装着した袋を外し専用のゴミ箱に捨てた。結局この袋、歩いている途中で破けたのであまり意味なかったかも。まぁそれはどうでもよくて、集合場所の正門前に山本さんと向かっている途中、突然インド人のおじさんに話しかけられた。どうやら記念写真撮ろうぜ、と言ってきているらしい。チップでも徴収されるのかと思いきや全然そんなことはなく、いきなり見ず知らずのインド人と仲良くなって写真を撮るという妙な体験をした。いやー、面白いねぇ。集合場所に着いてから、ラムさんとも記念撮影を。参加者全員が集合するまで、紙袋に入っていた水を飲みながら待つ。

分かってはいたけど、タージ・マハルはやっぱりすごかった。

120218-48.jpg

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/515-36431b5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT