PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The India Road.-19 「虹」

120219-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


120219-2.jpg
タージ・マハル 南門

約1時間のタージ・マハル観光も終了し時刻は16:00を過ぎていた。ラムさんは観光を終えた参加者達が集合したのを確認し、次なる観光地へ向けて先導し始めた。はじめは通らなかった南門をくぐり外へ出て、タージ・マハルを少し名残惜しむように改めて南門を仰いでみた。メインの宮殿にばかり目がいって気が付かなかったが、なんて美しい門なのだろう。

そろそろ西日が眩しい時刻だがまだまだたくさんの観光客で賑わっている。相変わらず入場口の手荷物検査の場所は大いに混雑していた。

120219-3.jpg 120219-4.jpg
(L)南門を出るとこんな感じ。まだまだ観光客で賑わっている。(R)相変わらず混み合う入場口。

120219-5.jpg
南門をよく見てみると美しい装飾が。

120219-6.jpg

続いて我々が向かう先は、タージ・マハルと並びアグラを代表する世界遺産「アグラ城(城塞)」だ。タージ・マハルのすぐ近くにあるらしく、国が運営するバスがタージ・マハルとアグラ城間を約10分で結んでいるとのこと。そんなわけでタージ・マハルの南門を抜けた先の、さらに歩いて入場門を出た場所からそのバスに乗車。何ともシンプルな構造が印象的なバスだ。我々一行と、他に3名ほどのインド人が乗りこんだ。運転手は絶対自分より年下の少年。少年は運転席に座ると、おもむろにクラッチレバーをガッチャガッチャと動かし始めた。

120219-7.jpg

一応エンジンが掛かったような音はしたが、その後のアイドリングの音があまりしない。それでもバスはスロロロロ~と不思議な音を立てながら発進。発進後少年がステアリングをグワングワンと右手で回し車体の向きを変えたと思ったら、そのままバスは磁力で引き寄せられるようにスロロロロ~と道路を直進していった。何とも不思議なバスだ。運転手の少年が被っていた帽子が、とても彼に似合っていたのが忘れられない。

120219-8.jpg

およそ10分、その不思議なバスに乗車しすぐまた次なる世界遺産に到着。バスを下りた先にある赤砂岩の城塞が「アグラ城」だ。

120219-9.jpg
インド・アグラ 世界遺産「アグラ城(城塞)」

アグラ城はデリーを訪れた時に観光した「レッドフォート」と同じく「赤い城」と呼ばれている。レッドフォート同様赤砂岩の城塞は、早速我々に世界遺産としての偉大さと歴史上の価値を感じさせてくれた。…本当に、もっと事前に歴史とか概要を勉強しておきゃよかった…。

120219-10.jpg
城内の入口をくぐると、大きな門がドカーンと現れる。うわっほー!

120219-11_20120219091436.jpg
さらに進んでいくともう1つ大きな門が。「城塞」に相応しい立派な門だ。

120219-12.jpg
続いて両側を高い壁に挟まれた通路を歩き城内へ。

120219-13.jpg
両側の壁はとても高く、また装飾等が施されていないためか、とても不思議な空間だった。

120219-14.jpg
ジャハーンギール殿

城内へ入り見えてきたのはジャハーンギール殿。

120219-15.jpg 120219-16.jpg
(L)ジャハーンギール殿の写真を撮る参加者達。(R)これは…なんだったっけ?

120219-17.jpg
ジャハーンギール殿の両端には趣のある小さな塔が。

120219-18.jpg
城内の庭園を進み、ジャハーンギール殿の中へ入る。天井を見上げると美しい装飾。素晴らしい。

120219-19.jpg 120219-20.jpg
(L)思い思いの写真を撮る参加者達。(R)一つ一つの装飾に目がいく。

ラムさんの解説が時折入りながら、我々参加者達はアグラ城内の美しい建築物を見て回る。緑の芝生が眩しい庭園には左右対称のジャハーンギール殿があり、その中に入るとこれまでの歴史が沁み込んだ御殿やその装飾に囲われ何とも不思議な気分になる。

120219-21.jpg
内部に刻まれた精細な模様。

120219-22.jpg

120219-23.jpg

赤砂岩の建物に、空を舞う鳥がよく似合う。ラムさん先導で解説しながら案内してくれるので、あんまりのんびりと余韻に浸っている暇はない。それでも少し、参加者達に置いて行かれ一人で空を見上げる時なんか、何とも言えない旅情を感じることができる。ここはタージ・マハルと違って観光客はそれほど多くないので、ある意味「観光」とはまた違った「旅」を満喫することができた。

120219-24.jpg
アグラ城から見たタージ・マハル。さっきまであそこにいたんだなぁ。

120219-25.jpg
反対側を眺めてみると、ヤムナー川に架かる橋を確認できる。

120219-29.jpg
足元で見かけた、ちょっと気になったこの金具。

120219-26.jpg
ムサンマン・ブルジュ

赤砂岩で主に造られているアグラ城内に、大理石の館「ムサンマン・ブルジュ」がある。

120219-27.jpg

城内の階段を上り辿り着いた場所は、広ーい庭園が見える場所。その庭園を取り囲むようにして数多くの部屋が存在する建物がある。我々は今、その建物の屋上にいるわけだが、ここからもタージ・マハルとヤムナー川が見える。

120219-28.jpg

そちらの方を見てみると、虹が架かっていた。まさかこんな景色に出会えるとは。ここにいた観光客のほとんどがその光景に興奮。写真左側に写っているインド人の若者達が、Nさんに記念写真を撮ってくれとお願いしていた。うわー、絶対良い写真撮れるよ、ここ。インド人のお兄さん方が去ったらここで写真撮ろう!そんなわけでラムさんに記念写真をお願い。山本さんと共に汗ダクの姿で写ったのだけど、虹とタージ・マハル、ヤムナー川が何とも良い感じに入り良い写真になった。ラムさん、この旅一番の記念写真ありがとう。

120219-30.jpg

次第に薄くなる虹を見届け城の中央の方へ。二本柱が印象的なイスラム様式の建物を通り抜ける。西日も大分眩しくなり、差し込む光で独特な柱の列がとても映えていた。

120219-31.jpg

そろそろアグラ城の観光も終わる。出口に向かって庭園を歩いていると、何とそこら中にリスが跳び回っていた。デリーでのクトゥブ・ミナール観光の時にも見かけたように、インドの世界遺産では意外とリスを見かける。普段見かけることはあまりないのでついつい「うわ!リス!」と興奮してしまう。アグラ城ではリスの餌を売っているおじさんがいて、ラムさんがそれを購入し参加者に配布。人生初のリスへの餌やり。うはー、とてもかわいい。

120219-32.jpg
アグラ城観光終了。出口へ。

120219-33.jpg

およそ1時間のアグラ城観光は終了。時刻はもうすぐ17:30。赤砂岩の城壁が西日に照らされ、とてもかっこいい。最後にわーい!ポーズで記念写真を撮り、集ってくる物売り屋さん達をスルーしながらツアーバスに乗り込んだ。

120219-34.jpg
物売り屋さんの営業を掻い潜りツアーバスに乗り込む。

120219-35.jpg
OSWAL ARTS PVT.LTD.

アグラ城を出発したバスは5分ほど走って停車。本日最後の目的地、大理石の工場(ほぼお店だけど)に到着した。デリーのサリーの店ベナレスのシルクの店に続き、またまた「お土産買いなよ!」と迫られるのだろう。そのことをちょっぴり憂鬱に感じながら、工場の中へ入った。

120219-36.jpg

工場というより作業場のような雰囲気のその場所には、今まさに大理石グッズを拵える職人達が働いていた。職人のおっちゃんに怪訝な顔で見詰められたので、笑顔を返すと笑ってくれた。

アグラといえば総大理石のタージ・マハル。もし良い大理石グッズがあれば買おうかな?少しだけ作業の様子を見学し、その後は恒例のドリンクサービスで水をもらう。水を飲みつつ、大理石グッズの並ぶお店の方へ案内された。

120219-37.jpg
恒例のドリンクサービス。「この容器」の水にも、もうすっかり慣れた。

120219-38.jpg 120219-39.jpg
(L)店内で大理石グッズを見る。うーん…(R)ドリンクサービス第二弾、コーラ。うっぷ。

お店の人に色々と説明を受けながら大理石グッズを物色。さてどうしよう。小さな小物入れぐらい買おうかと思ったが、やっぱりやめた。ちょっと申し訳ない感想だけど、全体的に商品の質が高くないような気がした。ザラザラした感じというか。ごめんなさい。

二度目のドリンクサービス、コーラもいただき、およそ30分ほどで大理石の工場タイムは終了。他の参加者も、ここでは何も買っていなかった、と思う。お店を出ると数人のおじさんの物売り屋さんが集って来た。こんなところにもいるのかよ!と少々驚き。

120219-40.jpg

大理石の工場を出発して10分ほど走ったところにある酒屋さんにバスは停車した。ほー、インドの酒屋さんかぁ。宗教の関係でお酒なんぞ取り扱ってないかと思いきや、酒屋さんがあったとは。ちょっとワクワクしながらお店の方へ向かった。

お店の中に入ると、見たことのある銘柄の酒の箱が大量に積まれていたり、中々ワインの種類も豊富そうだ。女性参加者は「禁酒解禁で…」といってワインを選んでいたり、僕はキングフィッシャービール500ml缶4缶パックを購入。380ルピーなり。あとで山本さんに2本渡そう。いやー、見慣れないビールは本当にワクワクする。

NさんとKさんは僕らが酒屋さんでお酒を購入している間、またも単独行動で通りにあったお菓子の露店で何かを買っていた。かりんとうみたいなお菓子(?)で、結構美味しそうに食べていた。うーむ、さすがNさん。露店のものを買う勇気は中々。

120219-41.jpg
購入したキングフィッシャービール。

120219-42.jpg 120219-43.jpg
今日の夕食風景。

18:45頃ホテルに到着、ひとまずレストランへ夕食を食べに行く。ここのホテルではこれまでのホテルと違ってカレー以外に中華料理なんかも登場するので、折角だからとビールを注文。銘柄はさっき酒屋さんで買ったキングフィッシャーで、お土産にフライングして飲酒。久々の酒は親友との会話を盛り上げ、山本さんにビールを注いだ時に入れ過ぎてこぼすぐらい酔っぱらった。夕食後はチャイをいただき今日は終了。明日は朝アグラ最後の観光地に寄ってから、ジャイプールという街へ向かう。@way The India Road.も後半戦だ。

120219-44.jpg
食後のチャイは、体に沁みわたる。

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/517-348b9597

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。