PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」

120222-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


2011年9月15日(Thu)

120222-2.jpg 120222-3.jpg
(L)5:46起床。くっちゃくちゃの部屋。(R)バイキング形式の朝ご飯。

山本さん曰く昨夜の僕は寝言がくそ多かったらしく、何度も何度も「すげ~なぁ~!すげ~なぁ~!」と言っていたらしい。挙句の果てには意味の分からない言語を大声で叫び、隣で寝ていた山本さんは「びっくりした!」と言いながら吹っ飛んでいったらしい。(その辺は若干覚えてる。)そんなわけで5:46起床。さくさくっと準備をして、ホテルのレストランへ行き朝食を食べに。朝食はバイキング形式で、パンやジャム、フルーツ、あとカレー、卵なんかもあってとても美味しかった。コーヒーで目を覚まし、再び部屋に戻って出発の準備を整え、ホテルのクリーニングボーイに10ルピー払い6:46部屋を出発。ロビーに集合した後、バスに乗り込み7:00頃ホテルを出発した。皆さまおはようございます。今日も楽しみましょう。

120222-4.jpg
ツアーバスに乗り込む。さて、今日も元気に観光しましょう。

120222-5.jpg

ツアーバスは朝のアグラの街並みを進む。今日も動き出すインドという国。バナナ売りのおじさんや、単車を押すおばさん、リュックを背負って通学する女の子。今日でインドで迎えた朝は5回目だが、街によって朝の雰囲気が違っていて面白い。僕らが宿泊したホテルからおよそ5分のところに、女性参加者2名が宿泊するグレードの高いホテルがありそこでその2名が合流。バスは本日最初の目的地、ムガル帝国時代の遺跡「ファテープル・シークリー」に向かう。アグラ最後の観光地だ。

120222-6.jpg

窓の外に長大編成の貨物列車が走っているのを見て、次に目に飛び込んできた光景はトラックの大渋滞。僕らが進むのはこの道ではないけれど、中々の混みっぷりだった。相変わらずけたたましいクラクションが鳴り響く。

120222-7.jpg 120222-8.jpg
(L)ツアーバスを下りて…(R)少し歩く。

ホテルを出発して約1時間、目的地に到着。ツアーバスを下りお土産屋さんが立ち並ぶ道を歩く。一応ファテープル・シークリーには到着しているようだけど、遺跡の入口は少し離れているらしくそこまでは観光地が運営するバスで移動するとのこと。5分ほど歩くとそのバスが見えてきた。

120222-9.jpg
このバスに乗り遺跡の入口へ。一応マツダの自動車…なのかな?

120222-10.jpg 120222-11.jpg
(L)おじさんの運転するバスに乗り遺跡の入口へ。(R)5分ほどで入口に到着。

120222-12.jpg

8:30頃ファテープル・シークリーの入口に到着。ここでラムさんが入場手続きをし、目の前に聳える赤砂岩の門をくぐるとムガル帝国時代の遺跡が広がっている。まだ朝だからか観光客の姿は我々以外に見受けられない。他に誰もいないのかな?と思いきや、入口近くで腰掛けているインド人のおじさんが一人いた。杖を手にし白髭を生やしていて、まるで「仙人」のような人だ。ふと目が合ってしまったので僕が笑顔で反応すると、そのおじさんも笑ってくれた。折角なので記念写真もお願いすると、特にチップも取られず応じてくれた。山本さんと写っている写真はとても良い感じの表情で写ってくれているのだけど、僕との写真はカメラ目線ですらなかった。ぅおい!まー、ありがとうございます、おじさん。

そんなおじさんとの出会いもあり、いざファテープル・シークリーへ。我々は遺跡の入口である赤砂岩の門をくぐり抜けた。

120222-13.jpg
アグラ最後の観光開始。

120222-14.jpg
インド・アグラ世界遺産 「ファテープル・シークリー」

ムガル帝国第3代皇帝アクバルによって建設されたかつての「都市」。昨日訪れたアグラ城のように赤砂岩でできている遺跡群だ。上写真の印象的な建物は「パンーチ・マハル」。五層構造の壁がない建築物だ。すげー。

120222-15.jpg

我々だけかと思っていた観光客も、他に一昨日駅で出会った神戸大学のおじちゃん一行の参加者もいたり、インド人の観光客もちらほら。いずれにしろ遺跡を包み込む朝の空気感が何とも心地が良い。ラムさんに記念撮影をお願いしたりして、ファテープル・シークリー内を見て周る。

120222-16.jpg
ジョーダー・バーイー殿

120222-17.jpg

わずか14年ほどで廃墟と化したかつての「都市」だが、一つ一つの建物がどのような役割を果たしていたのかなんてとても興味深い。

120222-18.jpg
パンーチ・マハル

120222-19.jpg
かつての栄華を偲びながら…観光観光。

120222-20.jpg
回廊を歩いて驚いたのが、建物に刻まれたあまりに精細で美しい模様。素晴らしい。

120222-21.jpg
葡萄なんかも。

120222-24.jpg
遺跡と山本さん。

120222-22.jpg
ラムさんオススメの撮影スポット。参加者一同、この複雑な柱に見惚れていた。

120222-23.jpg
写真右に見える建物はディーワーネ・ハース。皇帝の私的な謁見が行われたらしい。

120222-25.jpg

9:00頃ファテープル・シークリー観光終了。遺跡を出てツアーバスに乗るため森のような通路を歩く。観光地とあって毎度おなじみ物売り屋さんが集ってくるが、普段は「物売り屋さんからお土産を買わないように」と注意しているラムさんが一人のお土産を売るおじさんだけは「よかったらお土産買ってあげて~」と言っている。何が売ってるのかな?とチラッと見てみると非常に興味深いキーホルダーがあった。ラムさん公認だし大丈夫でしょ、ということでそのキーホルダーを購入。ラムさん曰く、「カレンダー」らしい。

120222-26.jpg

そんなわけでアグラでの全ての観光は終了。ツアーバスに乗り込み次なる街「ジャイプール」へバスは走り出す。ジャイプールまではアグラから4,5時間掛かるという。中々長い道のりだ。

ファテープル・シークリーを出発してしばらく窓の外に見えるのは、もうほとんど形のない遺構。メインの遺跡よりも気になる存在だ。

120222-27.jpg

やがて修復作業中の城壁を見かけ、それを過ぎると広大な平原が広がり始めた。バスはやがて高速道路に入り、ジャイプールへ向けて驀進し始める。

120222-28.jpg
広大な平原が窓の外に広がる。驚くほど、広い。

120222-29.jpg
高速道路に突入。

120222-30.jpg
山を越えたり…

120222-31.jpg
遅い車をブチ抜きながら、ツアーバスは進んでいく。

120222-32.jpg

ちょくちょくジャイプールまでの距離を示した標識を見ながら走ること1時間半、ツアーバスは休憩場所に到着した。バスの天井に積まれた我々のスーツケースには、雨に濡れないようブルーシートが被せられていた。ここまで天候に恵まれていた@way The India Road.も、今日は少し天気が崩れるようだ。

120222-33.jpgやって来た休憩所にはレストランやお土産屋さんがあり、入口のドアには各ツアー会社のステッカーがびっしり貼られていた。どのステッカーもセンスが良い。ラムさんに「ラムさんのツアー会社のステッカーってないんですか?」と聞くと、「う~ん、ないですねぇ」とのことだった。今回参加しているツアーは日本の旅行会社で申し込み、そこの会社のステッカーはスーツケースに貼っている。が、実際にツアーを催行するのは現地の、つまりラムさんのツアー会社で、そこのステッカーもあればスーツケースに…と思っていたのでちょっと残念だ。

そんなわけで少しばかりお土産コーナーを覗いてみる。中々広い店内には雑貨系が多く並んでいる。何か良いものはないかと探してみると、まるで古文書のようなノートを見つけた。これを紀行文として使えば良い感じかも…ってことで少々値下げしてもらい購入。お店の人曰く、ノートの表紙に使われている素材はラクダの革でめちゃくちゃ頑丈らしい。あと、欲しかったインドの地図も購入。訪れた異国で地図を買う。これはちょっとした僕の目標でもある。

120222-34.jpg
11:00頃、ツアーバスは再び走りはじめる。走りだして15分後、少しだが雨が降った。

120222-35.jpg
雲が多いものの青空がすぐに顔を覗かせた。

120222-36.jpg

高速道路と一般道の境目がよく分からないが、途中でよく小さな町を通り過ぎる。見知らぬ町から見知らぬ町へ…その「移動の感覚」が、この旅の中で読み耽った「道、果てるまで」とよくシンクロする。国境を跨ぐ旅ではないけれど、その感覚が今回の旅の記憶として焼き付いている。

120222-37.jpg

時刻は間もなく正午。窓の外の景色は広大な平原から、複雑な地形が多くなり勾配もきつくなってきた。ほどなくしてまた新しい町に突入、ところどころ瓦礫が崩れたような家々が立ち並びまるで内戦地のような雰囲気だ。その町に入り1時間ほど走ると、ようやく本日の昼食をとるレストランに到着した。

120222-38.jpg

120222-39.jpg
勾配がきつくなってきて…

120222-40.jpg

120222-41.jpg

120222-42.jpg
瓦礫が崩れた建物が目立つ。人は住んでいるようだが…

120222-44.jpg
やがて少し大きい街に出た。

120222-43.jpg
13:00頃レストランに到着。くぁー!腹減った。

バスで走ること4時間、ようやくレストランに到着。その間何も食べていないのでお腹はペコペコだ。次なる目的地、ジャイプールはもう目の前…というか、もう着いているのかな?別名「ピンクシティ」と呼ばれるジャイプールの街は建物がピンク色に染められているというが、まだ今いる街の様子はそんな雰囲気ではない。だが実際には、目と鼻の先にそのピンクシティはあるらしかった。とりあえず、カレーでも食べようか。

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/518-aeadf286

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT