PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The India Road.-25 「軌道上の灯」

120609-1.jpg

■@way The India Road.INDEX

[2011/09/10(Sat)]
@way The India Road.-1 「香港経由」
@way The India Road.-2 「クラクションの歓迎」

[2011/09/11(Sun)]
@way The India Road.-3 「誰かの朝へ」
@way The India Road.-4 「塔と門」
@way The India Road.-5 「赤砂岩の砦」
@way The India Road.-6 「チャンドニー・チョウク」
@way The India Road.-7 「裕福なインド人」
@way The India Road.-8 「軌道上は夕刻へ」

[2011/09/12(Mon)]
@way The India Road.-9 「ヒンドスタン平原の朝」
@way The India Road.-10 「映らぬ水面」
@way The India Road.-11 「物売りの少年」
@way The India Road.-12 「月下、始まる祈り」

[2011/09/13(Tue)]
@way The India Road.-13 「ガンガの夜明け、浮かぶ太陽」
@way The India Road.-14 「路地裏に牛」
@way The India Road.-15 「印象-混沌のベナレス-」
@way The India Road.-16 「人力車の冒険」
@way The India Road.-17 「優しいインド人」

[2011/09/14(Wed)]
@way The India Road.-18 「タージ・マハルを見た日」
@way The India Road.-19 「虹」

[2011/09/15(Thu)]
@way The India Road.-20 「ファテープル・シークリーにて」
@way The India Road.-21 「ピンクシティ」
@way The India Road.-22 「象のタクシー」

[2011/09/16(Fri)]
@way The India Road.-23 「風の宮殿」
@way The India Road.-24 「逆走」

[2011/09/17(Sat)]
@way The India Road.-25 「軌道上の灯」


2011年9月17日(土)

120609-2.jpg 120609-3.jpg
(L)帰りの機内食。2度出たがほとんど食べられなかった。(R)日本に入国する際に必要な携帯品・別送品申告書。

23時20分頃インドを飛び立ち、日付も変わって17日。飛び立ってすぐに爆睡し、気が付くと座席のテーブルの上にお菓子とオレンジジュースが置かれていた。とにかく眠くてそれらを食べるとまた爆睡。再び目を開けると機内食が置かれている…そんな帰りのフライトだった。

機内は冷房が効き過ぎていてとても寒い。途中長袖のシャツをバックから取り出し、それを着ながら寝た。頼めば毛布を持ってきてくれるだろうが、何だかめんどくさくて頼まなかった。

行きのフライトでは爆睡することがなかったのでインドに到着するまでがとても長く感じたが、帰りのフライトはほとんど寝ていたので経由地の香港まであっという間だった。目を覚ますと朝になっていて飛行機は香港に到着。再び飛び立ち関西空港を目指す。そこで2度目の機内食が運ばれてきたが眠過ぎて全く食べず、そのまま回収されていった。間もなく関西空港到着の時間。お決まりの携帯品・別送品申告書が配布され、ボーッとしながらそれを記入する。

日本時間の正午過ぎ、デリーから飛び立ったAI314便は無事に関西空港に到着した。



到着ゲートに向かう途中のウイングシャトルで、熱帯夜の中ベナレスの駅でお会いした別のツアー参加者の女性と少し話した。「昨日は逆走してまで無事にフライトに間に合ってよかったですねー」と、昨日ジャイプールからデリーに向かうまでの、高速道路の逆走の話で盛り上がった。あそこで逆走しなければ、もしかしたら飛行機に乗り遅れていたのかもしれない。

行きと同様JRで関西空港駅から大阪へ向かい、14時50分発の丹波路快速に乗って地元駅まで帰って来た。ここで山本さんと別れ、それぞれの帰路に着いた。

120103-28.jpg

軌道上の灯を思い出す。

11日、ニューデリー駅で僕らはベナレスへと向かう寝台列車を待っていた。やがてホームに滑りこんできた列車は長大編成で、そして軌間が日本のそれよりも広く列車自体も迫力があった。

憧れの異国での夜行列車を味わった。下段の寝台に座り、西日が眩しい車窓を眺める。その寝台で寝るおばちゃんが横になっていたが、僕が座れるスペースをわざわざ空けてくれた。列車はタタンタタンと軽快にインドの大地を進んでいく。

「結婚してからまたインドに来てください!絶対良いから!」

寝台列車でカレーとナンを食べながらラムさんにそう言われた。その言葉にやけに自信を感じ、僕は必ずまたインドという国を訪れるだろう。本当の意味での@way The India Road.は、まだまだこれからなのかもしれない。

| @way The India Road.(11/09/10-17) | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/528-28f7c0ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。