PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Vietnam Road.-3 「雨上がりの朝」

150419-1.jpg

◼︎@way The Vietnam Road. Index

[2012/09/15(Sat)]
@way The Vietnam Road.-1 「無計画」
@way The Vietnam Road.-2 「異国の寝台列車」

[2012/09/16(Sun)]
@way The Vietnam Road.-3 「雨上がりの朝」
@way The Vietnam Road.-4 「ビーチを歩いて」
@way The Vietnam Road.-5 「スコール」

[2012/09/17(Mon)]
@way The Vietnam Road.-6 「サンライズ・バックパッカー」
@way The Vietnam Road.-7 「ニャチャンの朝」
@way The Vietnam Road.-8 「チョコレート・ファイター」
@way The Vietnam Road.-9 「オートバイ・ファイター」


2012年9月16日(日)

150419-2.jpg

夢の中で何度か寝台列車の情景が浮かんだ。夢か現実か、ゴトンゴトンと、列車の走行音、揺れ、スピードを落とした時の感覚。寒すぎて3:30頃目を覚ました。中袖とレインウェアを羽織りトイレへ向かう。眠気でぼーっとしていたためか、ベッドからトイレまでの空間がさっきまで見ていた夢の中のようだ。ベッドに戻ると、消したはずの携帯のアラームが鳴り慌てて止める。時刻はまだ4:00。また寝た。

5:00頃、寒すぎた冷房が弱まったのか少し暖かいことに気づく。何やら音楽も鳴り始め、ニャチャンに近づいたことを知らせてくれる。車掌も乗客を起こしに回っているようで、僕らの寝台にもやって来てドアを開けて行った。

窓の外ははっきりと見えないが、一瞬踏切を待つオートバイの列が見えた。間もなく列車は、ニャチャン駅へと到着した。

150419-3.jpg

150419-4.jpg
ニャチャン駅

向かいの上段ベットで寝ていた若い女性は「グッバイ」と言って、リュックを背負って颯爽と出て行った。その女性の下で寝ていたおばちゃんはゆっくりと準備をしており、てっきりこの2人は親子かと思っていたので違っていたみたい。昨夜途中から乗車してきた、僕の上で寝ていたおばちゃんも「…よいしょっと」と踏ん張りながらベットから降りてきた。そのおばちゃんの荷物が大きく、ベッドから下ろすのが大変だろうから少し手伝ってあげた。

向かい側下段ベットで寝ていたおばちゃんは、自分のベッドの横に吊り下げていたオートバイのヘルメットを被り外へ向かう。僕もバックパックを背負ってホームへと降り立った。

150419-5.jpg
多分「線路横断禁止」「列車の下や間の通り抜け禁止」といった注意書きだろう。
雨上がりの空に、その電光が映えていた。


150419-7.jpg
雨上がりの朝。アジアの駅に降り立った。今回の旅で、僕が思い描いていた情景だ。

150419-6.jpg
ここまで牽引してくれた機関車はすぐに切り離され、線路の奥へと消えて行った。

行ったことはないが、中国やロシア、いわゆるユーラシア大陸を走る、長距離列車の停車するどこかの駅…朝の不思議な空気感も手伝ってか、まるでそのような情景が。今回の旅で僕が思い描いていた情景が、今目の前にある。

サイゴンからここまで連れて来てくれた牽引機を再度見ようと先頭車両の方へ向かう。しかしここ、ニャチャンが終着点だったため、牽引はすぐに切り離され、線路の奥へと消えて行った。乗客が降り切った寝台列車からは何やら排水作業が行われている。どうやらトイレの汚水を流しているようだ。

150419-8.jpg

150419-9.jpg
Ga Nha Trang(ニャチャン駅)。無計画でここまでやって来てしまった。

150419-10.jpg
色とりどりの貨車。ホームに放置された給水用?のホース。異国の駅情趣満点だ。

150419-11.jpg
明けきっていない空に、客車のテールライトがまだ映えていた。

150419-12.jpg

150419-13.jpg
昨日の雨が嘘のよう。今日は良い天気になりそうだ。

150419-14.jpg

駅で何枚か写真を撮り、駅の外へ出る。駅員は不在で切符拝見等なしで改札を抜けた。時刻はまだ早朝5:30だというのに、駅前はタクシーやオートバイで大賑わいだ。東南アジアの朝は早い。

腹が痛くなってきた。駅の待合室に戻りトイレを探すが無い。外に出てみるとトイレらしき物体が。助かった!と駆け込むとどうやら有料で、2,000ドンのコインが必要っぽい。両替の交渉ができれば一番良かったが、「トイレット」としか言えない自分は駅の売店、駅の窓口でそう問い合わせてみたがまるで払いのけられるかのような対応。鬱陶しいバイクタクシーの誘いを振り切り、駅前の小さな広場でどうするか考える。腹痛は何とか我慢できそうだ。ホテルを探すか、それともどこかへ向かうか…。その小さな広場の端っこで、野良犬がひょこっと顔を出した。写真を撮ろうと思ったが、すぐにどこかへ行ってしまった。

150419-15.jpg 150419-16.jpg
(L)ニャチャン駅の待合室。トイレがない。(R)有料のトイレ。小銭がねぇよ。

150419-17.jpg
早朝からタクシーやオートバイで賑わうニャチャン駅前。本当に朝が早い国だ。

150419-18.jpg
駅前に停められていたホンダのオートバイ。マフラーの型が可愛い。

150419-19.jpg 150419-20.jpg
(L)駅前通りを少々ウロついたがすぐに止め。眠い。(R)駅前ホテル「Hotel Hong ha」にチェックイン。

相変わらず無計画で、ニャチャンに着いてからの段取りを全く考えていなかった。駅前には大通りがあり、そこを東へ進むとビーチまで行けるようだ。そこまで行ってホテルを探すかと一瞬考えたが、とにかく眠い。駅前に「Hotel Hong ha」の文字を見つけ、早速チェックインすることに。適当に「宿泊可能か?」と聞くとOKのようで、220000ドン支払い、かなり心配だったがパスポートも預けてチェックイン完了。寝台列車で寝ながら移動してきたものの、結構疲れが溜まっていた。適当に買ったお菓子(裏面には日本語の表示が)とオレンジジュースで簡単な朝食を食べた後、さて観光!とはいかず、少し寝ることにした。次に目が覚めたのは昼の12:00過ぎだった。急いで観光に出たことは言うまでもない。

| @way The Vietnam Road.(12/09/15-17) | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/560-3fe45f61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT