PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Vietnam Road.-4 「ビーチを歩いて」

150419-21.jpg

◼︎@way The Vietnam Road. Index

[2012/09/15(Sat)]
@way The Vietnam Road.-1 「無計画」
@way The Vietnam Road.-2 「異国の寝台列車」

[2012/09/16(Sun)]
@way The Vietnam Road.-3 「雨上がりの朝」
@way The Vietnam Road.-4 「ビーチを歩いて」
@way The Vietnam Road.-5 「スコール」

[2012/09/17(Mon)]
@way The Vietnam Road.-6 「サンライズ・バックパッカー」
@way The Vietnam Road.-7 「ニャチャンの朝」
@way The Vietnam Road.-8 「チョコレート・ファイター」
@way The Vietnam Road.-9 「オートバイ・ファイター」


150419-22.jpg

目が覚めると普通に正午過ぎだった。急いで散策準備を整えホテルの外へ飛び出す。貴重な休みを使ってのベトナム旅行で昼過ぎまで寝てしまうとは…。外に出ると、昨日のホーチミンでの雨天が嘘のような夏空が広がっていた。

150419-23.jpg
ホテルを出てビーチの方へ東に進む。相変わらずオートバイは走り回っている。

150419-24.jpg
トウモロコシを売るおばちゃんと買うおばちゃん。昼下がりのベトナム・ニャチャンの風景。

ホテルからビーチまで歩いて1.5kmぐらい。駅前からバイクタクシーに乗っても良かったけれど、そのぐらいの距離なら散策してみたい。路上でミシンを縫うおばさん、トウモロコシを売るおばちゃん。ベトナム・ニャチャンん昼下がりの光景が滲むように広がっている。

150419-25.jpg 150419-26.jpg
(L)ガイドブックの地図通り交差点が見えてきた。(R)「フォー・ホン」というお店で昼食。

ビーチに向かう途中で「フォー・ホン」という地元の人に人気のあるフォー(米麺)屋さんがあるらしい。ホテルから歩くこと10分、お店の看板が目に入った。

150419-27.jpg
「フォー・ホン」のフォー

150419-28.jpg 150419-29.jpg
(L)店内は東南アジアらしい開放的な造り。(R)フォーに食らいつく。うまい!

店内は東南アジアらしい開放的な造り。お母さんと子供が先客として店内にいた。適当にテーブルに腰掛け、適当に注文。うーむ、お腹空いた。

早い・美味い・安いとはこのことで、値段がいくらだったか忘れたけど、注文して3分程で適当に頼んだフォーが運ばれてきた。レア牛肉入りのフォーで、米麺がつるつるとしていて本当に美味しい。ベトナムらしく運ばれてきたお茶はジャスミンティー。素朴な味に心も体も満たされました。

150419-30.jpg

再びビーチに向けて歩く。時刻は午後13:30。
ニャチャンに流れる今この時間が、余計にのんびりと感じられる。

150419-31.jpg 150419-32.jpg
(L)ビーチの側にある展望台。この時は何の建物か分からなかった。(R)ビーチだ!

150419-35.jpg
ニャチャンビーチ

ガイドブックの地図通りレタイントン通りを南東に進むとビーチ沿いのチャンフー通りに出た。その通り反対側には妙な型地の建物がある。ガイドブックによると、カインホア省名産のサンダルウッドの木をイメージした展望台らしい。オートバイに気をつけながらチャンフー通りを横断すると、美しいニャチャンビーチが広がっていた。

150419-34.jpg
海風に吹かれて。海の向こうに見えるアポロチョコみたいな島が印象的。

150419-33.jpg
観光客の姿も少なく、ゆるーい空気が流れていた。

150419-36.jpg
流木を拾い、記念撮影。

150419-37.jpg
皆、ひたすら寝る。

150419-38.jpg
ノボテル・ニャチャン専用ビーチ。白人の観光客が多かった。

150419-39.jpg 150419-40.jpg
(L)ビーチの内側は遊歩道になっていた。ヤシの実を採る作業をしていたり…(R)何を運んでいるのだろう。

150419-41.jpg
集められたヤシの実。南国らしい。

150419-42.jpg
特に何をするでもなく、ぶらぶらと。

150419-43.jpg

遊歩道からビーチに戻ると、ノンラーを被って果物を売るおばちゃんがいた。これほど良い被写体は無い(正直ビーチ散策は暇)とカメラを向けると、「写真撮るなら買えよ」的なジェスチャーを猛烈な勢いで受けた。というわけでおばちゃんのカゴを覗き込む。バナナ、マンゴー、パイナップル、スイカやドリアンみたいなものまで、色んな果物が入れられている。僕はバナナとライチを購入。先客のヘルメットを被ったおじさんもマンゴーを買っていて、おばちゃんに皮を剥いてもらっていた。

果物購入後は和解の印として一緒に記念撮影。うーむ、ノンラーでおばちゃんの顔よく見えないや。

150419-44.jpg 150419-45.jpg
(L)果物売りのおばちゃんと記念撮影。(R)購入したバナナとライチ。

150419-46.jpg
海面に突き出た木で遊ぶ子供達。画像を拡大すると、おもいっきりこちらを見ていた。

150419-47.jpg
メタリックブルーが唆る可愛いオートバイ。かっこいいなぁ。

150419-48.jpg
木陰で爆睡する人。自転車に取り付けられたカゴ、でかい。

150419-49.jpg
ボロボロのパラソルと僕。水着持ってくりゃよかったと、猛省。

150419-50.jpg 150419-51.jpg
(L)(R)こんな場所で1日何も考えずに過ごしたいなぁ…と思えるスポットがいくつかあった。

150419-52.jpg
何かの実をくり抜いて作られた道具。良い感じ。

150419-53.jpg

150419-54.jpg

ビーチに沿って南下していくと、漁村のような場所に出た。明らかに観光地から外れている場所でかなり生活感のある場所だ。少しばかり、その生活感の中へ足を踏み入れてみる。

150419-55.jpg

150419-56.jpg 150419-57.jpg
(L)海に石を投げて遊ぶ地元の子供。(R)生活感溢れる路地裏。

さっきまでのビーチが嘘のように、船着き場を境に浜辺のゴミが増えてきた。浜辺に突き出た高床式の木造の家屋に興味を唆られたその瞬間、「おい!」の一言が聞こえた気がしたのですぐに引き返した。

海岸沿いのチャンフー通りに戻ってきた。道路沿いのお店で食事をする大人達と、その側で遊ぶ子供達。そして走り回るオートバイ。気がつくともう15:00を過ぎていた。

150419-58.jpg
漁村からチャンフー通りへ引き返す。ほっと一息。

150419-59.jpg
とにかく道路脇で椅子に腰掛け、食事をしたり話しをしたり…という光景が続く。

150419-60.jpg
道端で見かけた渋いカブのメーター。惚れ惚れする。

150419-61.jpg 150419-62.jpg
(L)(R)女性も男性も、カブ系オートバイを乗り回す。左画像のおじさんはベトキャリもフル活用。

150419-63.jpg
ビーチにて停まるカブ系バイクとMazda3。警察官のような男性がビーチの方へ歩いて行った。

150419-21.jpg
リゾート気分を味わうわけでもなく、ただただぼーっと。時刻は間もなく16:00だ。

150419-64.jpg

昼過ぎよりもビーチに地元の人たちが増えてきたような気がする。ここまで乗られてきたオートバイ達が傍に停められ、若者たちはビーチで水遊びをしたりサッカーをしたり、お年寄り達はオートバイの傍に腰掛けその姿を見つめている。遠くにはゆらゆらとヨットも見える。

ビーチのすぐ傍にカフェというかバーというか、とりあえず何か飲めそうな場所があったので入ってみる。しばらく歩きっぱなしだったので、メニューに書かれていた「Tiger Beer1」を注文。はー、疲れた。

150419-65.jpg
タイガービール

グラスに氷が入れられていたためか、ものすごく薄く感じた。タイガービールはシンガポールを代表するビールのようで、東南アジアで広く飲まれているようだ。うーむ、薄い。

とはいえほろ酔い気分で浜辺を眺める。なんだか同じような感想しか書いていないようだけど…それだけ無計画、何も考えていないということ…かな。

150419-66.jpg 150419-67.jpg
(L)タイガービールを飲みながら、これまでの旅を振り返る。(R)薄い!という表情の自分。

150419-68.jpg

若者達のビーチサッカーは続いていた。水着姿のカップルなんかも歩いていたり。

遠くの霞んで見える島々に、僕の脳内もぼーっとしてくる。時刻は間もなく17:00。徐々に赤みを帯びていく空に、少しだけ時間の感覚を取り戻す。

| @way The Vietnam Road.(12/09/15-17) | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/561-a5b1bf7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。