PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

@way The Vietnam Road.-7 「ニャチャンの朝」

150425-1.jpg

◼︎@way The Vietnam Road. Index

[2012/09/15(Sat)]
@way The Vietnam Road.-1 「無計画」
@way The Vietnam Road.-2 「異国の寝台列車」

[2012/09/16(Sun)]
@way The Vietnam Road.-3 「雨上がりの朝」
@way The Vietnam Road.-4 「ビーチを歩いて」
@way The Vietnam Road.-5 「スコール」

[2012/09/17(Mon)]
@way The Vietnam Road.-6 「サンライズ・バックパッカー」
@way The Vietnam Road.-7 「ニャチャンの朝」
@way The Vietnam Road.-8 「チョコレート・ファイター」
@way The Vietnam Road.-9 「オートバイ・ファイター」


150425-2.jpg

時刻はまだ6:00でありながら、ニャチャンのビーチは海水浴をする地元の人々で賑わっていた。波にのまれたおばちゃん達も、朝日で水面が輝くその海へ入っていった。ビーチ沿いのサンダルウッドの木をイメージしたという展望台の裏では、太極拳的な運動をする人たちがいた。早朝からこの賑わいよう、なんて健康的な国なんだろう。

150425-3.jpg 150425-4.jpg
(L)ビーチからニャチャン駅の方へ歩く。(R)朝日と、バックパックと、僕。

今日の予定はこの後ニャチャン駅から列車に乗りサイゴンまで戻り、ブラブラした後帰国する。たった3日間の旅なので、今日が最終日という実感があまりない。列車の時刻は7:42。ニャチャンの朝を駆け抜けるオートバイ達を眺めながら、僕は駅の方まで歩いていく。

150425-5.jpg
ニャチャンの朝、カブで駆け抜けるおばちゃん。素足サンダルでギアチェンジも余裕です。

150425-6.jpg
ニャチャンの朝、オシャレな帽子を被り相棒のチャリーへ。お茶を飲みながら道路をぼーっと眺めるおじさんも。

150425-7.jpg
ニャチャンの朝、朝日に照らされる交差点は様々な乗り物が行き交う。

150425-8.jpg
ニャチャンの朝、お父さんに学校まで送ってもらう。朝ご飯を食べながら。

150425-9.jpg
ニャチャンの朝、朝日に向かってカブで駆け抜けるおじちゃん、おばちゃん。おばちゃん、その座り方落ちない?

150425-1.jpg
ニャチャンの朝、やはりアジアでは数人乗りが当たり前。ブーンブブブと駆け抜ける。

150425-10.jpg
ニャチャンの朝はとにかく早い。見知らぬ人の朝へ、僕も溶け込んでいく。

150425-11.jpg
ニャチャンの朝、朝日が眩しい中、皆それぞれの目的地へ駆け抜ける。

150425-12.jpg

昨夜のスコールでできた水たまりが光り輝いていた。6:30頃ニャチャン駅へ到着。駅のすぐ横にお茶屋さんがあったので、「ティー」と言ってジャスミンティーを注文。テーブルは何席もあり、僕の他に数名お茶を飲んで寛いでいた。

150425-13.jpg 150425-14.jpg
(L)ジャスミンティーを注文。(R)キンキンに冷えたお茶が運ばれてきた。

運ばれてきたジャスミンティーを早速いただく。ニャチャンの朝の清々しさと相まってか、こんなにも清涼感溢れるお茶を今まで飲んだことがあるだろうか、と感じるぐらい美味しかった。ただ容器の質が柔らかく、優しく持たないとすぐに蓋が開いた。

150425-15.jpg

駅で一応列車の出発時刻を確認。少し小腹が空いてきたので食べ物を求め再び街を歩く。駅前では、ノンラーを被った女性が掃除をしていた。

150425-16.jpg
駅前大通りを横断。迫り来るオートバイを避けながら。

150425-17.jpg
150425-18.jpg
150425-19.jpg
次第にオートバイの数がベトナムらしくなってきた。

150425-20.jpg 150425-21.jpg
(L)お弁当屋さんを発見。(R)何個かお弁当を詰めていた。

大通りのオートバイの数がベトナムらしくなってきた。テクテクと道を歩いていると、軒先で美味しそうに焼かれる焼肉を発見。どうやらお弁当屋さんのようで、その焼きたての肉を弁当に詰めている女性がいた。弁当は数種類あるようで、店頭のケースにはスライスされたキュウリやトマトも並んでおり、客の注文によって入れられる具材が違っているようだ。

というわけで僕も適当に注文。若干店員の女性に苦笑いされながらも、弁当を詰めてくれた。ご飯の上に焼きたての肉、卵焼きを乗せて、さらに小さなビニール袋に入れたスープと調味料のおまけ付き。店内には既に注文が入っているのか、何袋か詰められたお弁当が準備されていた。

150425-22.jpg
弁当も買えたし、駅に戻ろう。軒先では、朝日に照らされるカブが停められていた。

150425-23.jpg 150425-24.jpg
(L)買ってきたお弁当を待合室で食べる。(R)飲み物も駅の売店で購入。

7:00頃ニャチャン駅に戻ってきた。早速買ってきたお弁当をいただくことに。あー、しっかりと味付けされた焼肉がご飯と合う合う。ご飯を食べ終えた容器にビニール袋に入れられたスープと調味料を入れる。日本では直接袋に食べ物を入れる習慣はあまりないので新鮮だ。

食後、駅の売店で謎のスポーツドリンクを購入。その頃には徐々に乗客も増え始めてきたが、まー当たり前というか何というか、列車の到着時間が遅れると連絡が入る。アナウンスは当然聞き取れないが、遅くなった到着時刻が表示されていたので分かった。当初の予定では7:42発。が、どうやら9:00過ぎの出発となりそうだ。丁度尿意ももたらしてきたので、再び街に出ることに。

150425-26.jpg 150425-27.jpg
(L)トイレを借りるついでに立ち寄ったお店。(R)和やかな雰囲気の店内でコーラを…。

昨日駅のトイレが有料であり、かつコインしか使えないシステムだったので、街中の適当なお店で商品を買うついでにトイレを借りようと企んでいたがそれが上手いこと成功した。店内にテーブルが数台あるお店を発見。店内は朝からお酒を飲むおじさんグループと、店員と思われるお母さんと娘さん数名、あと男の子が一人いた。適当に「コーラ?」と伝えペプシを購入。ジョッキまで出してくれたのでこの場で飲まざるを得ないが、「トイレ…?」と伝えるとお店の奥にあったトイレに通してくれた。ほんと助かりました。ありがとう!

さっき弁当を食べた時に謎のスポーツドリンクを飲んだところだったけれど、ジョッキで飲むペプシが美味いこと美味いこと。なぜかお店の男の子にずーっと眺められていたが、中々笑顔が似合うやつでこっちも笑顔で返してやった。

150425-28.jpg 150425-29.jpg
(L)9:00頃ニャチャン駅に戻ってきた。(R)程なくして改札が開いた。

9:00頃ニャチャン駅に戻ると、待合室はさっきよりも人が増えていた。程なくしてようやく改札が開き、皆一斉にホームへと向かう。中にはバックパッカーの白人観光客もいた。

すぐに列車が来るのかと思いきや、ホームに列車が滑り込んできたのはその30分後だった。
ここから、長い長い列車の旅が始まる。

| @way The Vietnam Road.(12/09/15-17) | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/565-9b6e1d24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT