PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

@way The Vietnam Road.-9 「オートバイ・ファイター」

150426-55.jpg

◼︎@way The Vietnam Road. Index

[2012/09/15(Sat)]
@way The Vietnam Road.-1 「無計画」
@way The Vietnam Road.-2 「異国の寝台列車」

[2012/09/16(Sun)]
@way The Vietnam Road.-3 「雨上がりの朝」
@way The Vietnam Road.-4 「ビーチを歩いて」
@way The Vietnam Road.-5 「スコール」

[2012/09/17(Mon)]
@way The Vietnam Road.-6 「サンライズ・バックパッカー」
@way The Vietnam Road.-7 「ニャチャンの朝」
@way The Vietnam Road.-8 「チョコレート・ファイター」
@way The Vietnam Road.-9 「オートバイ・ファイター」


150426-55-2.jpg 150426-56.jpg
(L)西日が眩しいサイゴン駅。(R)改札口を抜ける。長い列車旅がようやく終わった。

時刻は17:00を過ぎていた。日中のほとんどを列車内で過ごしたことになる。なんという旅程だ…。まぁそれでも、それなりにはニャチャンを観光しサイゴンまで無事戻ってこれた。飛行機の時間は23:50なので、ここからベンタイン市場に行き土産購入、その後空港に向かおうと思う。

サイゴン駅は西日が眩しかった。ぞろぞろと同じ列車の乗客に続き僕も改札を抜ける。雨上がりのサイゴン駅広場には客待ちをするバイクタクシーの運ちゃん達が待ち構えており、僕の旅行客姿を目にした途端皆一斉にて手を挙げ声を掛けてきた。

150426-57.jpg
雨上がりのサイゴン駅前広場。晴れていて良かった。

150426-58.jpg 150426-59.jpg
(L)腕の腕章が公式運ちゃんっぽいこのおじさんに運んでもらう。(R)さぁ行こう。

一昨日のタクシー事件でもうタクシーに乗るのは懲り懲りだった。それならばと、そこら中に走っていて比較的交渉もしやすそうなバイクタクシーを利用することに。

「しやすそうな」と言いながら、やはりガイドブックには注意書きも書かれている。読んでみると「バイクタクシーの営業にはライセンスも登録も必要ない…」「ドライバーに非がある交通事故に巻き込まれても、何の補償もしてくれない…」。ライセンスとかないのかよ、と思いながらも、腕に「サイゴン駅公認」っぽいことが書かれた腕章を付けたおっちゃんが声を掛けてきた。全部非公式らしいがこの人は公式っぽい。予め目的地を伝え「ハウマッチ?」と聞き値段を確認しておいた。いくらか忘れたが、とりあえず目的地のベンタイン市場まで行けそうだ。さーて、夕刻のベトナム。真骨頂のオートバイでの旅が始まった。

150426-60.jpg
サイゴン駅を出て暫くはオートバイの数が少ない道を走り…

150426-61.jpg
いきなりもんの凄い台数のオートバイが走る交差点に合流。

150426-62.jpg
水たまりが波打っている。滑りそうでホント怖い。

150426-63.jpg
もうどこをどう走っているのか分かりません。

黄色のシトロエンが見えた。中にはらしくないピカピカの外車も走っている。車が少し渋滞の列を作っていたので、僕の乗るバイクタクシーは少し狭い路地裏に入った。一車線分ぐらいの幅で、地元の人が路地裏で寛いでいるような路地だが、バンバンそのさらに路地からオートバイが飛び出てくる。さすが地元の運ちゃん、こんな裏道は当たり前のように知っているんだなぁ…と思いながら、ふと前方を見ると、とんでもない数のオートバイが引き交う広い道路に出た。

優しそうな顔をした運ちゃんだが、中々広い道路に合流しない人たちに向かって「はよ行かんかい!」と声を荒げていた。運ちゃんは一旦流れに沿って合流すると、逆方向の流れに転回するため、オートバイに混じって走る車が狭いもののある程度車間距離を開けていたのでその前へくるっと入った。一度目入ろうとした瞬間、左から別のオートバイが迫ってきたので当たりそうになった。「こわっ」と思わず情けない声を上げてしまったが、二度目の転回で逆方向の流れに入ることができた。

路面は濡れているし滑りそうで怖い。交通ルールもあったもんじゃないなぁこりゃ。

150426-64.jpg 150426-65.jpg
(L)渋いカブで疾走するおばちゃん。(R)野良犬を避けて…。

150426-66.jpg
車を運転する人はどういう心境なのだろう。

150426-67.jpg
カブばっかりかと思いきや意外とスクーターも多い。ちなみに運ちゃんのはカブ系バイク。
メーターに今何速か分かる表示も付いていた。


150426-68.jpg
交差点というより交錯点。

150426-69.jpg 150426-70.jpg
(L)BMWや…(R)ベンツも走り抜ける。ベトナムではナンバープレートが前後で形状が違う。

150426-71.jpg
走って走って…

150426-72.jpg
後ろもやっぱりオートバイだらけ。

150426-73.jpg
一昨日も目にしたスコ・フィナンシャルタワーが見えてきた。ベンタイン市場はもうすぐだ。

150426-74.jpg
ベンタイン市場前のロータリーに到着。ベトナムの旅が始まった場所へ戻ってきた。

150426-75.jpg
ベンタイン市場

サイゴン駅から走ること15分、今回の旅が始まったベンタイン市場まで戻ってきた。時刻は17:30を過ぎており、随分と陽も傾いてきた。ここまで運んでくれた運ちゃんに乗車前に交渉した運賃を支払い、ありがとうと言って別れた。いやー、中々紳士な運ちゃんで助かった。オフィシャルっぽい腕章はあながち嘘では無かったようだ。

ベンタイン市場は相変わらず観光客や物売りの人達で賑わっている。さて、何か適当にお土産を買っていこうか。

150426-76.jpg 150426-77.jpg
(L)色々と見たが結局Tシャツを購入。
(R)カットフルーツを売り歩くノンラーのおばちゃん。ノンラーもこれで見納めかな。

市場の中をしばらくウロウロした。ベトナム雑貨もいいなぁと思いながらも、やはりコンパクトにまとめられるTシャツを適当に購入。ベトナム国旗「金星紅旗」が刻まれたTシャツを数枚購入。が、適当に購入しすぎてサイズが小さすぎることに帰国してから気づいた。寝巻きにも使えん…。

150426-78.jpg 150426-79.jpg
(L)へい!へい!と手を挙げるおっちゃん。(R)まぁいいから乗りなよ!と、笑顔で引き込むおっちゃん。

ベンタイン市場での買い物も30分そこそこで切り上げ、少し早いが空港に向かうことにした。時刻は18:00を回っており、もうすっかり日が暮れてしまっていた。

市場を出ると、いたいた、バイクタクシーの運ちゃん。へい!へい!と皆一様に手を挙げる。カメラを向けると、その挙げていた手でピースをつくってみせた、スケベな笑顔が特徴のおっちゃんにお世話になることに。先ほどの通り料金交渉を…そんなのいいから乗りなって!と、僕は「エアポート」と目的地を告げ、おっちゃんのオートバイは走り始めた。

150426-80.jpg
夕刻。僕はベトナムでオートバイに揺られている。写真はブレブレ。

150426-81.jpg
やたらとサンダル屋さんが多い通りを抜け…

150426-82.jpg
テールライトが眩しい時間帯になってきた。

150426-83.jpg 150426-84.jpg
(L)おっちゃんの後部座席にて…(R)オートバイの大群に僕も混ざる。

150426-85.jpg
夕刻を切り裂くように疾走する。走って走って…

150426-86.jpg
止まって止まって。

信号待ちをしていると、おっちゃんが他のオートバイを指差し「やまは〜やまは〜」と声を掛けてきた。僕もすかさずおっちゃんのオートバイを指差し「ほんだ〜ほんだ〜ぐっどばいく〜」と言い返す。「*☆●×&$〜」と全く分からない言葉を返してきたので適当に笑っといた。そんな会話をしながらも街の様子を観察する。ガソリンスタンドではオートバイが給油しまっていてびびった。

見上げた空は、名残惜しむかのようにギリギリ夕暮れ最後の紫色をしていた。天高く秋の雲も見える。旅の終わりが近づいてきた。

信号が青に変わり、皆一斉に発進する。それでも既に赤信号になっている道路からは信号無視しまくりのオートバイが暫くは流れ込んでくるのでかなり怖い。皆するすると交わしながら交差点をクリアしていく。

150426-87.jpg
空港に近づくにつれ、街の混沌さが和らいできた。

150426-87-2.jpg 150426-88.jpg
(L)「Sân bay Tân Sơn Nhất」…タンソンニャット空港の文字が。あと少しだ。
(R)「親父ぃ顎紐とれてんでぇ」と、お父さんの顎紐を引っ張る子供。


150426-89.jpg 150426-90.jpg
(L)踏切を渡り…(R)もうすぐ空港。

150426-91.jpg 150426-92.jpg
(L)最後のノンラー。(R)カブ系バイクのマフラーが輝く。

150426-93.jpg
ベンタイン市場から走ること30分。空港付近に到着した。

丁度18:30頃おっちゃんがオートバイを停めた。どうやらバイクが侵入できるのはここまでのようで、ここから空港までは歩くしかないという。

乗車前に料金交渉をまともにしていなかったので、さっき乗ったバイクタクシーとほぼ同一のお金を渡すと「わんもあ!わんもあ!」とせがんできた。まぁ旅の最後だし無事に空港まで辿りつけたってことで少しばかり多めに払い、最後におっちゃんと肩を組んで記念撮影し別れた。ありがとう、おっちゃん。これからも安全運転で。

150426-94.jpg 150426-95.jpg
(L)おっちゃんに別れを告げ…(R)空港へつ続く静かな道路を一人歩く。

150426-96.jpg 150426-97.jpg
(L)空港へ到着。(R)出迎えロビー。人が大勢いてホッとした。

クラクションを鳴らされながらおっちゃんはオートバイの大群の中へと消えて行った。人気のない道路をとぼとぼと一人で歩く。この道、ちゃんと空港まで続いているよな…と不安になったのも束の間、すぐに「Sân bay Tân Sơn Nhất」と青色の文字が光り輝く空港正面へ辿り着いた。

150426-98.jpg 150426-99.jpg
(L)搭乗時間はまだまだだがチェックイン。(R)諸々の手続きを終え売店を覗く。

搭乗時間まで5時間近くあったが、諸々お手続きを済ませた上で休憩したかったので早速チェックイン。さくさくっと手続きを済ませ、適当に空港内をブラつく。現地の地図なんかないかな〜と思いながら覗いた本屋では、ベトナムのオートバイ写真集が並んでいた。過積載ぶりが唆る興味深い写真集だったが、英字でamazonなんかで買えそうだったのでやめた。

150426-100.jpg

売店を見つけた。そこでプリングルスと、辛ラーメン、最後の333ビールを購入。売店前の飲食スペースに腰掛け、早速小腹を満たす。

3日間ベトナム料理で満たしてきたお腹に、辛ラーメンは染み渡った。

150426-101.jpg 150426-102.jpg
(L)搭乗口を確認し搭乗開始まで爆睡。(R)搭乗開始。現地で見る最後のアオザイ姿。

150426-103.jpg 150426-104.jpg
(L)飛行機へはバスに乗り…(R)ステップを駆け上がって搭乗した。

帰国するVN320便は10番ゲートだった。搭乗開始までまだまだだったので、10番ゲート待合室で寝た。23:40過ぎ、ほぼ定刻通り搭乗が開始された。チケットを見せ飛行機に乗るのかと思いきや、待ち構えていたのはバス。飛行機は少し離れた場所にあるようだ。3分ほど空港内をバスに揺られ、VN320便に搭乗。無事日本に帰国した。


久しぶりに開いた読みかけの本があり、そしてやはり記録をしなければと、再度これまでの旅の記録を書かなければと。

2015年1月、久しぶりにこのブログにて旅の記録を綴った。2012年9月、ベトナムの旅。2年半も前の旅の記録だった。1月に書き始めたもののその後やはりバタバタしてしまって中々旅の記録を綴る時間がなかったが、4月に少し落ち着き一気に旅の記録を書き上げた。これがもし異動とかなっていたら、全然書けていなかっただろうなぁ。

社会人になって4年目のシーズンが幕を開けた。ひたすら過去の旅記録を綴る内容となってしまているけれど、やっぱり旅に行きたい。今季は5月より語学校に通い(週末のみ)、それを発揮できる旅ができたらなぁと、ずーっと本棚に置きっ放しにしてある新品のガイドブックを見ながら考えています。

ひとまず、@way The Vietnam Road.はこれにて完結。異国の寝台列車に揺られたあの経験は、一生忘れることはないだろう。

| @way The Vietnam Road.(12/09/15-17) | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kokohazi.blog45.fc2.com/tb.php/567-1db8dcc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。